カテゴリ一覧から記事を探す

文系大学生が独学でのプログラミングはオススメしません【理由を現役エンジニアが解説】

文系大学生が独学でのプログラミングはオススメしません【理由を現役エンジニアが解説】

読者の悩み

  • 文系大学生でもプログラミングを学習したい
  • プログラミングは独学でもできますか?
  • 就職に活かすならどうやって学んでいけばいい?

こんな悩みに答える記事になっています。

この記事を書いている私は現役のWebエンジニアで、プログラミングをしつつ生計を立てています。

そんな私が、文系大学生がプログラミングを独学するのはオススメしない理由を解説します。
記事の後半では、どうやって学ぶべきか?についても紹介しています。

この記事を読むと、プログラミングをどうやって学ぼうか悩んでいる文系大学生は、将来にきちんと生かせるプログラミングの学び方を知ることができます。

1.文系大学生の独学でのプログラミングはオススメしない理由

文系大学生が独学でプログラミングをするのはオススメしません。

その理由は主に2つあり、

  • 特に文系大学生だと、プログラミングの独学は挫折しやすい
  • プログラミングを学んでも、中途半端に終わる可能性が高い

のでオススメできません。

文系大学生のプログラミングが独学だとほぼ挫折する理由

そもそもプログラミングは、多少数学的な部分と考え方が似ている部分があります。

論理的思考能力が大事でして、プログラムを書こうと思ったら必ず必要になってきます。

厳しいことを言うようですが・・・文系大学生は理系大学生に比べて論理的思考能力は劣りがち。

そうした中で、独学でプログラミングを身につけるとなると挫折しやすいです。

そもそも、理系大学生でも独学だと挫折するくらいの難易度ですので、想像以上に難しいものだと考えて良いんじゃないかなと思います。

ちょっとしたエラーでプログラムが動かなくなり、解決に数時間費やす・・・。

こんな状況は頻繁に起きますが、周りに聞ける人もいないので、挫折してしまうのも無理はありません。

私の友人はプログラミングを専門とする学科に行ったにも関わらず、プログラミング難しすぎ・・・となってITに関係のない業界に行った人も多いです。

プログラミングを独学しても、中途半端に終わる可能性が高い

プログラミングを独学して、生かせるようになるレベルになるには、数ヵ月みっちり勉強する必要があります。

ここでいう「プログラミングを生かせるレベル」というのは、以下の通り。

  • 就活に活かすことができる
  • 自分で案件をとって個人で稼ぐことができる

間違いなく就活に活かせるレベルまで勉強する方が簡単ではありますが、理系大学生よりも上に立てるようになる必要があります。

具体的には、「なにか見せられる成果物」があるとOK

採用する立場になって考えると分かりやすいのですが、

  • プログラミングを専門で習ってきた理系大学生
  • 理系大学生
  • 文系大学生

上記の中だと、プログラミングに関する業界であれば上から順に採用しますよね。

ひとくちに「プログラミングを独学で学びました」と言っても、信頼があるのはやはり理系大学生。

ただし、「独学でプログラミングを学び、こんなものを作れる知識があります」と見せることができれば、逆転も容易です。

maipyon

プログラミングを専門で習ってきた理系大学生であっても、見せられる成果物がある人はほぼ0です。そんな状況なので、簡単に逆転可能です。

ただし、独学で誰かに見せることができる成果物を作るまで至るのはかなり難しいです。

何をつくればいいのか分からない・・・というより、何が作れるのかさっぱり分からない。という状況から、モチベーションを維持しつつ独学して成果物を生み出すのは不可能に近い。

2.文系大学生はプログラミングの学び方を工夫しよう

文系大学生はプログラミングの学び方を工夫しよう

きちんと人に見せられる実績を作ることができれば、堂々と「プログラミングできます!」と言張れます。

実績は今後ずっとあなたの強みにもなってきますし、インパクトも大きいです。

そのため、人に見せられる成果物を作るのをゴールに定めて、プログラミングを学ぶようにしましょう。

文系大学生がプログラミングで成果物を作りつつ、挫折せず学ぶ方法

本題ですが、成果物を作ることをゴールに定めつつ、挫折しにくい学び方は以下の2通り。

  • インターン
  • プログラミングスクール

インターンは仕事の経験をしつつ学べるのでアリなのですが、デメリットも多くオススメできません。

なぜなら、インターン先でプログラミングを学んでも、言語はインターン先固定の物であることがほとんどだから。

あまり耳にしない言語(需要があんまりないもの)を学ぶことも多いので、インターン先で学んだことを活用して将来のプログラミングに活かそう・・・というのは難しくなります。

maipyon

需要があって稼げる言語が学べるのであればいいのですが、インターンで言語まで狙っていくとキリがないですよね・・・

また、私がインターンに行ったときの経験を元にすると、「これプログラミング経験者じゃないと課題こなせないじゃん・・・」というレベルの課題ばかり出てきたので、学習目的だとかなりキツイです。

