カテゴリ一覧から記事を探す

スプレッドシートでGoogleアナリティクスレポートを毎日自動作成する方法

Googleアナリティクスを導入してみたものの、どこをどう見て解析すればいいのかわからない・・・。

そんな方は多いと思います。

もし、毎日自動でレポートが作成されたら・・・と思いませんか?
今回は、毎日自動でスプレッドシートにレポート作成をする方法を徹底的に解説していきます!

記事の前半ではスプレッドシート上でデータを見る方法、記事の後半ではスプレッドシートが毎日データを自動で更新できるよう設定する手順について説明します。

1.スプレッドシート×Googleアナリティクスをする

どんな解析レポートになるかをまずは見ましょう!

例えば、以下の画像のような解析が可能になります。

スプレッドシートを使えばどんな解析ができるか

10月(ブログ運営3か月目)でのデータが入っています。

一番左の列のPageに、URLが書いてあります。

そして、左から順にPV数訪問を開始した(ユーザが最初に来たページの)回数直帰率検索流入数が分かるようになっています。

好きな期間で計測可能ですので、私は「1日ごと」「1か月ごと」「全期間」で3つのページを作っています。

今回は、この表と同じものを作れるように解説していきます。

2.スプレッドシート上での解析表の作り方

まず、Googleスプレッドシートを使います。

アカウントは、GoogleAnalyticsでも使用しているものでないとできません。

アクセスしたら、アドオン→アドオンを取得→GoogleAnalyticsを選択

アドオンを取得

取得すると、アドオンにGoogleAnalyticsが入ります。

次に、画像のように選択します。

スプレッドシートで最初にすること

Create New Reportをクリックすると、なかなか難しそうな画面に移ります。

レポート作成画面

上から説明しますと、Metrixには、「データの何を知りたいか」を選択します。

Dimensionsには、「なにごとにデータを知りたいか」を選択します。

例えば、「ページごとにPVを見たい」ですと、MetrixにはPageViews、DimensionsにはPageを選択するという感じです。

ですので、「使われているデバイスごとに解析したい」ということも可能になってきます。

とりあえず、MetrixにはPageViewsを、DimensionsにはPageを選択しておきましょう。
一番上に名前を入れ込む場所もありますので、適当に「昨日のPV」とでもつけておいてください。

スプレッドシート状に表が一旦出来上がる

Create Reportをクリックすると、小難しい画面が生成されます。

表が一旦完成する

下の方を見ると、きちんと作られています。

「昨日のPV」には、左の列がページで、右の列がPV数で反映されていると思います。

ですが、今の状態では、昨日だけのデータを取りたいのに「30日前から昨日までのPV」を計測していることになっていますし、PVだけしか閲覧できない状態なので、直していきます。

3.スプレッドシートを編集して、データを選択する

スプレッドシートのReport Configurationを編集して、自分の取りたいデータを選択していきます。

画像では既に3種類できていますが、1つずつやってください。

※このページ通りに作っているのなら、まずは「昨日のPV」の部分だけを参考に編集し、またアドオン→GoogleAnalytics→Create New Reportから、違う名前のものを作り、編集を繰り返してください。

スプレッドシートでデータを選択

Metrixには

「ga:pageviews,ga:entrances,ga:BounceRate,ga:organicSearches」

と入っています。

  • ga:pageviews
    PV数を表示
  • ga:entrances
    ユーザが最初に見たページだとカウントされる
  • ga:BounceRate
    直帰率
  • ga:organicSearches
    検索流入があった回数

のようになっています。他にもできることは多いのですが、これくらいあれば十分活用できるのではないかと思います。

Dimensionsには変わらずga:PagePathが入っています。

Orderの部分に、「-ga:pageviews」を入れておけば、自動でPV数の部分が、PVの多いものから自動でソートされます。

End Dateには、すべて「yesterday」を入れておきます。

最後に、難しいのがStart Dateです。↓を参考にしてStart Dateを書き換えましょう。

  • 全日PV
    ブログを始めた日以前の日付を挿入
  • 1か月のPV
    「=EOMONTH(NOW()1,1) + 1」を挿入
    昨日の月初めの日付を取得します。
  • 昨日のPV
    yesterday

1か月のPVではExcelみたいなことをしましたが、コピペで大丈夫でしょう。

4.毎日自動で更新できるように設定

とりあえず、ここまでのことができて、自分の作りたいデータを選択できたと思ったら、アドオン→Google Analytics→Run Reportsで更新しましょう。

なにかしらのミスがあれば、そこで知らせてくれますので、おかしなことをしていないか見直しましょう。

 直帰率が0.5だとかの小数点表示になっていますので、表示形式→数字→パーセントを選択して、見やすく直しておきましょう。

うまくいって、きちんとそれらしいデータが取れていることが確認できましたら、アドオン→Google Analytics→Schedule Reportsで、毎日データを更新できるように設定しましょう。

毎日自動更新できるように設定

私はこんな感じに設定しています。

これで完成です!昨日のPVを閲覧するページとかをお気に入り(ブックマーク)にでも指定しておけば楽ですよ!

 その他にも、スマホでスプレッドシートのアプリを開くだけで、(同じアカウントなら)見ることができます。

5.まとめ

今回は、Googleアナリティクスではなく、スプレッドシートを使用して解析を行う方法を紹介しました。

この方法で、「どのページを改善するべきか」を直感的に分かりやすく示すことができます。

Googleアナリティクスではページごとに見るというのはなかなか面倒ですので、このスプレッドシートを作成してざっとデータを見てみてはいかがでしょうか。

解析して直帰率が高いと思ったら、こんな記事もオススメ