テックアカデミーの無料体験を受けたがメリットしかなかった件【営業無し】

テックアカデミーの無料体験を受けたがメリットしかなかった件【営業無し】

テックアカデミーの無料体験ってよさそうだと思うけど、内容はどんな感じ?
1週間やってみてどうだった?実際の体験談を教えて欲しい!

プログラミングスクールの無料体験は「無料カウンセリング」や「説明会」というものが多いですが、テックアカデミーは1週間の無料体験。

テックアカデミーは完全オンラインで受けられるプログラミングスクールという事もあり、検討中の方も多いと思います。

結論からいうと、「完全未経験の状態から受講したが、聞きたいことが全部聞けてかなりよかった!しかも営業(勧誘)なし!」とメリットだらけでした。

編集部の方が実際に無料体験を受けたので、その体験を元に書いていきます。

こんな人に読んでほしい
  • TechAcademyの無料体験って何をするのか知りたい人
  • TechAcademyの無料体験は未経験でも大丈夫そうか把握したい人
  • TechAcademyの無料体験でのメリットを知りたい人
  • 逆に、ここは気を付けた方がいいことがあるか知りたい人

この記事を読めば、テックアカデミーの無料体験を受けようか迷っている人でも、申し込みするかどうか決断ができるようになります。

>>テックアカデミーの無料体験の公式ページはこちら

maipyon

なお、TechAcademy自体のレビューは『【就職できた!】テックアカデミーの評判を文系大学生が実体験を元にレビュー』にて掲載しています!

テックアカデミーの無料体験の内容

テックアカデミーの無料体験のざっくりとした内容は以下の通り。

テックアカデミーの無料体験内容

  • 実際の教材を使っての学習
  • プログラミングを使った課題
  • ビデオ通話・チャットでのスクールの方への質問や相談

「実際にテックアカデミーを受けるとどんな感じで学習が進むか」が分かるような内容となっています。

テックアカデミーの無料体験の内容
実際には、この学習内容で進みます。初歩的な部分から解説+演習があるので、完全初心者でも問題ありませんでした!

カリキュラム内容をぱっと見ても意味が分からない=難しそうと思ってしまいますが、完全初心者の状態からでもクリアできたので大丈夫です!

カリキュラムの具体的な進め方
  1. カリキュラムのテキストを読んで理解する
  2. 実際にカリキュラムに沿ってコードを入力して、実際の動きを試す
    ブラウザ上でコード入力すると結果が分かるシステムなので問題ナシ
  3. 分からないことがあれば何でもチャットで質問!

最後に課題提出があり、これまでの学習がきちんと頭に入ったか?を確認するレベルの課題をこなします。

課題提出で合格か不合格かが返ってきます。

不合格でも何度でもチャレンジできますし、合格でも(私の場合)「こんな書き方もできますよ」という返事があり、学びに繋がりました。

課題の難易度はちょっと難しいレベルですが、Googleでの検索やカリキュラムを読み直すなどをすればクリアできるくらいの丁度いい難易度です。

テックアカデミーの無料体験にかかる時間・期間について

無料体験で課題なんて難しそう・・・

と思う人がほとんどだと思いますが、割とすぐに達成できます。

『無料体験1週間』と聞くと、1週間できる限り予定を空けておかなきゃと思ってしまいますが、そこまで時間を空けなくても問題ありません。

チャットでの質問がきちんと返ってくる時間に無料体験できるかどうかにもよりますが、完全初心者からでも一通りやるのであれば3~6時間ほど。
追加でビデオ通話の時間が1週間のうちのどこかで確保できれば問題ないボリュームでした。

