カテゴリ一覧から記事を探す

大学生が絶対に読むべきおすすめの本9選!

大学生が絶対に読むべきオススメの本7選!

大学2年生の頃に読書にハマってからというものの、かなりの数を読んできたので紹介がてら感想などをお伝えしたいと思います。

100冊程度はジャンルができるだけ広くなるように読んできて、もちろん中には面白くもないし役に立たなかったような本もありました。

今回は、今まで読んできた数多くの本の中でもいまだに記憶に残っている本を中心に紹介していきたいと思います。

9冊に絞るのは難しかったんですが、その分ひとつひとつを濃く書いていきたいと思います。

記事の前半では読書をすべき理由、後半では私のおすすめの本を紹介していきます。

1.大学生は読書すべし!

大学生中に100冊読もう!なんて言われていますが、これができる人なんて一握りです。

大学二年生の時に本に含まれている情報量に気づいた私は、色々な本を読み漁るうちに色々な考え方や知識が身について、「こりゃ面白い!」となったのでした。

本はネットに勝る

本に対する情報量の多さにまずは気づいてほしいと思います。
以前の私もそうだったのですが、検索しまくれば本と同等の知識が得られる!と思っていました。

ですが、実際ネットに書いてある情報は多少の偏りがありますし、本に書いてあることはネット上にはないことも多いです。

「別に本好きじゃないし」という方は、一度本を使って悩みの解決策を探ることをしてみてください。
確実にネットにはなかった知識が得られ、本を買ってよかったとなること間違いなしです!

2.大学生は読んでおきたいおすすめの本を紹介

ここからは本を9冊紹介していきたいと思います!

自己啓発の本という偏りはありますが、厳選して「これだけは読め」というものしか載せていません!

正直9冊に絞るのは大変でした(笑)

嫌われる勇気―人生を生きやすくする本

何周かしてしまうくらい、人生において大事なことが書かれているなと感じました。

この本は滅茶苦茶有名。
書店の前を通るたびに頻繁にランキングに入っていることもあります。

みんな買っててみんなオススメしてる=失敗はないです。

内容としては、アドラー心理学について対話形式で書かれており、主に人間関係に対する考え方が変わります。

ちょっと考えかたを知っておけばストレスを減らせる場面もあります!

私は実際にトラウマに対する考え方を変えることでトラウマというトラウマはなくなったに等しいです。

滅茶苦茶怒られた記憶が時々よみがえって苦しくなる時がありましたが、今ではそんなことはありません。

続編として幸せになる勇気もあります。

この2冊でアドラー心理学について全体をざっと知ることができるため、こちらも購入することでより深く考え方を知ることができます。

夢を叶えるゾウ―読書って楽しい!と思わせてくれた本

新書とかつまらないでしょ・・・。やっぱ小説が面白いって。

と考えるひともいるかもしれませんが、夢を叶えるゾウは本当に面白いです。

小説感覚で、ためになることを学べます。

有名になっていたのがかなり前の話なので、最近ではあまり見かけないのですが、これをきっかけに「読書面白い!」となったので読書嫌いにもかなりおすすめできる本です。

日本再興戦略―日本のこれからに希望を持てる本

あの有名な落合陽一さんの本です。

これを読むまでは薄々と「日本の未来はダメなんじゃないか」と思っていました。

少子高齢化は止まらず進み、これからの若者はどうなってしまうのか?なんて絶望感を抱いている人も多いと思います。

この本では、その解決策が述べられていて、希望を持てるようになりました。
落合陽一さんがどのような人なのか?という一面も文章から分かることもあるため、落合陽一さんという人自体が気になっているという人にもおすすめ。

そして、未来の仕事についても述べられており、本当に就くべき仕事はどんな仕事なのか?が分かり、未来予測も読んでいて楽しいです。

金持ち父さん貧乏父さん―稼ぐ人の考え方を学ぶ本

お金に対する基本的な考え方がわかる本。

どのようにしてお金を貯めていくべきなのか?ということや、お金持ちになるにはどうすればいいのかが書かれています。

俗にいう成功者は、この本の中に書かれている仕組みを作り出しているんですよね。
その仕組みを学ぶことで、これから賢い生き方ができるようになりそうです。

これを読めば、今月も貯金が全然溜まらなかった・・・。なんて状況に立たされるような貯金方法が間違っていることに気づけます。

お金に関する本の中でのランキングなら決まって1位になる本ではないでしょうか?

