【随時更新】プログラミングスクール総合ランキングはこちら

DMM WEBCAMPとテックキャンプを比較!どっちを選ぶのが正解?

DMM WEBCAMPとテックキャンプを比較!どっちを選ぶのが正解?

プログラミングスキルを身に着けて転職したいけど、DMM WEBCAMPとテックキャンプどっちがいいんだろう・・・?

DMMWEBCAMPとテックキャンプはどちらも転職向けのスクールとして有名ですが、どちらに行くべきか悩む人も多いと思います。

早速ですが、結論は以下の通り。

DMM WebキャンプかテックキャンプのYes NOチャート

結論
  • 30代ならテックキャンプ
  • 20代で離職中ならDMM WEBCAMP 短期集中コースか専門技術コース
  • 20代で在職中、給付金が受け取れそうならテックキャンプ 夜間・休日コース
  • 20代で在職中、給付金が受け取れなさそうならDMM WEBCAMP 就業両立コース

今回の記事では、両スクールを比較しつつ、なぜ上記の結論に至ったかについても解説していきます!

DMM WEBCAMPとテックキャンプはどっちがおすすめか?

記事の冒頭でも紹介した結論に至った理由をサクッと解説していきます。

DMM WEBCAMPをオススメできる人はこんな人

DMM WEBCAMPをオススメできる人
  • 20代で未経験からエンジニア転職したい人
  • 転職後の働きやすさにもこだわりたい人

DMM WEBCAMPは転職後の働きやすさにも力を入れており、転職後の離職率はわずか1%となっています。

転職サポートも専用のアドバイザが的確なアドバイスをくれて、面接対策や履歴書添削など、幅広いサポートを受けることができます。

また、DMMならではのコネクションを活かした転職先も豊富で、転職に失敗しないように個人個人に沿った転職先を提案してもらえます。

カリキュラムも実践的でチーム開発が取り入れられていることなど、転職後も困ることがないレベルのスキルを身に着けることが可能です。

maipyon

やはり転職をしたい人にとって気になるのは『転職できるかどうか』ですが、その点については両スクールとも問題ないと思います。
そのため、20代であれば転職後の離職率が低いDMM WEBCAMPがオススメです!

徹底した転職サポートが売りなので、転職の面で困ることはないでしょう。

転職後の離職率の低さがポイント!

参考DMM WEBCAMP エンジニア転職の口コミ・評判は?【長期目線で考えると最高】

テックキャンプをオススメできる人はこんな人

テックキャンプをオススメできる人
  • 30代からでもエンジニアに転職をしたい人
  • 30代でも転職保障制度を利用したい人
  • 働きながらでも給付金を利用して安くスクールを受講したい人

DMM WEBCAMPとの大きな違いは、30代以降の人も受講を受け付けている点。

maipyon

実際の受講生も、30代の方は30%~40%とかなり多いそうです!

DMM WEBCAMPでは、最初のカウンセリングの時点で30代以降の人はほとんど選考で落としています。
また、原則20代の方しか転職保障(転職できなければ全額返金)を受けることはできません。

また、給付金を夜間・休日コースでも受け取れる可能性があるという点も大きいですね。

DMM WEBCAMPの方では、働きながらだと時間的に受講が厳しい専門技術コースでのみ給付金を利用できます。

そのため働きながら受講する人は値段を考えるとテックキャンプの方が良いという事になります。

テックキャンプでは自己解決能力が高い人材になれるようなカリキュラム内容となっており、転職後も困ることは少ないでしょう。

30代でも徹底した転職サポートを受けたいという人にとっては本当にオススメです。

30代でも転職保障を受けられる!

参考【真相】テックキャンプエンジニア転職の感想を元受講生が解説【転職成功】

DMM WEBCAMPとテックキャンプの比較一覧

各スクールどちらがオススメかを紹介してきましたが、ここでDMM WEBCAMPとテックキャンプの特徴を比較していきます。

以下の9のポイントについて徹底比較していきます!

比較するポイント
  1. 転職完了までの期間
  2. 受講費用
  3. 全額返金保証の期間
  4. 転職保障について
  5. 年齢制限
  6. 学習できる言語
  7. カリキュラム
  8. 講師の質
  9. 転職先

重要視する点をしっかりと比較しつつどちらのスクールにするか考えてみてください!

転職完了までの期間を比較

転職完了までの期間は以下の通り。

DMM WEBCAMPとテックキャンプの転職期間

DMM WEBCAMPは(短期集中コースの場合)3ヵ月の学習を終えた後、3か月間の転職活動を経て内定を目指す内容になっています。

一方テックキャンプでは、10週間の学習を終えた後、182日間の転職サポートの間に内定を目指す内容となっています。

maipyon

なお、コースによっては学習期間が4ヵ月になったり半年間になったりしますが、転職活動中のスケジュールは同じです!

