【目標月5万】大学生がプログラミングで稼ぐ全手順【バイト以外で稼ぐ】

【目標月5万】大学生がプログラミングで稼ぐ全手順【バイト以外で稼ぐ】



バイト以外で稼ぎたいと思っています。
プログラミングがよさそうなんですけど、どうやって始めたらいいですか?
プログラミングの始め方を「稼ぐ」ことに特化して教えてください!

プログラミングで大学生の内から稼ぎたいと思う人は多いのではないでしょうか。

私も「スキルが貯まるようなバイトができたらなぁ」と思っていました。

私が最初にバイトをしたのは時給800円の飲食店。合わなさ過ぎて3日で辞めると告げました。

その後スキルが貯まることをしたいと考えてプログラミングを学習し、大学生で時給は2000円となりました。

この記事では、プログラミングで稼ぎたいんだけど、手順が分からない・・・という人向けに学習手順を書いていきます。

この記事の信頼性

この記事を書いている私は現役のWeb系エンジニアです。

大学生の時にプログラミングを始め、大学生の時に月に10万円ほど稼いでいました。

また、月間10万PVを超えるメディア『テレラボ』さんにて、当記事が紹介されました!

この記事は月5万円を目標にしたロードマップで、何回も読んで参考にしてほしいと考えています。
ブックマーク or URLをどこかに保存するなどして進めてもらえると嬉しいです!

この記事のURLとタイトルをコピーする

【大学生がプログラミングで稼ぐ手順①】HTML・CSSからスタートがオススメ

早速ですが、学習手順は以下の通り。

【大学生がプログラミングで稼ぐ手順①】HTML・CSSからスタートがオススメ

学習手順
  1. HTML・CSSを学ぶ
  2. サイト模写を複数回する
  3. Javascript(jQuery)を学ぶ
  4. PHP/WordPressを学ぶ
  5. 案件をこなして月5万円を目指す

手順が多いですが、半年ほどで達成できます。

目標としている月5万円は1つの仕事を終えたら完了するくらいの単価レベルなので、ぶっちゃけスキルさえ付けば目標金額までは余裕です。

なお、プログラミングをスタートするときはTechAcademyの無料体験からスタートするのが近道。
最初にプログラミングってこういうもんか~というのがたったの1週間で分かって、その結果今後の学習もスイスイ進むので最高。
>>TechAcademyの無料体験レビューはこちら

さて、大学生がプログラミングで稼ごうと思ったら、Web制作で稼ぐことを目指すのが難易度的にもオススメです。

スタートの際は、HTML・CSSから学習をスタートさせるのがオススメです。

【大学生がプログラミングで稼ぐ手順】HTML・CSSを学ぶ

【大学生がプログラミングで稼ぐ手順】HTML・CSSを学ぶ

HTML・CSSの学習方法は色々ありますが、一番オススメなのは「Progate」ですね。

月1,078円(税込)と格安で、実際に手を動かしつつ学ぶことができます。

例えば本とかで学習するのも良いのですが、読んでも「理解した風」になって実際には全く使い物にならない・・・というケースもあります。

今は格安で学びやすいサイトが増えてきましたので、そういったサイトで学習するのがオススメ。

他にもProgateのような格安で学べるサイトはありますので、『【使い倒せ】無料で練習できるプログラミング学習サイトでかなり学べる件』で確認してみてください!

