プログラミング特化サイト作りました

DELL P3421Wレビュー!在宅ワークが一気に効率化したウルトラワイドモニター

DELL P3421Wレビュー!在宅ワークが一気に効率化したウルトラワイドモニター

読者の悩み

  • Dellのウルトラワイドモニター「P3421W」ってどう?
  • 大きなモニターでおすすめの商品を探しています!
  • 複数台のPCに対応できるモニターが欲しい

このモニターを買うまでは、ノートPCで仕事・ブログをしていました。

本業ではプログラミングをしており、プライベートではブログをしていて・・・

どちらもちょっとしたことで別タブ・別ウィンドウに移動するのを繰り返していました。

maipyon

シミュレーションゲームでは効率だけを考える。
こんにちわ。効率厨のmaipyon(@maipyon8)です。

いちいち移動するのって効率悪くね?と思い購入したのがDellのウルトラワイドモニターP3421W。

今回の記事では、このモニターのレビューをしていきます。

Dell P3421Wのレビュー・仕様について

まずは見た目から。

Dell P3421Wの見た目

モニターは34インチととにかくでかく、横幅は約82cm。

基本的に2ウィンドウで使っていますが、1ウィンドウだけで元々使っていたノートPC以上の画面の大きさです。

実際に並べてみたのが以下の画像ですが、どちらもブログトップページの横幅に余裕があります。

P3421Wで2ウィンドウ使っている画面

maipyon

デュアルモニターレベルのサイズ感を、1画面に収めている感覚ですね。

Dell P3421Wのパッケージ内容

同梱物は以下の通り。

同梱物一覧
  1. ディスプレイ
  2. スタンド
  3. 電源ケーブル
  4. DisplayPortケーブル
  5. HDMIケーブル
  6. USB type-C(3.2 Gen2)ケーブル
  7. USB 3.2 Gen1 (5 Gbps) アップストリーム ケーブル(Type-B to Type-A)
  8. ケーブルタイ
  9. セットアップガイドなど

ケーブル類が全て揃っているので、追加購入するものは何もありません。

WindowsでもMacでも基本的には同梱物を使えば繋げますね。

スタンドの可動域

付属のスタンドの可動域はこんな感じ。

P3421Wのスタンドの可動域

スタンドにはケーブル用の穴も開いているので、ケーブルをまとめられてスッキリできて便利です。

モニターの可動域

モニターの角度調節も可能です。

P3421Wのモニターの角度

基本的に目線と平行になるようにしておけばいいと思いますが、この可動域なら問題ないでしょう。

Dell P3421Wのポートについて

このモニターの最大の特徴といったもいいのが、モニター裏のポートの多さ。

Dell P3421Wのポート

ポートの種類
  1. 電源コネクター
  2. HDMIポート
  3. DisplayPort
  4. USB type-Cポート
  5. USB アップストリーム ポート
  6. USB 2.0ダウンストリーム ポート× 2
  7. USB ダウンストリーム ポート× 2
  8. スタンド ロック機能

後述しますが、このポートの多さで複数台のPCをつなげることができます。

最大3台まで接続可能で、USB type-C、HDMI、DP(ディスプレイポート)の3種類。

maipyon

ちなみにUSB type-Cは65Wの電源供給もできます。
そのためMacのノートPCでもケーブル1本でつなぎっぱなしで充電・ディスプレイに反映を同時に行えます。

Dell P3421Wの仕様について

気にすべき部分は重量と大きさくらいかなと思います。

実効解像度 WQHD 3440 x 1440 @ 60 Hz
パネルタイプ IPS
アスペクト比 21:9
画素ピッチ 0.2325 mm
輝度 300 cd/m²
コントラスト比 1000:1
最大表示色 10.7億色
応答時間 8 ms (GtoG 典型); 5 ms (GtoG高速)
入力コネクタ HDMI, DisplayPort, USB-C
スクリーンコーティング 反射防止, 3Hハードコーティング
寸法 (幅x奥行きx高さ) – スタンド含む 81.57 cm x 23.74 cm x 39.11 cm
寸法 (幅x奥行きx高さ) – スタンド含まず 81.57 cm x 23.74 cm x 36.4 cm
重量(スタンド含む) 10.8 kg
重量(モニターのみ) 6.7kg
画面サイズ 34.14インチ
特徴 99% sRGB 色域, フリッカフリー技術, Dell Easy Arrange, Dell ComfortView, 3面ベゼルレス
曲率 3800R

maipyon

奥行50cmの机であれば付属のスタンドありでも問題なく使える感じでした。
詳しくは後述します!

Dell P3421Wのメリットとデメリット

このモニターを使ってみて感じたメリットとデメリットは以下の通り。

メリット
  • モニターアームも使用可能!
  • PC複数台に対応できる
  • 画面の圧倒的な大きさ
デメリット
  • スピーカーがない
  • ゲーミング用ではない
  • 映像を見るときに黒帯が入る
  • 箱を持っておく必要がある

それぞれ詳細を書いていきます!