ぶっちゃけ、無料体験でここまでプログラミングを学習できるスクールは他にないです。

普通に勉強になりますし、教材も分かりやすいので、完全未経験者の最初の一歩としてもオススメできます。

テックアカデミーの無料体験で得られるもの

1週間の無料期間で得られるものは以下の通り。

テックアカデミーの無料体験で得られるもの

  • 1週間あるので、テックアカデミーの学習方法の全体像をしっかりと掴むことができる
  • プログラミングとはどういうものか、1から学べる
  • 無料体験中は1度だけ限定で日時を決め、メンター(担当の先生)とビデオチャットを使用した面談ができる
    メンターとの会話から、今後の学習方針を固めていける
  • 1日最大8時間のチャットサポートを利用可能(マイページからいつでも質問可能。返信は15:00~23:00)
    テックアカデミーでプログラミングで困った時の乗り越え方も分かる

特に鍵となる部分は「メンターとの会話」でして、無料体験中に現役エンジニアに直接質問できるのは最高ですね。

次にメンターとの会話について詳細を書いていきます。

テックアカデミーの無料体験中のメンターとの会話(メンタリング)について

テックアカデミーの無料体験中のメンターとの会話(メンタリング)について

テックアカデミーの無料体験中、単なる学習とは別に無料のメンタリングが1度のみ可能です。

この会話をしないという選択肢もあるのですが、無料体験の価値を最大限引き出すためにはやるべきですね。

なお、初対面で顔出しはちょっと・・・という感じだったので、マスクをして会話をしました。
雰囲気的にも全然OKな感じで、そこがネックの人でも全然大丈夫ですよ。

マイページより無料メンタリングの日程調整をして、当日ビデオ通話をします。

Talkyというビデオチャットを使用するのですが、教材の中に使い方解説ページがあったので心配なしです。

簡単に言えば、時間になったら送られてきているURLにアクセスすればビデオ通話開始という感じですね。

質問内容はまとめておくとスムーズ

質問内容をあらかじめまとめておくと会話がスムーズに流れます。

最初にメンターの方にちょっとした質問をされたあと、「聞きたいこととかありますか?」と質問されると思いますので、いくつか用意しておきましょう。

ここの質問が全然ない状態ですと、メンタリングの時間がちょっとだけで終わる可能性アリです。

メンタリング前にフォームに質問をまとめて送信
メンタリング前にフォームに質問をまとめて送信できますので、基本的にはその時にまとめておけばOKです。
メンタリング前に用意しておきたいもの
  • 事前に用意した質問以外に、気になった点があればまとめておく
  • 回答をしっかりと聞くためのメモ(PCに標準で入っているメモ帳で良いと思います)

5つほど質問を用意しましたが、時間ギリギリまで話せました。あっという間に時間が経ちますね・・・。

完全未経験者の方は、ふんわりとで良いのでプログラミングの学習の流れを知った状態で質問しましょう。
「え?そもそもプログラミングって色々な言語に別れているの??」みたいな状態だと回答を理解できないと思います・・・。

これはできる人だけで良いのですが、「プログラミングをしてどういう方面で仕事をしたいか」を伝えられるとおすすめのコースを教えてもらえます。

例えば、「Webデザインに興味がある」だとか、「アプリ開発に興味がある」とかですね。

maipyon

メンタリングは1度しか使えないので、プログラミング学習の話やおすすめコースの話、不安点の解消に使うのがおすすめです。
無料体験中に困ったこと(技術的な事)はチャットで聞くのが良いと思います。

テックアカデミーの無料体験のメンタリングでの質問内容と回答

テックアカデミーの無料体験のメンタリングでの質問内容と回答

実際にどういう事を聞けばいいんだろう?どんな感じの会話か気になる!という人もいると思いますので、実際の質問内容と回答内容を書いていきます。

Webデザイナーを目指す場合、プログラミングをどこまで学べばいいのでしょうか?

