カテゴリ一覧から記事を探す

【2019年】LinePayの使い方を徹底解説!チャージから支払いまでまとめました

LinePayの使い方

LinePayってLineでたびたびCM・キャンペーンをしてて気になるけど、使ったらどんな利点があるの?

どういう風に使えばいいの?難しそう・・・

そんな悩みを解決できる記事になっています。

ほとんどクレジットカードとみても相違ないLinePayは、高い還元率・お得なキャンペーンなど、様々な利点から私も愛用しています。

記事の前半ではLinePayの基本的な機能について、記事の中盤ではLinePayに入金する方法、記事の後半ではLinePayでの決済方法・利点について書いていきます。

クレジットカードは怖いといった印象を持たれている方でも、LinePayの利点をいかせばきっと使うことができるはず!

1.LinePayの機能

国内で3000万ユーザーを超えているLINE Payは、LINEアプリに組み込まれたモバイル送金・決済サービスです。サービスの運営は、LINE株式会社の子会社であるLINE Pay株式会社によっておこなわれています。

主な機能は以下の5つです。

LinePayの機能

  1. LINE Payにお金を入れる「チャージ機能」
  2. LINEの友だちにお金を払う「送金機能」
  3. LINEの友だちに支払いを要請する「支払い依頼・割り勘機能」
  4. LINE Pay導入加盟店や提携サービスで決済を行う「決済機能」
  5. LINE Payに貯まったお金を引き出す「出金機能」

たくさんあって覚えられない・・・そんな方でも、「チャージ」と「決済」が使いこなせるようになればLinePayの恩恵を十分に受けることができます!

今回はチャージ機能と決済機能に重きを置いて書いていきますね。

2.LinePayを新規登録する方法

登録はLineアプリから行います。難しいことはなく、手順に従っていけば登録はすぐに完了します。難しい方は調べてみてください。

同時にLinePayカードも必ず申し込んでおきましょう!このカードがあると大半のお店で使用することができます。

LinePayカードのデザインは?

LinePayカードのデザインは6種類から選ぶことができます。

これがLinePayカード。他にもデザインが豊富。(引用元:LINE公式ブログ)

LinePayカード

上記の4種類に加えて、以下の2種類も追加されています。

linepayカードのデザイン

linepayカードのデザイン

1~2週間ほどでカードが届くので、しばらく待ちましょう。

なんと、審査いらずで完了します。
なので、その辺りがなんとなく難しそうと感じていた人は試してみる価値ありです。

そのため10代の方にも人気で、これからも使用はどんどん広がってくると思います。

LinePayの登録が完了し、カードも手元にきたら登録は完璧なので、使い方をマスターしましょう。

カードが手元に無くても、バーコード・QR決済のできるローソンなどの店舗では使うことができます。

3.LinePayの使い方―チャージの方法

LinePayを使おうと思ってもカードの中にはお金がありません。チャージしなければならないのですが、いくつか方法がありますので、誰でも使えるであろう3つの方法を紹介します。

銀行からLinePayに直接チャージ

これには、「本人認証」と呼ばれるものが必要で、銀行とLinePayを紐づける必要があります。

この本人認証がないと、「チャージ機能」と「決済機能」しか使えないばかりか、還元率も0.5%(2019年2月18日現在)どまりになってしまいます。

本人認証のやり方

  1. LINEアプリを起動する
  2. 「ウォレット」タブを表示
  3. 「+」をタップ
  4. 「銀行口座」を選択
  5. LINE Payにチャージする銀行を選択
  6. 本人確認の注意事項が表示されたら「OK」をタップ
  7. LINE Payの本人確認に関する利用規約が表示されたら下までスクロールして「同意します」をタップ
  8. LINE Payのパスワードを入力
  9. 名前・住所口座情報を入力して「次へ」
  10. 登録先する銀行の案内に応じて設定を完了させる

必ずやっておきたいポイントです。

セブン銀行を使ってLinePayにチャージ

上記の本人認証は必要ありません。

セブン銀行のカードを入れるところにLinePayカードを入れると取引が始まり、入れたいだけのお札を手順に従って入れ込むだけでチャージ完了です。

チャージができると即LINEが届いて確認でき、残高も増えているので安心です。

誰とも話さず入金できるので、私が最もよく使っている入金方法です。

入金が完了するとLineにて通知が来る点も安心できますね。

ローソンレジでLinePayにチャージ

ローソンのレジに現金とカードを持っていき、「チャージをお願いします」というだけです。本人認証は必要なく、簡単に行えます。

レジの方にちょっとだけ世話になるので、申し訳ないので周りにセブンイレブンがないときは使うことがあります。

オートチャージ

残高が設定された最低残高を下回った場合、銀行口座から設定金額分オートチャージされるという方法もあります。

お金が入っていない状態でレジでLinePayを利用すると、レジで「カードが使用できません」と表示され、店員を困らせてしまったことがあります・・・。

そうならないためにも、オートチャージの機能を使うべきでしょう。

4.LinePayの使い方―決済の方法

LinePayにはいくつもの決済の方法があります。

LinePayの決済の方法

  1. オンライン決済
    ZOZOTOWN・SHOPLIST・出前館などで、LinePayを選択して決済する方法です。多くの店舗があるので、LinePayが使えるお店でチェックしてみましょう。
  2. QRコード/バーコード決済
    ローソン・ファミマ・スタバ・LOFTなどの多数の店舗(店舗の詳細を見る)でスマホを操作してQRコードかバーコードを見せ、決済してもらう方法です。
  3. 請求書支払い
    電気・水道・ガスなど多くの会社(使える会社を見る)での請求書を「請求書支払い」でコードリーダを起動し読み取ると支払いができます。
  4. JCBでの決済
    LinePayカードを「JCBカードとして」決済する方法で、JCB加盟店ならどこでも使えます。なんと国内外のJCB加盟店は約3,300万店舗。「クレジットでお願いします」と言ってカードを預けると決済完了です。