Dell P3421Wはモニターアームも使用可能

モニターとスタンドの結合部分はVESA規格対応。

モニターはVESA規格

この規格は一般的なものなので、市販されているモニターアームを使用できます。

モニター自体は6.7kgなので、ほとんどのモニターアームは使用できる重さになっています。

配置によってはモニターアーム必須になる可能性も

また、スタンドの土台部分が大きくモニター部分が前面に来るため、奥に配置したい人はモニターアームは必須です。

付属のスタンドの土台部分は縦に23cmあるものの、約20cmの部分がモニターの画面部分になります。

真上から見たときの図

スタンドとモニターの関係

maipyon

つまり、机に置いたときに机の最奥から約20cm手前にモニターが来ることになります!
モニターアームでこういう部分を解決できるので柔軟性があっていいですね。

モニターアームを愛好している人もいると思うのですが、モニターアームを使えるというのは大きなポイントです。

Dell P3421WはPC複数台にも対応できる

ポートが多く、最大3台までPCをつなぐことができる上に、切り替えも楽です。

モニターの(画面がある方から見て)右後ろに電源ボタンと共にレバースイッチがあり、それでどのPCを画面に出力するかを変更可能。

P3421Wのレバーボタン

maipyon

他にも明るさや色温度設定などなど、多くの設定を行えます!

PC2台のキーボードとマウスはシェアできる

ポート部分にあるUSB-typeAの端子にキーボードやマウスを接続しておくと、1組のマウス・キーボードで操作可能です。

ただ、上記機能を使うには、映像入力は2台限定となり、うち1台はHDMIで接続する必要があります。

また、Dell Display Managerをインストールして設定すれば、切り替えのショートカットも設定できます。

Dell Display Managerで切り替え楽々

例えば

  • ctrl + Alt + WでWindows(HDMI)へ画面切り替え
  • ctrl + Alt + MでMac(USB-typeC)へ画面切り替え

みたいなことが可能になります。

Bluetoothのキーボード・マウスを使う場合

キーボードとマウスをBluetoothで接続して使う場合、複数台のPCに対応するにはデバイスに接続切り替えスイッチがあるものを使う必要があります。

最近はBluetoothを複数台登録できるマウスやキーボードが多くなってきたので、特に困らないはずです。

現在使っているものが1台しかBluetoothを登録できない場合だと、頻繁に切り替える使い方はオススメできません。

Dell P3421Wの画面の圧倒的大きさで効率UP

Dell P3421Wの画面の圧倒的大きさで効率UP

なんといってもこの画面の大きさはメリットです。

デュアルディスプレイではなくウルトラワイドモニターにした理由は3つあり、

  • デュアルディスプレイより配線が楽そう
  • デュアルディスプレイと違って真ん中に切れ目がない
  • 3ウィンドウ並べても普通に使える

という点。

普段は左サイドを調べものなどに使用し、右サイドを作業に使う感じで、2ウィンドウで使っていますが、もう1ウィンドウ増やしても問題ないですね。

maipyon

なお、Macは分割が少々めんどうなので、「Spectacle」という画面分割アプリを使っています。
option + command + ←で左半分へ分割、みたいなコマンドを使えるようになります。

画面は大きいが湾曲率は低め

湾曲が緩やかで、意外と机が狭くても使えます。

私の机の奥行きは55cm。

大きい画面だと近すぎると見づらいと思いかなり悩んだのですが、問題ありませんでした。

maipyon

椅子に座れば、モニターから目まで60cmほどになります。

奥行きが狭いという人は、モニターアームを使って工夫するのがよさそうです。

付属のスタンドを使う場合、机の奥行きは50cm以上は必要だと感じます。

Dell P3421Wには内臓スピーカーがない【デメリット】

ここからはデメリット。

まず最初のデメリットは、モニターにスピーカーが内蔵されていないことです。

ノートPCの場合、ノートPC本体から音が出るのですが、スピーカーのないPCだと無音になります。

maipyon

自作PCを使っているので、無音になりました。

2台以上のPCに対応できるスピーカーを購入して解決しました。

Sanyun SW208 Bluetoothスピーカーを徹底レビュー【白色でオシャレ】 Sanyun SW208 Bluetoothスピーカーを徹底レビュー【白色でオシャレ】 Sanyunのスピーカー「SW208」の使用感や音についてレビューします。白色でおしゃれなスピーカーの中でコスパが最高に良く、個人的には、音より見た目を重視する人には超オススメ。値段も良心的なので買いです。

一応公式のサウンドバーはあるみたいですが、PC複数台の切り替えには対応していないみたいです・・・。

P3421Wはゲーミング用モニターではない【デメリット】

あくまで在宅ワークや作業用、ということでリフレッシュレートは60Hzです。

ゲーミング用のモニターだとリフレッシュレートもいい感じなのですが、そちらの方には特化していません。

maipyon

とはいえそこは割り切っているので問題なしです。
価格も高くなっちゃいますしね。

Dell P3421Wは映像を見るときに黒帯が入る【デメリット】

P3421Wは21:9のアスペクト比のモニター。

しかし、ほとんどの映像は16:9になっています。

そのため、Youtubeや映画は大抵左右に黒帯が入る結果になります。

maipyon

たまに21:9に対応している映画があり、その時はフルスクリーンで最高の没入感で映画を見れますね!

