カテゴリ一覧から記事を探す

コバエ対策にはこれ!実際にいなくなった撃退法を紹介

コバエ対策にはこれ!実際にいなくなった撃退法を紹介

夏に入るとどこからともなく現れて悩みをもたらすコバエ。4月~11月に発生し、涼しくなると急にいなくなりますが、どうしても許せないものです。

コバエ対策のアイテムを買ったけどそれでも出てくる・・・。

窓は閉めているしどこからも入ってこないはずなのに・・・。

今回は、そんな私があることをするだけでコバエを一切見なくなったのでその対策方法を紹介したいと思います!

記事の前半ではコバエの種類や発生原因について。
記事の後半ではコバエを完全に撃退できた方法について書いていきたいと思います!

1.コバエの種類

コバエには色々種類がいて、多少対策も違ってきます。
どの種類も人間に直接害を及ぼすことはないのですが、目障りです。

ショウジョウバエ科、ノミバエ科、キノコバエ科、チョウバエ科がいます。

ショウジョウバエ科

赤い目が特徴的な2ミリ程度のコバエです。

酒や酢を好みます。熟した果実も好みますので、ゴミ箱や三角コーナーに寄ってきやすい。

産卵から10日で羽化という短いサイクルなので、大量発生しやすいです。

ノミバエ科

体長は2ミリほどで、黒く、ノミのような丸い体をしています。

生ゴミや腐った植物、排水溝などさまざまな場所に発生します。

食品にも卵を産み付けることがあります。なので大量発生していると直接的な被害が起こる可能性もあります。

キノコバエ科

こちらは生ごみではなく、植物に発生するコバエです。同じく体長は2ミリほど。

ハエというより、蚊のような見た目をしているので判別は付きやすいです。

植物に発生するコバエで、高温多湿を好むので、梅雨の時期に発生しやすいです。

観葉植物の腐葉土に卵が紛れ込み発生するケースが多く、観葉植物の多い家庭で発生することがあります。

チョウバエ科

他の種類と比べてやや大きく、体長は5ミリほど。

蛾のような色付きの羽が生えていて、排水溝のある台所やお風呂場に発生します。
排水溝や配水管にある有機物を餌にしているためですね。

そのため、水回りが汚いと発生しやすいです。

発生しやすいコバエの種類は?

この中でも発生しやすいのはショウジョウバエ科(目が赤い)かノミバエ科だと言われています。

種類によって発生原因が違ってくるので対策も違うということなのですが、今回紹介する方法はキノコバエ科以外のコバエには効く方法です。
もちろん、キノコバエ科の対策方法も書いています。

2.コバエに対する間違った対策方法

「スプレーをかけて殺して、ゴミ出しをきちんとすれば発生しなくなる!」と思っているあなた。間違いです。

めんつゆやお酢をを使用したトラップを使う方法も、間違っています。

 めんつゆトラップは水5に対してめんつゆ1を入れて、洗剤(界面活性剤入りならなんでもOK)を数滴垂らせば完成。アルコールや酢を好むコバエが寄ってきて、洗剤の力で水の中に溺れるというトラップ。少しの時間で数匹退治できるようです。

スプレーをかけて殺すよりは効果的ではありますが、発生を食い止めることはできません。根本的な解決にはなっていないということです。

ゴミ箱が原因の可能性もない

ゴミ箱

ゴミ箱が原因だ!ゴミ箱周辺でみかけることが多いし!

とおもいきや、ゴミ箱が原因ではありません。

確かにほっときすぎると直接的な原因にはなりますが、コバエの産卵→羽化には10日かかります。

ゴミを10日以上置くことは少ないため、原因としては考えづらいです。
外から寄ってくる原因にはなりますが、数は多くないでしょう。

3.コバエ対策のために、発生原因を突き止める

コバエ対策のために、発生原因を突き止める

なにが本当の原因になっているかというと、最初に書いたコバエの特徴から考えて、「水回り」が大きな原因になるでしょう。

毎日コバエが発生していたのでさすがに「ゴミ箱などのにおいにつられて外から毎日来ている」とは考えにくく、家の中で繁殖するとすれば・・・水回りしか考えられないためですね。

排水溝周りの徹底的な掃除を決意したので、このアイテムを購入しました。

使う際には、できるだけ長時間待つようにしましょう。

目に見えないくらい小さい、既にある卵などを殺すためにはちょっとの時間じゃ厳しいかなと思います。

これを浴槽とキッチンで使った日からコバエを見ることはなくなりました。

もちろん、ブラシでの掃除もするようにしてください。あくまでこれはブラシが届かない部分を綺麗にするためのアイテムとして使います。

4.その他のコバエ対策方法

私は先ほどの「排水溝の徹底的な掃除」によってしばらくコバエを見ることがなくなったのですが、それでもまだ難しいという方に、その他の対策方法を書いていきます。

三角コーナーに生ごみを貯めない

当たり前のことですが、三角コーナー・および排水溝に取り付けているネットの部分に生ごみを貯めないようにしましょう。

これだけで激減するというわけではないですが、貯めている人はこれが原因になっている可能性も。

三角コーナー、および排水溝に取り付けているネットをよく掃除して、生ごみは袋を2重にしてゴミ袋に入れておくことで、においが発生しづらく寄ってきにくくなります。

アロマの香りでコバエ対策

コバエ対策のアロマ

家の中で発生させないようにすることが一番大事ですが、外から寄せ付けないことも大事です。

生ごみなどの匂いを好む一方、ペパーミント・ユーカリ・ゼラニウム・ローズマリー・ラベンダーの匂いは嫌います。

人間にとってはいい効果しかないアロマですので、試してみる価値はありそうです。

ペット関係で対策が難しいとき

めんつゆトラップやスプレーを使いたいけど、ペットがいるからむずかしい・・・。

という方は、エタノールを使いましょう。

コバエに直接かけることで退治することができます。

霧吹きやスプレーのボトルに入れて吹きかけるのが効果的でしょう。

エタノールはすぐ乾くため、ペットにも無害で安心です。

観葉植物に発生するコバエの対策

観葉植物が原因でコバエが・・・という方は、この方法。

木酢液(もくさくえき)を用法通りに水で薄めてまくだけ。

木酢液は木材を乾留した際に生じる乾留液の上澄分のことで、簡単に言えば天然由来の成分しか使っていないということです。

植物にも安心ですね。他の害虫にも効く優れものです。

5.コバエ対策まとめ

コバエ対策として色々な商品が売られていますが、個人的には、あれは結局一時的な対処ができる商品ばかりな気がしています。

めんつゆを使ったトラップなども多く紹介されていて、確かにトラップが置かれている間はそっちの方に行くので「見なくなったし死んでる!」と効果を実感できるとは思いますが、一時的な対処なんだろうな~と思います。

一時的な対処ではなく、根本の原因を突き止めて対策をすることが大切です!

なかでもオススメの対策商品はコレ