ポートフォリオを自分で作れるレベルまでです。

明確に定めることはできませんが、自分自身で作り上げたポートフォリオを就活の際に提示できるとOKと考えておけば大丈夫です。


Webデザイナーとプログラマの違いについて教えてください

かなり違います!仕事も別れていますので、勉強範囲も異なります。

かなり詳しく解説していただき、完全初心者の私でも分かりました。

長くなるので一言で済ませますが、Webデザイナーは主にユーザーから見える部分を担当して、画面作りをします。

プログラマはユーザーから見えない機能部分を担当します。商品購入後のメール送信処理だとか、発注処理などですね。


Web制作でフォトショップを使う機会ってありますか?

使う頻度は高いです。

会社のサイト(コーポレートサイト)内の画像や、トップ画像・社員さんが働いている風景の画像を加工する場合によく使います。

そのため、Web制作でそのような仕事をする場合は確実に使用することになります。


自分と同じ環境で受けている人が多くいるのか知りたいので、受講者の年齢層が気になります。大学生とかも多いのですか?

一番は20代、次に30代40代です。大学生も増えてきています!

最近では大学生も増えてきていて、「インターンに活かしたい」「就職に活かしたい」という目的で受けている人が多いです。

時代が時代なので、「手に職を付けたい」という需要も高まっていて、エンジニアを目指す人も多くなってきています。

ただ、エンジニアを目指す場合、知識がないと圧倒的に不利なので、大学1年・2年の時から行動している人もいます。

また、就活に活かすためのポートフォリオ作成のために受講する人も多くいます。

理系の人だけでなく、文系の方も非常に多く、逆に文系の方が多いかもしれません!


コースは何週間プランがオススメですか?ネットでは8週間がオススメと聞きました!

1週間で学習できる時間によって決めるのがおすすめです。

8週間コースを選んでも16週コースを選んでも内容自体に差はありません。

ただ、8週間コースを選んだ方が1週間の学習時間は長くなりますので、忙しさや割ける時間によって決めてみてください。

TechAcademyのコースと時間

4週間コースを受けると意気込んでも、1週間に40時間学習する(1日6時間)必要があり、完遂できる人はなかなかいません。

そのため、時間がたっぷりある人であっても、8週間コースを受けるのがオススメになってきます。

メンタリングのメリット
これからテックアカデミーを受けようと考えている人・ネットで情報を見たけどイマイチ分からなかった・・・という部分を質問するとメンターの方が分かりやすく回答していただけました!

Webデザイナーになりたいと考えていると言えば、おすすめコースをいくつか教えてもらえますので、コースの多いテックアカデミーでも迷いが無くなります。

>>テックアカデミーの無料体験はこちら

テックアカデミーの無料体験のここが良かった!という点

テックアカデミーの無料体験のここが良かった!という点

最後に、テックアカデミーの無料体験を受けて、全体を通してよかった!という点を紹介します。

なお、デメリットはチャットの返信が15:00~23:00に限定されることや、メンターをこちらで選べない(時間帯を選んだら自動的に担当が決まる)くらいですね。

いいなと思ったポイントは以下の5つでした。

テックアカデミーの無料体験のGoodポイント

  • 実際に手を動かして課題をこなせた
  • チャットの返信スピードが爆速
  • 無料メンタリングの価値が高すぎる
  • 勧誘がなかった
  • Amazonギフト券がもらえた

