【キャンペーン中!】月額たった3,278円で独学離れができるプログラミング学習サービス

RaiseTechの評判は?卒業後に稼げる?実際に受講した体験談を紹介!

RaiseTechの評判は?卒業後に稼げる?実際に受講した体験談を紹介!

副業目的でRaiseTechに通おうかなと思っているけど、実際どう?
卒業後に稼げそうかどうかを教えてほしい!

RaiseTechは最速で「稼げる」エンジニアになるための、超実践的なプログラミングスクール。

ちょっと怪しげ・・・と思う人もいるかもしれませんが、カリキュラム内容、サポートを見てこのコンセプトの通りという事が分かりました。

今回の記事では、実際の卒業生にインタビューを行いRaiseTechについての体験談を元に書いています。

RaiseTechでは主に以下の特徴があり、稼げるエンジニアを多く輩出しています。

RaiseTechの特徴
  1. 講師は全員月単価80万円以上の現役エンジニア
  2. 現場レベルのスキルが身に付く、実践的なカリキュラム
  3. 卒業後のサポートは無期限

今回の記事では、RaiseTechの特徴やカリキュラム内容、オススメポイントや実際に稼げるのか?についても書いていきます。

結論から言えば、RaiseTech受講中に稼げるところまでたどり着けて、副業目的ならかなりオススメできるスクールになっています。

RaiseTechの特徴・料金

RaiseTech

公式サイト https://raise-tech.net/
受講形式 オンライン
講師 月単価80万円以上の現役エンジニア
コース Javaフルコース、AWSフルコース、WordPress副業コース、デザインコースなど
値段と期間 WordPress副業・デザインコース:348,000円(税込)/4ヵ月、学割で248,000円(税込)/4ヵ月
上記以外のコース:448,000円(税込)/4ヵ月、学割で288,000円(税込)/4ヵ月
学習サポート ・チャットや通話での質疑応答は無制限(内容不問)
・必要に応じてZOOMなどによるマンツーマン対応
キャリアサポート ・就職の際の相談、履歴書添削など
・転職クエストとの連携によるサポート
・サポートは就職や転職ができるまで半永久的

様々なコースがありますが、以下の条件のどれかでスクールを探している方はRaiseTechが一番合っています。

RaiseTechがピッタリな人
  1. Javaを学習したい人
  2. (現役エンジニアだが)AWSについて学びたい人
  3. WordPressで副業ができるようになりたい人

maipyon

上記の内容でサポートが優秀なスクールって正直あまりないです。

RaiseTechでは、4ヵ月で300時間ほど学習します。

週に20時間、1日2~3時間ほどの学習になりますね。

他のスクールだと2ヵ月で300時間の詰め込み学習をするところが多く、他社スクールと比較すると比較的勉強時間は優しめ。

副業向けのスクールという事もあり、年齢層も20代~50代の人がいるなど幅広く、働きながら学習している人も多いです。

RaiseTechの一番の特徴は講師の質

RaiseTechの一番の特徴は講師の質でしょう。

講師は全員『月単価80万円以上の現役エンジニア』で、現場の最前線で活躍している講師ばかり。

その分現場で必要とされる知識を教えてもらうことが出来るので、より稼ぐための知識が身に付きやすいです。

月単価80万円って?

月単価80万円とは、契約先の顧客と行う契約上の単価が80万円以上ということ。

自力で案件を次々達成していけるくらいのレベルで、いわゆるプロのレベルですね。

RaiseTechのカリキュラム内容

RaiseTechのカリキュラム内容

次に、RaiseTechの学習の流れを解説していきます。

基本は以下の通り。

オンラインでグループレッスン→課題に取り組む→疑問点があれば質問しつつ進める

グループレッスンは決まった時間に開始され、リアルタイムでの視聴ならコメントですぐに質問を送ることが出来ます。

maipyon

なお、質問内容は『どんな内容でもOK』となっています!

大抵、カリキュラムに関係のない質問はNGというスクールが多いのですが、RaiseTechではどんな質問でもOKとなっています。

カリキュラムに関係のない質問内容の例
  • プログラミングをどう生かしていけばいいかの相談
  • 転職や就職のための考え方
  • プログラミングに対する姿勢や向き合い方 など

なお、カリキュラムに関係する質問は直接的な答えはではなく、『このサイトを見ればいいよ』などのヒントやエラーに対する考え方を教えてくれます。

maipyon

自力でエラーなどを解決して進んでいける人材を目指すスクールになっています!