【大学生がプログラミングで稼ぐ手順②】サイト模写を複数回してスキル定着

【大学生がプログラミングで稼ぐ手順②】サイト模写を複数回してスキル定着

HTMLとCSSが学べた時点で自分の思い描くWebサイトを作れます。

とはいえ、まだまだしっかり身に付いていないと思うので、サイト模写(模写コーディング)から入っていきましょう。

模写コーディングとは、実際に存在しているサイトを参考にして、自分の手元で同じ見た目になるようにコーディングしていくことです。

私も模写コーディングをして学習しましたが、爆速で成長できました。

模写コーディングのやり方については、『【準備編】模写コーディングの具体的なやり方【自分もこれで鬼成長しました】』の記事を参考にしてみてください。

デベロッパーツールを使えるようになろう

模写コーディングの際に必須となるスキルがデベロッパーツールの使い方ですね。

Google Chromeなどのブラウザの機能の1つでして、実際のサイトのHTMLやCSSを覗くことができます。

模写コーディングのやり方【ソースコードの確認方法】

デベロッパーツールの開き方

Macの人:option + + i
Windowsの人:ctrl + shift + i

その状態で以下の画像の①をクリックした後、調べたい要素の場所でクリック(②)すると、HTMLやCSSが確認(③)できます。

デベロッパーツールを使えるようになろう

模写コーディングの際には「ここってどうやって実装しているんだろう・・・」と思う部分がありますので、ひたすらデベロッパーツールを使っていきます。

時には答えを見ることになりますが、最初は仕方ないと割り切ってでも進めることが大事です。

模写コーディングがキツイと思ったら

そもそも、模写コーディングはかなりの時間がかかるものです。

  • 時間はかかっても良い
  • 実際の書き方と全然違っていても、見た目がそこまで変わらなければOKとする
  • 実際の書き方を見ても(つまり答えを見ても)OK

上記のことを意識しつつ、それでも難しければ基礎学習(Progateなど)に戻りましょう。

maipyon

私もなかなかうまくいかず、自分なりの実装をするができない→実際のコードをみると全然違う!
ということが頻繁に起き、「センスないのかな・・・」と思う時もありました。

そもそも実際のコーディングが絶対的な正解というわけでもないので、とりあえず実装→答え合わせを繰り返しつつ見た目を近づけるようにしましょう。

【大学生がプログラミングで稼ぐ手順③】サイトに動きを付けるためjQueryを学ぶ

【大学生がプログラミングで稼ぐ手順③】サイトに動きを付けるためjQueryを学ぶ

ここまでできるようになったら、サイトに動きを付けるために「jQuery」を学習しましょう。

例えば冒頭でも設置していたURLコピーボタンがクリックで文字や色が変わったり、数秒後に再度クリックできるようになる仕組みはjQueryで作成しています。

▼実際に動きを確かめてみてもらえたら分かりやすいかと思います。

この記事のURLとタイトルをコピーする

こんな感じで、「クリックしたら変化する」や「アクセスしたらふわっと表示させる」なんていう動作を付けることができます。

jQueryはJavascriptの仲間でして、Javascriptよりも直感的に書いていけるという感じです。

こちらもProgateなどで学習し、模写したサイトに動きを付けてみましょう。

jQueryとJavascriptを使用してミニゲームを作成する

jQueryとJavascriptを使用してミニゲームを作成する
模写したサイトに動きを付ける・・・といっても、正直一回だけでは経験値が足りません。

そこで、簡単なミニゲームを作成するのがおすすめです。

maipyon

私の場合は、Web上で動く3目並べを作成しました。
3×3の表を用意して、クリックすると〇が置かれて次の人のターンへ・・・という感じです。

クイズゲームとか、もぐらたたきとか、ルールが超簡単なものがオススメです。

Javascriptも学ぶ必要がある?

ミニゲームを作成するとなると、結構複雑になってきますのでJavascriptの知識も必要になってきます。

最終的には、jQueryもJavascriptも同時に使用するという形になると思います。
最初の頃はjQueryとJavascriptを同時に使う感覚が分からないと思うので、ミニゲームを作成しつつ感覚を掴むのがオススメです。

HTML/CSSだけでも案件獲得は可能なのですが、簡単な動きを付けたいという要望も沢山あるので、ぜひ理解しましょう!

【大学生がプログラミングで稼ぐ手順④】WordPress学習で案件の幅と単価アップを狙う

【大学生がプログラミングで稼ぐ手順④】WordPress学習で案件の幅と単価アップを狙う

WordPressを学習すれば、受注できる案件の幅がグッと広がりますし、単価も一気にアップします。

WordPress関係の単価はコーディング案件より2倍3倍と高いものが多く、稼ぎたいならぜひとも身につけておきたい内容です。

ここまでの内容でも稼ぐことは可能です

ここまでの内容:「コーディング案件」を受注できるレベル

ここからの内容:「WordPress案件」を受注できるレベル

Web制作で稼いでいる人たちは、もれなくWordPress案件をこなしていると思ってもらってOKです。

なぜ稼ぐためにWordPressを学ぶのか?

