カテゴリ一覧から記事を探す

プログラミングを趣味で始めたい人向けのロードマップ【できることや目的を解説】

プログラミングを趣味で始めたい人向けのロードマップ【できることや目的を解説】

読者の悩み

  • プログラミングを趣味として始めてみたい
  • プログラミングでできることって何だろう?
  • プログラミングを趣味として学ぶにはどうしたらいい?

こんな悩みに答える記事になっています。

Web系のエンジニアとして働いています。

プログラミングを学習してからというもの、私はできることがグンと増えました。

例えば、このブログだって自分でいくらでもカスタマイズできますし、アイデアさえあればネット上でサービスを作ることも可能です。

自分で思い描いたものを実際に自分の手で作れるようになるとめちゃくちゃ楽しいですよ!

始めは趣味かもしれませんが、いずれ副業や本業に繋がる可能性も大です。

そんなプログラミングは、趣味として最強だと思っています。

実際に、10代や20代の若者だけでなく、30代や40代、50代の方も趣味として始められている方も増えているようです。

今回の記事では、プログラミングを趣味として始めて、

  • できるようになること
  • プログラミングを始める目的
  • 挫折しにくい始め方

を紹介します。

1.プログラミングを趣味にしたらできること

プログラミングを趣味として始めて、学ぶとできるようになることは以下の通り。

プログラミングを学ぶと・・・

  • 自分で作りたいサービスを作ることができる
  • 趣味がお金になる(副業につなげやすい)
  • 個人の力で稼げるようになる
  • 在宅で仕事ができるようになる
  • プログラマやエンジニアに就職・転職できる