RaiseTechのグループレッスンの時間帯について

RaiseTechのグループレッスンは土曜か日曜にオンラインで開催されます。

グループごとに毎週何時にレッスンが開始するのか決まっています。

参加できない場合は、後日録画を視聴することになります。
ただ、録画だとリアルタイムで質問ができないためできるだけ参加するのがベスト。

maipyon

インタビューした方も、『録画だとチャットの文章(質問文)が見れない仕様なので聞き取りづらい時に困った』と言っていました。
そのためできるだけ土日が空いている人の受講がオススメです。

RaiseTechのカリキュラム内容は他社と比較してもレベルが高い

現役エンジニア視点で見ても、RaiseTechのカリキュラム内容はレベルが高いです。

レベルが高いので、カリキュラムをこなしたら稼げるだけのスキルが身に付くとはっきり言えるくらいです。

インタビューした方も、「案件をいざ受けるとなっても対応できるだけのスキルが身に付いた!」と言っていました。

maipyon

実際に受講中に案件対応できているから、その実力は本物です!

他スクールにはないコースもオススメ

また、他社スクールにはない珍しいコースもあり、特にAWSコースを考えるならRaiseTechのAWSフルコース一択ですね。

AWSフルコースについて

AWSフルコースは現役エンジニア向けの内容です。

AWSは現場で学ぼうと思ってもなかなか学べないのですが、必須ともいえるスキルです。

AWSをガッツリ学べるスクールが他にほとんどないので、スクールで学習するならRaiseTech一択です。

RaiseTechはコミュニティが充実している

RaiseTechは卒業後もオンラインのコミュニティに居続けられます。

受講期間後も半永久的に講師の方が質問や相談に応じてくれるため、かなりの安心感があります。

オンラインとも言えども同じ受講生同士の交流もあり、仕事のパートナーができる人もいるようです。

スクールでのコミュニティと聞くと、『そもそも交流できるのか?』と思ってしまいますが、RaiseTechではその点も安心。

カリキュラムにRaiseTech全体での交流会が組み込まれており、モチベーションにも良い効果があります。

>>RaiseTechの詳細はコチラ

RaiseTechでの就職・転職などのサポート内容

RaiseTechでの就職・転職などのサポート内容

RaiseTechの主なサポート内容は以下の通り。

RaiseTechの主なサポート
  1. 就職・転職サポート
  2. サポートは半永久的
  3. 案件に関するサポート

それぞれ解説していきます!

RaiseTech卒業後の就職・転職サポート

RaiseTechの提携企業(自社開発企業、受託開発企業)の紹介が可能で、質も高いです。

ガッツリとしたサポートがあるわけではなく、『聞けばなんでも答えてもらえる』というイメージの方が強いですね。

どちらかというとサポートは転職者向けで、新卒の方は過去の卒業生も自力で就活をしている人が多いようです。


maipyon

サポート内容は主に履歴書添削やポートフォリオに対するアドバイスになりますが、それで十分!という人も多いはずです。

なお、転職を本気で考えている人であれば『【2022年最新】安い&良質なプログラミングスクールの目的別比較ランキング7選』の記事で転職向けスクールも検討するのがオススメです。

RaiseTechのサポートは半永久的

RaiseTechでは卒業後もコミュニティに残り続けることが出来るのですが、そこではどれだけ時間が経ったとしてもなんでも質問ができます。

就職や転職などのサポートを一番のウリにしているわけではないですが、半永久サポートというのは他のスクールにはない大きな特徴です。

半永久サポートだからこそですが、自分から聞かないとサポートはしてもらえないのはちょっとデメリットです。

そのため自分で色々行動できる人はオススメですね。

RaiseTechでは案件に関するサポートもある【案件が取れた人は多い】

プログラミングで副業を始めたいからRaiseTechの受講を考えているという人は多いと思います。

RaiseTechでは案件相談所というSlackのグループがあり、協力要請や質問も可能なので安心して案件を受けることが出来ます。

そもそもRaiseTechのカリキュラムレベルが高いので、案件取得後に困ることはほぼないでしょう。

maipyon

実際にインタビューした方も案件を獲得でき、初案件にして約1万円の報酬をいただいたそうです!

