>>【随時更新】目的別プログラミングスクール比較ランキング

プログラミングとブログはどっちがおすすめ?【両方やった体験談から解説】

プログラミングとブログはどっちがおすすめ?【両方やった体験談から解説】

プログラミングがブログをやりたいと思っているけど、どっちがオススメなのかな?
稼ぎたいな~って思うけど、どっちがいいんだろう?

こんな悩みに答える記事になっています。

maipyon

筆者である私は、プログラミングもブログも両方やっています。

プログラミングは本業でやっていますし、このブログも運営暦は3年ほどになります。

この記事では、プログラミングかブログかで迷っている人に向けて、それぞれの特徴からどちらがおすすめできるかについて書いていきます。

結論としては、「まずはブログから始めてみれば?」になります。

記事の後半では、その理由を交えつつ、両者の簡単な始め方についても触れていきます。

この記事を読めば、プログラミングかブログかで迷っている人も、どちらかに決めて一歩進めるのではないかなと思います。

プログラミングとブログ、どっちが稼げるか

プログラミングとブログでは、(うまくいけば)ブログの方が稼げます。

何故なら、収益が青天井だからですね。

プログラミング:どうやったら実装できるか考えていく必要があり、労働収入

ブログ:ほっといても記事が読まれればOKなので、不労所得

上記の性質がある以上、最終的にはブログの方が稼げるという結論になります。

収入が安定しているのはプログラミング

じゃぁブログやればいいじゃん!終わり!・・・という単純な話ではないのが、「プログラミングの方が安定して収入が得られる」という点です。

一度知識さえ付ければ、需要があるため収入が激減することもそうそうないです。

一方ブログは、Googleの検索結果を決める手法をアップデートさせることがあるので、一気にPVが下がるという側面もあります。

Googleアップデート

画像は実際のブログのPVですが、2020年5月あたりで、一気にPVが落ちています。

現在は以前のPVに戻ったものの、残念ながらブログは不安定というデメリットもあります。

余談:Youtubeはどうなのか

じゃぁ逆にYoutubeはどうなの?という話ですが、こちらもブログと性質は似ていますね。

投稿した動画が、自分の分身のようになって昼夜関わらずお金を生み出す。まさに不労所得です。

ただ、Youtubeは認知されるのがかなり難しいので、難易度としては高めかと思います。

maipyon

やってみたけどブログより絶望感が強かった・・・。
凝ったサムネイルも絶対条件ですし、クリックされるタイトルにするなど、より戦略が必要になりそうです。

【実体験】ブログとYoutubeどっちがオススメ?【私はブログを選んだ】』の記事で、性質の似ているブログとYoutubeの比較をしていますので、気になったら読んでみてください。

プログラミングとブログ、どっちが収益を出すのが簡単?

プログラミングとブログ、どっちが収益を出すのが簡単?

収益が出るスピードが速いのはブログです。(収益化が簡単)

私の場合、始めて1か月しない頃には収益が出ていました。

といっても、数円です。銀行にも振り込まれないレベルの金額です。

Twitterを見ても、大抵このくらいで初収益が出ている人ばかりですね。

収益が出るスピードが大事な理由

数円でも、収益が出ればやる気に繋がる→火が付く→そのまま稼げるようになる
という事が起きるため、「継続」の観点から見ると大事なポイントです。

プログラミングは一度学ばないと収益を出せない

一方プログラミングは、一度基礎学習を終えないと収益を出すのは難しいです。

私の場合、プログラミングは大学生の頃からやっていましたが、収益を出せるレベルにまで到達したのは8か月ほどかかっていたのではないかと思います。

ただこれ、収益化を目標にせずに結構ダラダラ学習していたので、ガッツリ取り組めば3~6ヵ月で収益化は可能かと思います。

maipyon

収益を出せるレベル=サービスと呼べる成果物を自力で作れるくらいのレベルとしています。

大きな利点がもう一つあって、大学生の方がプログラミングを学習したら就職活動でも使えます。

将来性の観点から考えると、人によってはプログラミングの方がオススメできます。

参考大学生がプログラミングで仕事・就職で活かせるレベルはどれくらい?【目的次第】

ブログは収益を高めるのが難しい

ブログは収益が出るのが1か月ほどと短期間である一方、最初の収益は数円。

この数円を段々と大きくしていく必要があるのですが、これが難しいです。

イメージとしては、以下の通り。

プログラミングとブログの違い

ブログは指数関数的な成長をします。
最初はちょっとしか稼げないけど、稼げるようになったらかなり稼げるようになります。(青天井)

ブログはいつ稼げるようになるかなんてわからないし、確実性はありません。
方向性を間違えて記事を書き続けた場合、たとえ1000記事書いても稼げません。

一方プログラミングは、プログラミングスキルを身につけるまではしんどいけど、スキルを身につけたら安定して稼げる感じです。(限界有り)

プログラミングはいつ稼げるかもわかりやすいですし、確実性もあります。
気づかないうちに方向性を大きくそれることはあまりないので、継続さえできれば勝ちです。

プログラミングとブログ、どっちが始めやすいか?

プログラミングとブログ、どっちが始めやすいか?

始めやすいのはどちらかと言われると、こちらもブログですね。

いくら初心者とはいえ、1記事あなたの好きなことについて書いてみなよって言われたら、何かしら書けると思います。

もちろん誰かが読んでためになる内容にする必要はありますが、最初の1記事は1日あれば書けるはず。

ライティングスキルやテクニックは、一旦始めてから調べつつ進めるのがオススメです。

肝心のブログの立ち上げ方については『【ConoHaWING】WordPressブログの始め方【初心者でも30分で完了】』で紹介しています!