WordPressを学ぶ理由は、WordPressで作られたサイトが日本で8割以上を占めており、需要も高いため。

プログラミングは稼ぎやすい
CrowdWorks(クラウドワークス)でWordPress案件を検索した結果ですが、案件数は2000以上見つかりました。
応募がなさ過ぎて困るということはないですね。

そもそもWordPressって何?という話ですが、WordPressはサイトの作成やブログの作成ができるCMS(コンテンツ管理システム)の1つです。

maipyon

ややこしいので一言でいうと、『サイト・ブログを簡単につくれて、その後の管理も簡単にできる仕組み』のことです。

記事更新を簡単にできるシステムがあり、このサイトもWordPressを使っています。

WordPressはカスタマイズが自由でして、ECサイトや店舗サイトなど、どんなサイトでもカスタマイズして作成することができます。

カスタマイズにここまでに紹介したような知識が必要になってくるので、「サイトを指定のデザインで作りたい」や「機能を追加したい」といった案件が多くあります。

【朗報】WordPressはそこまで難しくない

学ぶこと多すぎ・・・

となっている人もいると思いますが、WordPressはそこまで難易度は高くありません。

WordPressはHTML、CSS、Javascript(jQuery)、PHPなどで構成されてるため難易度は低めです。

【朗報】WordPressはそこまで難しくない

maipyon

私の場合、ブログ運営のためにデザインカスタマイズをゴリゴリやっていたら仕組みや書き方を網羅できました。

自分で思った通りのページが作れるよという人であれば、そこまで難しくないかと思います。

WordPress学習の前に、まずはPHPを学習しよう

先ほども述べた通り、WordPressはHTML、CSS、Javascript(jQuery)、PHPなどで構成されています。

WordPressを学習するには、PHPの基礎知識が必須となります。

PHPでできるようになることの例

HTML・CSSだけ→ブログ記事が10記事あったら、記事一覧は1記事ずつコードを書いていく必要アリ

PHP→ブログ記事が10記事あったら、記事一覧は1記事目のデザインを10回繰り返して出力させればOK

こんな感じで、PHPは主に仕組みの部分で必須になってきます。

WordPressを学ぶなら、実際にサイトを立ち上げよう

WordPressを学ぶなら、実際にサイトを立ち上げよう
WordPressでサイトを立ち上げるためには、サーバーやドメインが必要となってきます。

WordPressに必要なもの

3つも用意する必要があってめんどくさいと思うでしょうが、「ConoHa WING」のサービスを使えば1か所のみの契約で終了します。

「ConoHa WING」はレンタルサーバーのサービスなのですが、初心者向けで本当にサイトの立ち上げが楽です。

ポートフォリオを公開するならConoHa WINGで30分で完了!【HTMLやWordPressも】」にて立ち上げ方を解説していますので、参考にして立ち上げてみましょう!

「サーバーやドメインの知識を付けてもらいたい」ということと、「WordPressでサイトを立ち上げる経験を積んで欲しい」から、実際に立ち上げることを強くオススメします!

実際に「WordPressでサイトを立ち上げからやってほしい!」「立ち上げだけしてほしい!」という案件もあるくらいでして、経験すべきですね。

以下の記事にて、画像を大量に使って解説しています。
解説記事なしではとてもじゃないけど進められないので、参考にしてみてください。

ポートフォリオを公開するならConoHa WINGで30分で完了!【HTMLやWordPressも】 ポートフォリオを公開するならConoHa WINGで30分で完了!【HTMLやWordPressも】 この記事の通りに進めれば、30分でWordPressの立ち上げ・ポートフォリオのアップロードが完了します!ポートフォリオ作成時のホスティングやWordPress学習の参考になる記事になっています。

WordPressを実際に学習していく手順

WordPressの立ち上げができたら、以下の手順で学習していくのがオススメです。

  1. WordPressの無料テーマをカスタマイズして、実際にあるサイトに近づけてみる
  2. 自作テーマを作成してみる

1つずつ解説していきます!