なお、上記は学習を全て終えていないときなので、もっと学習を進めた他の受講生の方はもっと稼げている人が多いそうです。

他の受講生の方は、5万円や15万円の案件を卒業後に取っている人も多いと聞きました。

副業目的ならWordPress副業コースがオススメ

副業目的でRaiseTechを受講するのであれば、WordPress副業コースがオススメです。

本業である程度稼ぎはあるものの、今後が不安なのでプログラミング副業を始めたい・・・みたいな人にもうってつけです。

受講時には月15万円~を目指そうと言われますが、営業や時間の問題もあり月15万~というのはなかなか難しいです。

WordPress副業コースでどれくらい稼げそうか?と言われると、最初は月5~10万円が現実的といえそうです。

ただ、スキル的には月15万円~も可能なレベルのスキルが身に付くコースなので、卒業後に営業や作業効率化を図れば問題なく到達できるでしょう。

>>RaiseTechのWordPress副業コースの詳細はコチラ

RaiseTechの評判を集めて分かったメリット・デメリット

RaiseTechの評判を集めて分かったメリット・デメリット

RaiseTechの評判を集めて分かったメリットとデメリットは以下の通り。

メリット
  • 講師のレベルが高い
  • RaiseTechから副業に繋がった
  • コミュニティが充実している
デメリット
  • 就職、転職支援に課題アリ
  • カリキュラムの難易度が高い

デメリットから解説していきます!

【RaiseTechの悪い評判】就職、転職支援に課題アリ

運営は転職支援は強化したいと思っている


上記はRaiseTech運営者のツイートですが、転職支援には課題があるようです。

転職を目指すスクールでもないので、そういう面は他のスクールに負けるかもしれません。

転職クエストとの連携で改善を目指している


上記ツイートのように改善はしているようですが、客観的に見ても転職用のスクールには劣るかなと思います。

転職用スクールを探すのであれば『【2022年最新】安い&良質なプログラミングスクールの目的別比較ランキング7選』の記事を参考にどうぞ。

【RaiseTechの悪い評判】カリキュラムの難易度が高い

課題は現場レベルの人でも難しいと感じる

講義だけじゃなかなか難しい

RaiseTechは難しいという声が結構多くありました。

他のスクールでも難しいという声は多く見かけるのですが、RaiseTechはその中でも多いイメージがあります。

事前学習に時間をかけるのがオススメですね。

【RaiseTechのいい評判】講師のレベルが高い

RaiseTechの講師は分かりやすい

ヒントや考え方を教えるシステム

【RaiseTechのいい評判】副業に繋がった

仕事を貰えるようになった

15万円の案件を達成


以下のように、副業として案件を受注した後も安心という意見もありました!

案件がハードなのでRaiseTechに質問


また、カリキュラムの中に案件獲得に関する授業も組み込まれていて役立ったという声もちらほらありました。

RaiseTechの転職・案件実績を見るとフリーランスになったという方が他スクールより多い印象で、それだけ稼ぐに特化したカリキュラムということが分かります。

【RaiseTechのいい評判】コミュニティが充実している

Slackのコミュニティが充実していまして、案件獲得のための部屋や転職相談の部屋など、目的に沿ったコミュニティが充実しています。

コミュニティの充実がモチベーション維持につながる

コミュニティでは共有レポートが流れてくる

RaiseTechはコミュニティが盛ん

卒業生は基本的にコミュニティに残り続けているので、卒業後に転職などに成功した人の体験談なども残されているようなので、有益度も高いです。

コミュニティなどの話については詳しくは無料説明会にて聞いてみるのがいいでしょう。
雰囲気も良く、なんでも質問できるので受講するか悩んでいましたが決断することができました。

RaiseTechで挫折する可能性はどれくらい?

気になってくるのは挫折率がどのくらいか?という事ですが、体感ではあまりいません。

ただ、サポートの体制上、最終授業が終わってからの就職や副業をしていく過程で挫折する人はいるようです。

maipyon

どのスクールでも言えることなのですが、卒業してからが本番なスクールですね!