1つずつ詳細に解説していきます。

自分で作りたいサービスを作ることができる

プログラミングを学ばないと作れないものが世の中には沢山あります。

例えば

  • Webサイト(自分の思い通りにカスタマイズしたサイト)
  • スマホアプリ
  • ゲーム

Webサイトはプログラミング知識なしでも作ること自体は可能なのですが、自分の思い通りカスタマイズしようと思うと、プログラミングの知識が必要になってきます。

例えば予約機能を付けたり、ブログのような形式のものでなくても、自分なりにカスタマイズしたスケジュール管理をWeb上で行えるようにしたりなども、知識が必要です。

スマホアプリやゲームだと分かりやすいですが、Webサイトについても同じく、「自分で思った通りの物を作る」ようになれます。

個人的には、身近に存在するサイトやアプリの仕組みを知ることができたのも大きなポイントだと思っています。

趣味として始めたプログラミングがお金になる

国が副業を推している今、副業としてのプログラミングは安定して稼いでいける分野なので特におすすめです。

趣味から副業に・・・となると、それなりに本気で勉強を積む必要がありますが、月5万円くらいなら誰でも到達可能です。

プログラミングを仕事にできると、その業界は人手不足のため単価もかなり高く、月5万はすぐに達成できます。

例として、実際に案件を検索すると、以下のようなものがすぐに見つかります。

WordPressでの仕事内容

WordPressのホームページというのは、あなたが今見ているこのサイトのようなものを指示通りに作ってほしい。
のような内容になります。

内容にもよりますが、1か月あればさすがにできるかな・・・という感じですね。

会社勤めで昇給するよりも、副業での賃金UPの方が難易度としては低めじゃないかなと思います。

個人で稼げるようになる

副業繋がりにはなってきますが、趣味として始めたプログラミングがいつしか仕事にできる日が来るかもしれません。

個人で稼げるようになると、一気に自由度が増しますよね。

個人で稼げるようになるまで趣味から始めたプログラミングを突き詰められるか?と言われると微妙なところですが、一度稼げるようになれば後は時間はあまりかかりません。

Youtuberも趣味から始めて今やお金が・・・という人が多いようですし、プログラミングでも同じ現状は必ず起きるだろうと私は感じています。

在宅で仕事ができるようになる

リモートワークのメリット

プログラミングは在宅でも可能です。

なんならカフェとかでも可能ですね。場所にとらわれないというのも大きなポイントです。

余談ですが、私は1週間のうちの大半を家で仕事をしています。

在宅ワークのメリットについてまとめた記事もありますので、参考にしてみてください。

意外と在宅ワークはデメリットも多いのですが、それを上回るメリットがあって最高。という感じ。

また、子育てなどで在宅中の女性でも、Webデザイナーとしての勉強を積めば「プログラミングなんて無理!」という人もうまくいくかなと思います。

基本的にWebデザイナーも学ぶことは途中まで一緒なので、この記事を引き続き参考にしてもらえればと思います。

プログラマやエンジニアに就職・転職も可能

趣味としてプログラミングを始めると、案件を受けるところまでいけば経験として語ることができるので、就職や転職も容易に可能です。

特に就職の場合だと、一気に有利になります。

今では未経験者でもOKという会社もあるくらいですので、経験者は優遇されます。

大学生の方で、「趣味としてプログラミングを始めてスキルが身に付けば就活有利かも」と考えている人。その通りです。

IT企業に限らず、割とどんな企業でもITスキルが必須になってきているので、ITスキル持ちは優遇されます。

プログラマやエンジニアはとにかく需要が高く、他の職種に比べると今後も需要が高いままですので、転職や就活はしやすいかと思います。

2.プログラミングを趣味にする目的【目標設定】

プログラミングを趣味にする目的【目標設定】

プログラミングを学ぶ前に、ここで目的や目標を確認しましょう。

プログラミングは学ぶことが多いので、目的や目標を持つことが大事になってきます。

もしもあなたに作りたいサービスがあるのであれば、目標はそれでいいのですが・・・ない人がほとんどかと思います。

そんな人でも安心してください。
個人的にオススメできる目的と目標を紹介します。

おすすめの目的・目標

  • 目的:就職・転職 or 人生の選択肢を増やす or (サービスを作って)社会貢献
  • クラウドソージングサイトなどで案件を受けてみる

就職・転職目的や、自分の作ったサービスで社会貢献を目的とするのは結構難易度が高いです。

そこで、人生の選択肢を増やすことを目的にするのが良いかなと思います。

プログラミングは場所が自由であったり、自分の作りたい物を作れたりなど、とにかく自由度が高い。

なので、人生の選択肢がかなり増えてきます。
人生の選択肢が増えると気持ちも楽になるので、その辺りを目的として考えてみると良いかと思います。

目標を「案件を受ける」にしたのは、案件をこなすことでスキルの証明になるからですね。

案件をこなすことができれば、確実に人前でプログラミングができると言い張れますので、そこを目標にするのが良いでしょう。

3.初心者が趣味としてプログラミングを学ぶ方法

プログラミングはとにかく学ぶことが多い。

それゆえに、挫折することが多々あります。
私も、学びたて3か月目くらいは「プログラミング向いてねぇ・・・」と思いながらやってました。

途中でどうしても壁にぶち当たるんですよね・・・。

趣味はやっぱり楽しくないと意味がないので、挫折しにくい学習方法について解説します。

まずは学習する内容(言語)を決める

プログラミングには、色々言語があります。

その言語によって、できることが全然違います。
今後のことも考えて、「みんなが使っていて(つまり学習が簡単目で)」「稼ぎやすい(需要がある)」言語を選択すべきです。

上記を満たすのは、Web系の言語(Webサイトを構成していく言語)のPHPかなと思います。

もちろんこのサイトもPHPというプログラミング言語で動いています。

他にはPythonやRubyといった言語だと、みんな使っていて稼ぎやすいかなと思います。

実際にプログラミング学習を開始する

実際にプログラミング学習を開始する

言語を決めたら即学習です。他にやることも特にないので。

準備物はPCだけ。windowsでもmacでもOKです。

プログラミング言語を学ぶ方法は、本を読むとか、サイトで学習するなどがありますが、それだと挫折しやすいです。

自分の場合は、教えてもらいつつ徐々に徐々に達成していきました。
どうしても「わからない」壁にぶち当たって数時間経過しても分からない。みたいな状況に陥るので、教材選びはマジで大事です。

結論として、

プログラミングスクールに2ヵ月通う→独学・実践(案件をこなすなど)

が挫折しにくいかなと思います。

やはり、人に教えてもらうことが一番挫折しにくいです。

スクールに通うことで学習のモチベーションも上がります。

逆に言えば、生半端な気持ちではスキルとして習得するまでには至らないかなぁ・・・という感じ。

そもそもプログラミングは専門学校や大学で3~4年教えてもらいつつ習得していくものでもあるので、やはり独学だけでというのは難しいかと思います。

プログラミングスクールのおすすめについては、以下の記事に書いています。

上記記事にも書いているのですが、TechAcademyというスクールは、1週間無料体験も可能です。
1週間無料の体験でも学習価値がかなり高いので、「いや、自分は独学で学んでやるんだ・・・」という人でも受けてみると全体像が分かって理解速度も上がると思います。
>>TechAcademyの無料体験

プログラミングスクールは安いところでも2ヵ月で10万円ほどとかなり高いです。

しかし、プログラミングの趣味=資格習得を趣味にするといっても過言ではありません。

資格習得の際に必ず初期費用が必要になるのと同じで、プログラミングでも初期費用は大切になってくるかなぁ・・・という感じ。

ただ、プログラミングの場合はスキルが身に付きさえすれば後で取り返すのはかなり簡単ですね。

スクールという挫折しにくい環境で基礎を学んだ後に、無料サイトなどで復習しつつ、簡単な仕事を受けてみましょう。

上記の通りにやれば、月5万円・・・いや、月10万円を稼ぐことも十分に可能です。

4.プログラミングを趣味として始めるためのまとめ

趣味として始めるためのロードマップは以下の通り。

プログラミングを趣味として始めるロードマップ

  • 言語を決める
    PHPかPythonかRuby。(スクールとかなら相談して決めたらよさそうです)
  • プログラミング学習を開始する
    挫折しにくいのはプログラミングスクール。
    >>おすすめのプログラミングスクール
  • 簡単な案件をこなすなどして、人に言える実績を積む。

最後に、「趣味として始めるのに大金はかけられない!!」という方向けに、以下の記事も用意しました。

無料でプログラミングを学べるサイトは結構ありまして、絶対独学で!!という人はこちらもオススメです。

やはりスクールに比べて挫折はしやすいかもですが、選択の1つとして考えてみても良いと思います。

2か月ほど頑張れば見える世界は本当に変わります。

趣味としてプログラミングを始めるのであれば、一旦自分で何かを作れるレベルまでいかないと面白さは分からないはず。

その為にも、最初は本気で学習にコミットしましょう!