WordPress無料テーマをカスタマイズして、実際のサイトに近づける

WordPressにもともと入っている無料テーマがあると思うのですが、そちらを魔改造していく感じです。

元々入っているテーマについて

元々入っているテーマはTwenty 〇〇だと思いますが、2020年版だとTwenty Twenty、2021年版だとTwenty Twenty-oneとなります。

基本的に、最新のものを使えば大丈夫です。

例えば見た目だけでもこのサイトに近づけるとかでもかなり学習になるかと。

WordPressはヘッダー部分のファイル、フッター部分のファイル、トップページ用のファイル・・・
というように、機能ごとにファイルが分かれています。

最初は戸惑うかと思いますが、中身はHTML、CSS、PHPのいずれかです。

ここまで学習している人なら、「何をしているか」くらいは分かります!

なお、途中でWordPress特有の関数などがありますが、ググればOK.
WordPressは世界中で使われているので、解説ページがいくらでも出てきます。

maipyon

立ち上げたサイトは全世界中に公開されています!
カスタマイズやテストの際はタイトルや記事内容は著作権的な問題が起きないよう、変更するようにしてくださいね!

目安として、「トップページ部分だけでも変更」がおすすめです。

ヘッダー・フッター・トップページ部分をガッツリ編集することになるので、記事一覧の出し方やWordPressの構成など、WordPressの理解も進みます。

WordPressの自作テーマを作ろう

カスタマイズの感覚が分かってきたら、自作テーマを作ってみましょう。

  • 0からブログサイトを作る
  • 0からコーポレートサイトを作る

ということになるので、デザイン・コーデイング・WordPress化まで全部やることになります。

この自作テーマができれば実績にもなりますし、WordPress案件なら何でもどうぞ!くらいのレベルになれるかと。

なお、自作テーマ作成までをステップ別で解説した『【ステップ別】WordPress初心者が独学でテーマを自作するための学習方法を解説』という記事もあるので、参考にしてみてください!

WordPressのテンプレートのカスタマイズを覚えよう

最後に、WordPressの案件のアドバイスを。

案件を1からこなしていくのは超大変です。

WordPressのテンプレートのカスタマイズを覚えよう
そこで、元々仕上がっているWordPressテーマ(テンプレート)からカスタマイズして、それを納品するというのが最速です。

ただ、このテンプレートカスタマイズだけしかできないと、できる案件が少ないので、一度は自作テーマを作ることをおすすめします。

テンプレートカスタマイズの利点

テンプレートからカスタマイズすれば、時間がかからず、SEOにも強いです。

SEOにも強いとは、検索上位にも上がりやすいということですね。
基本的にWebサイトは検索により集客することが多いので、SEOに強いと喜ばれます。

このテンプレートですが、有料の物を購入するしかないですね・・・機能もしっかりしていますし、SEOにも強いです。

maipyon

私の経験で言えば、サイトを無料テンプレート→有料テンプレートに変えただけで「読みやすい」と言われることが多くなりました。
また、SEOにも強くなったので、検索順位も上がり、PVも一気に上がりました。

一番多くのサイトに対応できるのが「AFFINGER6」です。

AFFINGER6
AFFINGER6を使用したサイト例ですが、1つテーマがあるだけでこれだけ多くのサイトへカスタマイズできます。
初期設定に専門的な知識がいらず、クリックしていくだけで上記のようなサイトを作り上げられる優れものです。

1案件で何十時間もショートカットできるものになりますし、提案の武器としても使えますので、高いのですが投資ですね。

こちらを購入し、案件を見てサクッと近いところまで組み立て→提案の武器として見せる

この手法が使えるようになるとかなり案件もとりやすいのでオススメです。

【大学生がプログラミングで稼ぐ手順⑤】クラウドソージングで案件獲得して稼いでいこう

【大学生がプログラミングで稼ぐ手順⑤】クラウドソージングで案件獲得して稼いでいこう

ここまでくればあとは案件をとっていくだけですね!

手順は以下の通り。

  1. クラウドソージングに登録
  2. プロフィールを整える
  3. 案件に提案していく(まずは不利な状況でOK)

順を追って説明していきます!