一方プログラミングはどうやって学ぶか、何から学ぶかなどなど、学ぶ前から決めることが多くてハードルは高めです。

それでも挑戦してみたい方は、『【現役エンジニアが解説】初心者向けプログラミングの始め方【0から1へ】』の記事に目を通してみてください!

プログラミングとブログの費用を比較

費用についても気になる部分があるのではないでしょうか。

プログラミングとブログで費用を比較してみました。

費用について

  • ブログ・・・サーバー代金などが必要で、年間1万円ほど
  • プログラミング・・・学ぶ方法にもよるが、独学で3万円程度、スクールで10万円~

上記のように、費用が少ないのもブログとなります。

maipyon

初期費用については、ブログが5,000円、プログラミングが独学なら3,000円ほどです。
ただプログラミングはその費用だけでは十分学べません。

元を取れるようになるのもブログの方が早く、最初は赤字での運営になりますが、3ヵ月後くらいには黒字運営できるようになりました。

とはいえ、プログラミングも一度稼げるようになると安定してずっと稼ぐことができますし、稼げるようになったら数回仕事を請け負うだけで元は取れます。

maipyon

ブログは大きく利益を出すのは難しいけど、プログラミングは利益を出すまでが難しいという感じですね。どっちがいいかは性格とか好み次第になると思います。

人気記事安い&良質なプログラミングスクールの目的別比較ランキング9選

プログラミングブログはどうなのか

ここで疑問に思うのが、『どっちもやればいいんじゃない?』ということ。

つまり、プログラミングブログはどうなのかという話ですね。

結論ですが、あまりおすすめしません。

プログラミング初心者が書いた記事(エラーがこうしたら直った!など)は多少読まれるものの、全くお金に繋がらないから。

IT関係のジャンルはリテラシーが高いこともあり広告クリック率も極端に悪く、まるで稼げません。(アウトプットブログとして自分のためにやるのは最高ですが)

maipyon

唯一勝機があるとすれば、特定のスクールを受講して、そのスクールについての記事を何十記事も書いて専門的なサイトを作ること。

なんにせよ、『好きな方を見極めるために両方始める』のは賛成ですが『両方継続する』のは中途半端に終わるのでおすすめしません。

プログラミングとブログはどっちがおすすめ?

これまでのことをまとめつつ、結論を出します。

プログラミングがオススメな人の特徴

今後も安定して稼ぎたかったり、将来就職・転職も視野に入れて考えたいという人はプログラミングがオススメです。

学習は当然難しいですし、ハードルも高いのですが、一度稼げるようになると安定して高収入です。

ブログと違って、一度プログラミングスキルを身につければあとは深く悩むことなく続けていけるのではないかと。

また、『月10万円~20万円を目指す』という観点で見れば、プログラミングの方が簡単です。

maipyon

単価を上げていくことは難しいけど、青天井じゃなくてもいいという人はプログラミングの方が難易度は簡単です。

プログラミングの始め方については、『【現役エンジニアが解説】初心者向けプログラミングの始め方【0から1へ】』の記事でも紹介していますので、参考にしてみてください。

今すぐ始めたい人は侍テラコヤというサブスク型のサービスがオススメです。

現役エンジニアに質問・相談なんかもできるので月数千円で挫折率もグッと下がります。

ブログがおすすめな人の特徴

単純に書くことが好きだったり、ローリスクで稼いでいきたいと考える人はブログがオススメです。

実際私もローリスクだから始めてみるか・・・で始めました。

「1か月経って収益化できなかったらやめるか」という感覚でサクッと始めて、3か月目にはほっといても赤字にならないというところにまでは持っていくことができました。

上記のような感じで、「元金はないけど副業的に稼げるようになりたい・・・」と思っている人にはオススメです。

確かに継続力は必要になってくるのですが、諦めずに続けたら徐々に結果が出てきて、急激に稼げるようになります。

ブログの始め方については、『【ConoHaWING】WordPressブログの始め方【初心者でも30分で完了】』で紹介していますので参考にしてみてください。

【結論】プログラミングとブログ、おすすめなのはブログ

プログラミングとブログのどちらを選ぼうと、貴重なスキルが付くことは間違いありません。

身に付くスキルについて

プログラミング・・・言わずもがな、プログラミングスキル
ブログ・・・ライティングスキルや、マーケティングスキル等

スキルで考えれば、どっちを選んでも正解ですね。

プログラミングとブログには繋がりがあり、(例えばブログのデザインをガッツリ変えるのはプログラミングスキルが必要になるなど)両方やっているという人も多いですね。

ただ、どちらかを選べと言われたら始めやすい&ローリスクなブログになるかなと思います。

ブログをやってみて、あなたに合わなかったり、難しすぎて収益化できない・・・という場合にはプログラミングを検討する。

という形がオススメです。

maipyon

私は両方始めました!現状うまくいっているのはプログラミングです。(現役エンジニア)
ブログは300記事近く書いて月1万円くらい。

プログラミングにせよブログにせよ、異常に挫折率は高いです。
自分に合うな、と思えている人でないと、続けられていないんじゃないかと。

どちらを選択したにせよ、学べることは多いので後悔はしないと思いますよ。

自分に合いそうだな、というのであればどちらを選択してもいいと思いますので、各始め方の記事も参考にして一歩踏み出してみてください。