授業中(4ヵ月のカリキュラム進行中)に挫折する人はほとんどいないので、安心して良いです。

ちなみに、カリキュラムは4ヵ月と長いのですが、録画機能を使用しつつ

3ヵ月カリキュラムを受ける→忙しくなり、一旦カリキュラムから離れる→残り1か月のカリキュラムを録画視聴してこなす

という事ができるのもRaiseTechの特徴の1つです。

maipyon

リアルタイム視聴が一番オススメなので推奨ではありませんが、途中で急に忙しくなるリスクにも対応できるのは良いポイントです!

【総評】RaiseTechがおすすめなのはこんな人

RaiseTechについて色々な角度から見てきましたが、オススメなのはこんな人になります。

RaiseTechがオススメな人
  1. とにかく現場で使うスキルを身に着けたい人
  2. 既にエンジニアで、AWSの学習をしたい人
  3. Webサイト制作で稼いでいきたい人
  4. 副業としてプログラミングを学習したい人

maipyon

逆に、受け身で学習したい人や転職を本気で考えている人は向いていません。

カリキュラム内容は本当に充実していまして、現場で実際に使う内容ばかり。

講師の質も高く、『実際の現場ではどうなのか?』という事が聞けるのが良い点。

メンターに左右される・・・という口コミはプログラミングスクールあるあるなのですが、RaiseTechではそういう口コミもほぼ0ですね。

既にエンジニアの方も受講している人が多いようで、質の高さを物語っています。

全講師がこちらの質問や頑張りに対して120%答えてくれる環境が整っていますので、学習の質を重視するのであればオススメです。

RaiseTechで稼げるようになった

RaiseTechに行くべき人は『副業で稼げるようになりたい人』『今後フリーランスも視野に入れたい人』が主になるでしょう。

RaiseTech受講中に簡単な案件ではありますが5万円ほど稼ぐことができました!

同じ受講生の中には、さらに稼げている人もいて(15万円など)、まさに稼ぐための人材を目指すスクールとなっています。

レベルは高いのですが、その分競合に勝てるスキルが手に入るので、RaiseTechという選択肢は本当にオススメです。

>>RaiseTechの詳細はコチラ

RaiseTechについて分からないことがあればトライアル受講 or 説明会を受ければOK

RaiseTechについてザッと見ていきましたが、分からないことがあれば無料説明会を受けて検討するのがオススメです。

RaiseTechの無料説明会

インタビューした方も、色々なスクールの説明会に行ったものの、スクールの良いところも悪いところも説明してくれたRaiseTechに決めたそうです。

また、トライアル受講制度があり、最初の2週間であれば辞めても全額返金してもらえます。

最初の2週間で「そもそも向いてないかも」とか「この調子だと他のスクールの方がいいんじゃないのか?」みたいに感じたらやめることも可能です。

説明会だけならオンラインかつ無料ですので、気軽に参加することを強くお勧めします。

RaiseTechの受講を考えるなら!

※毎週金曜20時~開催
※定員30名なのでお早めに

RaiseTechを受講するなら今すぐがおすすめ

長々と書いてきましたが、RaiseTechのまとめとしては以下の通り。

RaiseTechのまとめ
  1. 講師の質が本当に高い
  2. 各種サポートも半永久的と安心できる内容
  3. 既にエンジニアで、AWSの学習をしたい人におすすめ
  4. Webサイト制作で稼いでいきたい人におすすめ
  5. 副業としてプログラミングを学習したい人におすすめ

「稼ぐ」という目的に一直線で向かっているRaiseTechのスタイルは本当にオススメです。

RaiseTechを受講するのであれば無料説明会からになりますが、できるだけ早めに行動することをおすすめします。

RaiseTechでは価格改定や早割がなくなっているという事もあり、今後も価格改定が起きる可能性もあります。

以下が過去の価格改定ですが、結構インパクトが大きいですよね・・・。

  • 以前の価格:298,000(税込み)→2020年10月より348,000円(税込)
  • 2022年より早割による10%OFFがなくなった

RaiseTechは副業を考えている方にとってはベストなスクールだと思いますので、受講する際は早めに決断しましょう。

副業を考えるならRaiseTechの受講がベスト!

※無料説明会だけなら無料です

人気記事【2022年最新】安い&良質なプログラミングスクールの目的別比較ランキング7選