将来は夢のマイホームを・・・とぼんやり考えている人は、この本を読んでマイホームに対する認識をちょっと変えて、再考してみたほうがいいかもしれません。

お金に関してを学ぶ意義について解説。お金に関する他の本の紹介も。

レバレッジ・リーディング―最高の読書法を学ぶ本

読書にハマったらすぐに読んでほしい本です。

読書の有用性と、どのようにして読書をした後に活かしていくかについて書かれています。

この本を読んでから、私は「読書やーめた!」ということが起きません。
本に対する有用性がどこまであるかを知ることができたからです。

読書に関する認識を変えて、これからもガンガン読書していく人におすすめしたい一冊。

読書法が間違っていてなにも後に残らない読書を続ける前にこれを読んで、その読書法に終止符を打ってください!

砂漠―大学生におすすめしたい小説

小説も載せないとな、と思ったので載せます。

主人公が大学生なので、大学生なら間違いなく楽しめる1冊。

こんな大学生活送りてぇよ・・・。と思ってしまうような内容になっています。一瞬で読み進められました。

ワクワクが止まらない本で、結構言われているのが「読むと旅に出たくなる」です。

確かに、この本に書かれているくらいにワクワクする経験は旅にでるくらいのことをしなければ得られない気はします。

今まで読んだ小説の中でこれが一番記憶に残っています。読書を楽しみたいという気持ちが強い人にはオススメです。

究極の男磨き道ナンパ―草食系なあなたへ

なんで急にこんな本出してきた!?と思われたかもしれません(笑)

大学生って、周りにたくさん女子がいる最後の環境になる可能性もありますよね。なのでもっとがっついてほしいという思いからこの本を選びました(笑)

ナンパしろと言いたいわけではなく、これを読んで勇気をもらって行動してくれ!という願いから選びました。
私もこの本を読んで勇気をもらって行動できた人の中に入ります。

ナンパを始めたあとの話はナンパをしない人にとっては小説みたいな感覚になるかと思いますが、ナンパを始める以前の自分磨きの話は絶対にためになります。

自分磨きのストイックな世界を知って、簡単な部分を真似していくだけであなたは急激に変わると思います。誰でも真似できる部分があり、私も真似をしてコミュニケーション能力を磨くことができました!

コミュニケーションに対するストイックな世界が描かれた本書を読んで、コミニュケーションに対する心構えなども学べたらと思います。

LOVE理論―読んだら彼女ができた本

最後はこれ!男子にしかオススメできない感はありますが、私はこの本1冊で自分が変わりました。

この本から「読書ってすげー!!」となり、読書好きへと変貌を遂げ、「自分磨きしなきゃ俺やばい」と思って、ストイックな世界に足を突っ込み始めました。

そう、この本は私が読書を始める原点であり、今の私の出発点でもあるのです。

この本を読んで触発されて他の本を読むようになり、そこで得た知識を元に自分磨きやファッションの見直しなどなどを行った結果、彼女ができました。

私の人生を変えてくれた一冊といってもいいでしょう。
これを読んで自分磨きのきっかけになればと思い選出しました。

3.大学生はまず1冊から始めよう!

本にハマっていないという人はこの記事のどれか一冊を買うことから始めましょう!1冊でも他人を出し抜く知識を身につけることは可能であると私は思っています。

ここに書いてある本はおそらく他のどのサイトでも紹介されているくらい有名でオススメ度も高い本ですので、失敗はないかと思われます!

多くの本を読んで、結構頭に残っていないという経験がある方もいると思いますので、実用書はレバレッジ・リーディングでの手法を参考にしながら読み進めることをお勧めします!

本を読んだ後に実践しないとなにも意味がないので、そこだけは覚えておいて読書に夢中になってください!