画面が大きいため、その辺りに期待している人にとっては残念なポイントでしょう。

P3421Wの箱を持っておく必要がある【デメリット】

最後のデメリットですが、梱包されていた箱を持っておく必要があるという点。

梱包されていた箱には湾曲した部分があり、持ち運びにはこの部分が必須なのです。

P3421Wの箱の中身

maipyon

背面にスタンドやモニターアームを取り付けるときはこの湾曲部分を使ってモニターを置きます。

画面が湾曲しているため、直置きしたら壊れてしまう可能性大なので箱が必須です。

例えば、付属のスタンドからモニターアームに変更するときも箱の湾曲部分を使ってモニター裏面に対して作業できるようにする必要があります。
また、モニターアームを使っていた人が引っ越しするときも必要そうです。

この箱が結構デカいので、割とデメリットになりそうです。

P3421Wの箱

ちなみに箱は46cm(縦) × 94.5cm(横) × 22cm(奥行)でした!

maipyon

湾曲しているディスプレイは全部箱が必須になってくるので、これはもう仕方ないこと。

Dellのモニターを選んだ理由

安いLGのモニターが買われがちなのですが、ポートの多さと保証、そして安心感でDellのモニターを選択しました。

maipyon

ちなみに、同じ34インチだとLGのモニターはUSB-typeCポートがないですね・・・。

Dellのモニターでも高すぎるということはないので最高です。

また、Dellのモニターには保証もついています。

保証は二つ
  • プレミアムパネル交換
  • 良品先出しサービス

プレミアムパネル交換でたった1つのピクセル欠陥が見つかった場合でも、ハードウェア限定保証期間中であれば無料でモニターを交換できます。

ピクセル欠陥(ドット抜け)があるとその1点だけが暗いままで気になるという人も多く、「この保証があるからDellにした」という人も多いです。

maipyon

自分はなかったですが、結構ドット抜けはあるあるみたい・・・。

また、交換の際は良品先出しサービスで翌日には商品を発送してくれるため、仕事に使う人でもモニターがない期間を無くせます。

Dellは対応もいいという声が多かったこともあり、この2つの保証はもしもの時に安心です。

DellのP3421Wはどんな人におすすめ?

DellのP3421Wはどんな人におすすめ?

最後に、『結局DellのP3421Wはどんな人におすすめなのか?』について書いていきます。

P3421Wはこんな人にオススメ!
  • デュアルディスプレイの配線や真ん中が空くのがネックな人
  • 作業効率化をしたい人
  • 複数台のPCを使っていて、頻繁に切り替えしつつ使いたい人

私の場合はすべて当てはまったので大満足しています。

なお、効率化についてですが、色々なアイテムを購入してきましたが、モニター購入が一番効果があったように感じます。

実験でも効率がUPすることは実証されているらしく、Dell社の「デュアルモニタを使って生産性とユーザーの満足度を高める ホワイトペーパー」によると

  • スプレッドシート作業においては、生産性が29%向上
  • サンプル文書を精読する作業において17インチのシングルモニタから19インチのデュアルモニタにすることで、1年間の労働時間において、56日分の時間が節約された。

のような効果が上がっているみたいです。

個人的に上記数値には懐疑的だったのですが、

  • 一般的な20代社会人の月収は20万(少なめに見積もってます)
  • 時給にすると1250円
  • さすがに10%の効率化はするはず(超少なめに見積もってます)
  • 8時間働く場合、10%の効率化で48分浮く=1日で1,000円分の価値あり
  • 3ヵ月も働けばモニター代の元が取れるレベルの効果になる

という事に気づき、購入しました。

maipyon

実際にマジで効率が良くなったので、めっちゃいい買い物した・・・。って思いましたね。

タブやウィンドウの移動が減り、いちいちウィンドウを切り替えて確認するような動作が0になりました。

効率を求めている方にとっては必須アイテムかと思います。

これで時間が浮いた分、さっさと仕事を終わらせた方が絶対に幸せですからね。

DellのP3421Wは効率がマジで上がったので買い

ということで、DellのP3421Wというウルトラワイドモニターのレビューをしました。

特に複数台PCを持っている方にとってはこれ以上ないモニターなのではないかと思います。

長らく使っていますが、使用でも特に困ることはありません!

効率化を図って浮いた時間で幸せになりたいすべての人にオススメしたい1品です。