上記のデメリットを解消しつつ、挫折せずに学べる方法はプログラミングスクールです。

【無料あり】エンジニアのわたしがおすすめするプログラミングスクール3社でも書いていますが、中でもオススメなのはTechAcademy [テックアカデミー]です。

テックアカデミーなら成果物を学びながら作っていくことも可能。

maipyon

とはいっても、実際に何を作ればいいの?となりますが、とりあえずWebサイトなんかでもOK!
上記リンク先に「コース診断」もあるので、そこで診断して決めてもOKですし、講師の方に直接聞くのもあり。

完全オンラインで受講可能で、質問対応も速い。

料金については、プログラミングスクールの相場は10万~50万とそれぞれですが、テックアカデミーは安い部類に入ります。

なおかつ、大学生の方なら学割もあるため、さらに安く学ぶことが可能です。

TechAcademy [テックアカデミー]で学割を使えば、約13万円とかなり安く学ぶことが可能です。

これなら、バイトを3~4か月ほど頑張れば手が届きそうです。

・・・プログラミングスクールの中では安いといっても、上記の価格は大金ですよね。

そんな方は、TechAcademyの無料体験で1週間体験してみるのがオススメ。

プログラミング完全初心者の人が、「プログラミングってこういうものか」を知るのに向いていますし、興味が深まれば実際にスクール申し込みを検討してもいいのではないでしょうか。

スキルがなくて悩んでいる文系大学生へ

文系大学生って、割と「自分にはこれといったスキルなんてないし・・・」と悩んでいる人が多いです。

プログラミングなら、習得は難しいけれど確実にスキルだと言い張れます。

もしプログラミングの習得は自分には難しすぎて無理そうだけど、Webデザイン方面ならなんとかなりそう。
という人はプログラミングとWebデザインの違いについて解説した記事も参考にしてください。

今回の記事で何度も紹介している「成果物を作ろう」に関しては、なにも1年もかからず、3ヵ月あれば余裕で達成可能です。

一度本気で取り組めばサクッとゴールまではたどり着けるので、悩んでいる間に行動すべき。

文系大学生のスキルって、気づかないかもですが「説明力」とか「コミュニケーション能力」なんですよね。

上記スキルとプログラミングが掛け算されるとかなり強いので、是非プログラミングスキルを習得して将来に生かしていきましょう。

3.文系大学生がプログラミングを学ぶなら今がいい

文系大学生がプログラミングを学ぶなら今がいい

プログラミングを学びたいと思ったら、今行動するのが一番です。

なぜなら、大学生は時間がたっぷりあり、学習に時間を取りやすいから。

社会人になってからプログラミング学習をするとなると、学生の時に比べて想像以上に時間をとるのが難しくなります。

キツイことを言うようですが、スキルなしで就職して、合わなかった場合、「何かしら専門的なスキルがあれば・・・」と思ってしまう事もあるでしょう。

・・・自分の周りには、結構いたりします。

プログラミングなら自分の力で行動して学ぶことができますし、費用対効果も高め。

大学生のうちに学んでおけば、就活で目に見えて役に立つスキルってなに?
と聞かれれば、私なら「プログラミング」と答えます。

今はIT業界以外でもプログラミングスキルは重宝されているので、しんどい思いをして学ぶだけの価値はありますよ。

4.文系大学生がプログラミングを学ぶオススメ方法まとめ

文系大学生がプログラミングの独学をオススメしない理由は、

  • プログラミングは難易度が高いから独学はそもそも挫折しやすい
  • 就活に活かせる成果物を作成できる or 自分で稼げるだけのスキルを身につける まで至れずに終わることが多い

上記の通り。

解決策として、インターンとプログラミングスクールを挙げましたが、オススメはプログラミングスクールです。

学生であれば、学割の効くTechAcademy [テックアカデミー]がオススメです。

テックアカデミーなら、TechAcademyの無料体験で1週間無料体験もできますので、

今すぐ体験→プログラミングが楽しいと思ってやれるか確かめる→プログラミングを猛勉強

という流れで活用するのもアリかと思います。

悩んでいるようなら、その時間を使って行動しないと損。
スキル習得のために行動していきましょう!