ちなみに、学習時間としては以下の通りです。

  • DMM WEBCAMP:620時間くらい(チーム開発があるので人によって異なる)
  • テックキャンプ:600時間

学習量としてはどちらも同じくらいという事になります。

受講費用を比較【給付金で大きく変わる】

次に受講費用について比較していきます。(コスパも大事なので、学習期間も掲載します。)

maipyon

コースによって1日の学習時間が異なる(就業中だと到底無理なコースもある)ので、あなたの状況に応じて比較対象を絞りましょう!
  • DMM WEBCAMP 短期集中 or 専門技術コースとテックキャンプ短期集中スタイル:現在離職中の方向け
  • DMM WEBCAMP 就業両立コースとテックキャンプ夜間・休日スタイル:働きながら受講したい方向け
DMM WEBCAMP
エンジニア転職
DMM WEBCAMP
エンジニア転職
テックキャンプ
短期集中スタイル
テックキャンプ
夜間・休日スタイル
公式サイト DMM WEBCAMPエンジニア転職 DMM WEBCAMPエンジニア転職 テックキャンプ テックキャンプ
通常料金 短期集中コース:690,800円(税込)

専門技術コース:910,800円(税込)

就業両立コース
889,350円(税込)
オンライン:657,800円(税込)

通学:767,800円(税込)

オンライン:877,800円(税込)

通学:987,800円(税込)

給付金を利用した際の料金 専門技術コースのみ利用可能。
実質350,800円(税込)
利用不可 実質197,340円(税込) 実質317,800円(税込)
学習期間 短期集中コース:3ヵ月
専門技術コース:4ヵ月
6ヵ月 10週間 26週間

maipyon

なお、テックキャンプはコロナウイルスの影響により通学での受講ができない場合があります。
詳細はテックキャンプ公式ホームページを参考にしてください!

給付金を受け取れるかどうかという点や、就業中かどうかによってもどちらを選択するのが良いか大きく変わってきます。

料金だけを考えると、

  • 給付金を使える人
    現在離職中→DMM WEB CAMP 短期集中 or 専門技術コースとテックキャンプの両コースを比較
    現在就業中→テックキャンプ(夜間・休日スタイル)
  • 給付金を使えない人
    料金以外の部分で比較

という形になりそうです。

給付金を受け取れるコースは経済産業省の第四次産業革命スキル習得認定講座かつ厚生労働省指定講座で専門実践教育訓練給付制度の対象です。

一定の条件を満たせば受給することができます。

受給するためには、最寄りのハローワークにて確認して、受講開始1か月前までに申し込みを行う必要があります。

条件に付いては各スクールの無料カウンセリングにて確認してみましょう!

全額返金保証の期間

受講開始から数日の間に受講を辞める場合、全額返金されます。

期間としては以下の通り。

DMM WEBCAMP テックキャンプ
全額返金保証の期間 契約締結日から20日以内 契約締結日から14日以内

maipyon

スクール受講のハードルは高いとは思いますが、返金保証期間もあるので最初は結構軽い気持ちで受けてもいいんじゃないかなぁと思います。

転職保障について【コースによってはあり】

双方のスクールで、受講後に一定期間転職ができなかったなどの条件を満たせば、受講費用が全額返金される『転職保障』があります。

条件としては以下の通り。

DMM WEBCAMP テックキャンプ
転職保障について 転職サポート開始から3か月経っていて、
紹介された企業に落ち続けている時
転職サポート開始から182日間経っていて、
紹介された企業に落ち続けている時

なお、DMM WEBCAMPについては、転職保障があるのは『短期集中コース』『就業両立コース』のみなので注意してください。

条件が優しいのはDMM WEBCAMPになりますね。

年齢制限について【DMM WEBCAMPは年齢制限アリ】

年齢制限については以下の通り。

DMM WEBCAMP テックキャンプ
年齢制限 20代(30代は選考落ちが多い)
転職保障を受けられるのも原則20代
制限なし
転職保障を受けられるのは30代まで

30代の人は、基本的にはテックキャンプを選択することになります。

DMM WEBCAMPは一部30代の方がいるようですが、前職でのキャリアなど人による部分が大きいです。

maipyon

転職保障制度も価格の内と考えたら、30代は基本テックキャンプで考えるべきですね。

学習できる言語について

学習できる言語はどちらのスクールも同じになります。

学習できる言語
  • HTML/CSS
  • Javascript
  • Ruby
  • Ruby on Rails
  • AWS
  • GitHub

どちらのスクールでもWebアプリケーションを作るというカリキュラム内容になっていますね。

特に差異はないですし、他スクールでも似たような言語を学習するので、大きく気にすることはないでしょう。

カリキュラムについて

DMM WEBCAMPはチーム開発があるのが特徴です。

1か月にも及ぶチーム開発で自分の得意不得意が分かりますし、実践的な学習ができてその分鍛えられます。

maipyon

ただ、カリキュラムの難易度については両スクールとも同じくらい難しいと考えていいのではないかなと思います!