クラウドソージングサイトに登録する

代表的なクラウドソージングサイトは以下のようになっています。

代表的なクラウドソージングサイト

ココナラは意外かもしれませんが、プログラミング関係の案件数もかなり多かったので、普通に使えます。

3サイト紹介しましたが、最初は案件が取れないと思いますので、どうしても多くの案件に応募する必要があります。
技術的な面で考えるとどうしても1サイトだけだと数が足りず難しいですし、登録自体は無料なので複数登録しましょう。

各種認証を手続きをしてプロフィールを整える

登録したら、本人確認などの各種認証をしてプロフィールを整えていきましょう。

誰とも分からない人に任せたくないですし、実績もないのでかけるところだけでもガッツリ書いておきたいところです。

プロフィールに書き込むと良いこと

  • 挨拶文(プロフィールをご覧いただき、ありがとうございますとか、名前とか)
  • 経歴
  • 可能な業務内容
  • 使用言語
  • 使用ツール(WordPressやフォトショップなど)
  • 稼働時間
  • 連絡手段
  • 納期に関する内容
  • 自己PR

他の人を何人か見て、形式を真似ちゃっていいと思います。

案件に提案して案件を勝ち取ろう

最初は案件が取れないと思いますので、まずは実績作りに専念しましょう。

  • 値段はかなり下げる
  • 相手が欲していることを考えてプラスで提案
  • 提案文にポートフォリオを載せて、自己アピール

例えば「カスタマイズされた検索機能を実装したい」とかの内容だと、「今後カスタマイズ内容が増えても自動で対応できるような仕組みにします」とか「カテゴリ検索だけでなくタグ検索も実装します」とかですね。

追加で相手がされて嬉しい提案ができるように考えましょう。

ポートフォリオ掲載は必須レベル

今までやってきた学習内容を、WordPressの固定ページにでも載せましょう。

未経験でも、模写したサイトや作成したテーマなどを掲載し、自分のレベルを相手に見せることが大切です。

最初は不利な状況で挑んでOK

最初は滅茶苦茶不安かもしれませんが、挑戦することが大事です。

目安としては、8割くらい実装できるイメージが湧けば提案してOKです。

2割分からない部分がある状態=成長できる部分でして、レベルアップを図れます。

maipyon

今は現役エンジニアに相談できるサービスなどもググれば出てきますので、ヤバいと思ったら優秀な人に助けてもらうという手段をとれば何とかなります。

不安もあると思いますが、挑戦しないと一生全く稼げません。勇気を出して頑張りましょう!

【半年で達成できる】ここまでくれば大学生でもプログラミングでガンガン稼げる

【半年で達成できる】ここまでくれば大学生でもプログラミングでガンガン稼げる

ここまで紹介してきた手順は以下の通り。

学習手順
  1. HTML・CSSを学ぶ
  2. サイト模写を複数回する
  3. Javascript(jQuery)を学ぶ
  4. PHP/WordPressを学ぶ(実際に立ち上げて学習)
  5. 案件をこなして月5万円を目指す

「結構道のり長いな・・・」と思った人が大半だと思います。

ただこれ、半年あれば達成可能です。

おそらく優秀な人だと3ヵ月くらいですかね。かけられる時間が多い人はそのくらいで達成できると思います。

問題なのは一番最後ですが、実績が貯まってきたら仕事も受けやすくなります。

月5万からスタートして、10万、15万、20万・・・とあまり時間をかけずして段々と増えていきます。

ポイントは提案とポートフォリオ。

提案のスキルも実際に経験して伸ばしつつ、徐々に人生を変えてみてください!

プログラミングは最初の一歩を踏み出すかどうかで大きく変わってきます。

最初にも書いていますが、一番最初の一歩を踏み出すならTechAcademyの無料体験がオススメです。

HTML~Javascriptまでサクッと学べて、かつ現役エンジニアへの質問も可能。
どう動いていいのかわからない人にとっては最高の近道です。

よくわかっていない状態で調べつつ進むのはかなり時間の無駄ですからね。

最初にサラッと学ぶことで時短にも繋がり、さらにその後の学習も進めやすいのでオススメです。

今後も参考になりそうと思ったら以下のボタンを活用して保存もらえると嬉しいです。

この記事のURLとタイトルをコピーする
最初の一歩はこちらがおすすめ
テックアカデミーの無料体験を受けたがメリットしかなかった件【営業無し】 テックアカデミーの無料体験を受けたがメリットしかなかった件【営業無し】 テックアカデミーの無料体験を実際に受けましたが、得られるものが多すぎて神。最初は営業とかされそう・・・と思っていましたが、そんなこともなく。メリットが多すぎるので、多くの人におすすめしたいですね。