QRコード/バーコードでの決済がある辺りがややこしいので、以下のように覚えておくと安心です。

  • QRコード/バーコード決済が使えるお店では使い、そうでないお店ではカードを使って支払う。
  • オンラインでの決済の場合、LinePayが選択できるのであれば選択する。ないならカードの番号をそのまま打ち込んで、JCBカードとして使う。

この方法を使えば、特典(還元)を最も多く得られる選択ができていますので、決済方法で迷わずに済みます。

5.LinePayの利点

LinePayにおける利点は多くありますので、今まで書いてきたものも含めて紹介します。

LinePayは審査いらずでキャッシュレス

Lineは誰しもやっているであろうアプリ。追加でアプリをダウンロードする必要もありません。ましてや、審査もありません。

Lineをつつくだけで簡単にキャッシュレス生活が手に入ります。

キャッシュレスについてですが、相当楽ですし、はやいです。

細かいお金があるかないか探すのって周りから見たらちょっとダサいし、時間もかかって迷惑になるのではと焦りますよね。それがカードを出すだけで済みます。

また、無人レジでも「各種クレジット」を選ぶことで決済可能です。

LinePayのお金はその場で引き落とし

クレジットカードに手を出しにくい理由は「翌月引き落とされるから金銭感覚が狂う」「何円使っているかわからなくなる」という部分が大きいと思います。

ですが、LinePayはそんなことになりづらい仕組みになっています。

チャージ方式なのでチャージ以上の金額は使用できませんし、その場でお金が引き落とされます。

Lineに何円使ったかとどれだけ還元されるかが、普段公式Lineからお知らせが届くのと変わらない方法でメッセージが来ます。

Lineからの通知

画像はPC版Lineですが、このように一目で状況がわかるようになっています。

LinePayは驚異の還元率

LinePayでは、0.5%~2.0%の還元率です。(2019年2月18日現在)

マイカラー制度というものを使用しており、本人認証(銀行との紐づけ)を済ませたものは0.8%,1.0%,2.0%へ還元率を引き上げることができる可能性があります。

条件はそこまで厳しいものでもなく、大学生でも1.0%の還元率には毎月できそうです。
以下の表は2018年2月18日現在のマイカラー制度になっています。

マイカラ―制度について

2.0%:決済金額10万円/月+月間5人以上に送金
1.0%:決済金額5万円~9万9999円/月+月間3人以上に送金
0.8%:決済金額1万円~4万9999円/月+月間1人以上に送金
0.5%:利用登録するだけ
※2018年10月より、送金の条件は無くなります。

Lineポイントとして還元され、LinePayにそのままチャージできる

還元されたらLineポイントとしてたまっていきますが、Lineポイントの使う画面から、LinePayに1ポイント1円として再チャージ可能です。

ポイント付与対象となるのは毎月100万円まで(2019年2月18日現在)ですが、ほとんどの人は気にしなくてもいいでしょう。

QR/バーコード決済では期間限定で+3%の還元

2018年8月1日~2019年7月31日の期間中、QR/バーコード決済では還元率が驚異の+3%、つまり3.5%~5%還元になっています。

2%でも相当すごいのに、5%は使わざるを得ない還元率ではないでしょうか?

ただし、QR/バーコード決済を使用しないと+3%の還元は得られません。そのため、QR/バーコード決済が使用できるローソンなどでは積極的に使うようにしましょう。

LinePayでの大還元キャンペーンが豊富

LinePayでは、時々キャンペーンを行っています。

例えば、「期間限定でQRコード決済をすると10%還元」といったもの。

これは、居酒屋、ZOZOTOWNやLAWSONで10%OFFになるという意味と同じで、これを利用して飲み会代金をタダにしたこともありました。

最近では、ある特定店舗での買い物で20%還元というキャンペーンもありました。
ファミマで20%還元が実際にありましたが、お昼ご飯をいつもより安くできる・・・それだけで使用する意味がありますね。

6.まとめ

私は還元率に惹かれて使用し始めたのですが、いまではカード決済でないと不便だなと感じてしまいます。

家にいながらAmazonやZOZOTOWNでお買い物ができるなんて素敵ですし、クレジットカードでしか決済できないサービスが使えると行動が一気に広がります。

クレジットカードを将来使おうと決めている人も、一旦練習として使ってみるのもいいのではないでしょうか?

年末の20%還元も実施されました。
普段のポイントアップも合わせると、Max25%にもなるキャンペーンでした。

今現在も時々、店舗を限って10%~20%還元キャンペーンは行われています。
よりお得に、便利に生活するためにLinePayの使用を考えてみてはいかがでしょうか。

最近では、ビックカメラやコジマ・ソフマップでもキャンペーンが行われています。