学習の進め方については、どちらのスクールでも基本自習で理解を深めつつ、分からないところがあれば質問するという形式。

ここのカリキュラムの良しあしで転職後の働きやすさが全然違う・・・みたいなことはないので大きく気にすることはないかなと思います。

講師の質について

講師の質はどちらも同じくらいですね。

DMM WEBCAMPでもテックキャンプでも、最初の方はアルバイトや卒業生の方などもいますが、カリキュラムの終盤では現役エンジニアが多くなります。

1人がつきっきりで教えてくれるというシステムでもないので、相性の良しあしもあまり気にしなくていいでしょう。

なお、他にも双方のスクールでメンタルアドバイスやモチベーション管理をしてくれるライフコーチがいます。

maipyon

プログラミングは難しく、モチベーションの面でどうしても諦める人が多いから重要な存在です。

講師の質で選択を考える必要は特にないかなと思います。

転職先について

それぞれの公式サイトで紹介されている転職先企業は以下の通り。

DMM WEBCAMP

DMM WEB CAMPの転職先の例

転職先企業は以下の通り。

DMM WEB CAMPの進路割合

  • 自社開発:自社ですでにサービスを持っている会社。いわゆる花形。
    クラウドワークスなんかが分かりやすい例ですが、就職難易度は高いです。
  • 受託開発:他の企業や個人から「こういうものを開発してほしい!」と依頼されて開発する会社。
  • SES:自社のエンジニアの労働力を提供する会社。
    ブラック企業が多いとよく聞く形態でもありますが、内情は色々です。

テックキャンプ

テックキャンプの転職先企業

転職先企業は以下の通り。

テックキャンプのエンジニア転職卒業後の就職先について

双方で大きな偏りはないかなと思います。

ただ、DMM WEBCAMPは転職後の離職率の低さが1%となっていまして、その点を考えるとDMM WBCAMPが有利かなと感じます!

未経験からのエンジニア転職を成功させたいなら

※スクールへの強い勧誘もありません

DMM WEBCAMPとテックキャンプの比較まとめ

ということで結論をおさらいしておきます!

大きな違いがあるのは以下の4点。

  • 年齢制限
  • 学習期間および転職するまでの期間
  • 料金(給付金も加味すること)
  • 転職活動内容(特に転職後の離職率)

それらを考えたときに、以下の結論になります。

DMM WebキャンプかテックキャンプのYes NOチャート

結論
  • 30代
    そもそも選考落ちする可能性があるのでテックキャンプ一択
  • 20代で離職中
    テックキャンプ短期集中コースとDMM WEBCAMP 短期集中 or 専門技術コースを比較
    転職後の離職率の低さから、DMM WEBCAMPがオススメ
  • 20代で在職中、給付金が受け取れそう
    DMM WEBCAMP 就業両立コースとテックキャンプ夜間・休日コースを比較
    給付金でかなり安くできるため、テックキャンプ夜間・休日コースがオススメ
  • 20代で在職中、給付金が受け取れなさそうなら
    DMMWEB CAMP 就業両立コースとテックキャンプ 夜間・休日コースを比較
    料金や転職後の離職率の低さからDMM WEBCAMP 就業両立コースがオススメ

これでどちらのスクールにするべきか?どのコースにするべきか?というのが分かったのではないかと思います!

本記事を読んで、それでも悩んでいる人は両スクールの無料カウンセリングを受けて詳しい学習形態や雰囲気で決めるのがオススメです。

未経験からのエンジニア転職を成功させたいなら

※スクールへの強い勧誘もありません

30代でエンジニアへの転職を考えているなら

※スクールへの強い勧誘もありません

また、実際の受講生にインタビューした内容を元にしたレビュー記事もありますので、そちらを読んで決めるのもいいのではないかなと思います。

DMM WEBCAMP エンジニア転職の口コミ・評判は?【長期目線で考えると最高】 DMM WEBCAMP エンジニア転職の口コミ・評判は?【長期目線で考えると最高】 DMM WEBCAMPエンジニア転職の口コミ・評判を受講生からインタビューしつつ現役エンジニアが書いていきます。離職率の低さが素晴らしく、転職するならホワイト企業がいい!という人はDMM WEBCAMPで決まり! 【真相】テックキャンプエンジニア転職の感想を元受講生が解説【転職成功】 【真相】テックキャンプエンジニア転職の感想を元受講生が解説【転職成功】 テックキャンプエンジニア転職の感想を元受講生の感想を元に書いていきます。テックキャンプは悪い評判もよく見るのですが、真相を伝えます。結論ですが、かなり良いプログラミングスクールではないかと思います。