1つずつ紹介していきます。

実際に手を動かして課題をこなせた

教材を読むだけで終わりというわけではなく、実際に動かして学べるシステムになっていました。

これがもし教材を読むだけだったら、全く定着していないと思います。

最終課題についても、「チャットで質問しないとちょっと難しいかも」くらいの絶妙な難易度でした。

質問をする必要性が出てくると思いますので、無料体験中にテックアカデミーの学習の進め方を完全把握できる点も嬉しいポイント。

テックアカデミーはチャットの返信スピードが爆速

チャットが返ってくる時間帯は15:00~23:00ですが、その間であれば爆速で返信が来ます。

入力して送信した次の瞬間には、「書き込み中・・・」となっていて、安心できました。

とにかく速いので、質問内容が難しい場合や、どのように質問すべきかが分からない場合でも、話を少しずつすり合わせて解決に向かっていけます。

学習スピードも落ちませんし、無料体験カリキュラムを進めるスピードを一定以上で保てたのは大きいです。

無料メンタリングの価値が高すぎる

このメンタリング目当てだけでも無料体験に申し込む価値があると思います。

コースが多く悩んでいる人も、この無料メンタリングで聞けばいいですし、今後のキャリア相談もできます。

maipyon

人それぞれ答えがバラバラになってしまう質問は、ネットでいくら探しても答えは出てきません。
現役エンジニアのメンターに相談するとサクッと解決できる場合が多いです。

なにより、メンターは全員現役エンジニア。

テックアカデミーで色々な人を教えてきたデータがある状態での回答なので、プログラミング学習について質問するならうってつけです。

テックアカデミーの無料体験での勧誘がなかった

無料体験では、確実に勧誘があると思っていました。

勧誘らしい勧誘は、メンターとの会話で、「デザイナーを目指しているのであれば、○○コースとか、○○コースがいいですかね~」くらいでした。

上記の会話さえも、どのコースがオススメか聞いた時の回答。

むしろ、これから受けようと思っている人に丁度欲しい情報ですよね・・・。

「勧誘とか営業が来そうで嫌だな」という人でも安心して体験してみてください。

Amazonギフト券+1万円割引の特典がもらえた

メンタリングをした場合のみではありますが、無料体験期間終了後に、メールにてAmazonギフト券500円分を貰えます。

さらに、無料体験を受けた場合、有料コースの受講料金(入会したときの料金)が割引となる特典を受けられます。

どのコースを受講しても、社会人なら1万円、学生なら5000円割引となります。

Amazonギフト券+1万円割引の特典がもらえた

これだけの特典があるのに、無料・・・というか、500円得できてしまいます。

本コースを受講予定の人でも、無料体験には参加しておきたいところです。

>>テックアカデミーの無料体験はこちら

テックアカデミーの無料体験の申し込みの流れ

無料体験の申し込みの流れも簡単です。

テックアカデミーの無料体験の申し込みの流れ
テックアカデミー無料体験申し込みフォーム』にて名前とメールアドレスを打ち込み「勉強を始める」を選択すればスタートします。

その後すぐにメールにてログイン情報が届きますので、ログインして早速無料体験を進めましょう。

プログラミングを始めてみたいなと思ったときに、申し込んだらすぐに開始できるのも大きなポイントですね!

今すぐ始めないと結局だらだらとやらない状況が続くので、少しでもやってみようかなと思ったら申し込むくらいの感覚でもいいと思います。
無料ですし、実際にやってみてリスクは本当にないなと感じました!

▼申し込み後に届いたメール

申し込み後に届いたメール

ログイン後は案内に従いつつ進めていけば特に困ることはありませんでした!

基本的にはテキストを読む→演習するという感じで、完全未経験者でもクリアできました。

1週間みっちり学習する必要もなく、サクサク進めることができるので安心です。

>>テックアカデミーの無料体験はこちら

テックアカデミーの無料体験はまさに有料級!

有料級の体験が無料でできますし、プログラミングってどんなもんだろう・・・と軽く知りたい人でも全然OKです。

完全初心者の状態でもきちんと終えることができましたし、疑問点も一気に解消できました。

maipyon

プログラミングを知るところから始めたい、という人にもかなりおすすめできます!

テックアカデミーが気になるという人でも、そうでない人にもおすすめできる充実した内容でした。

テックアカデミーの無料体験をおすすめしたい人

  • プログラミングスクール選びに悩んでいる人
  • テックアカデミーの受講を考えている人
  • オンラインのプログラミングスクールを検討している人
  • プログラミング学習の最初の一歩を踏み出したい人

上記のような悩みを持っている方は、テックアカデミーの無料体験で解決できます!

完全に0円でプログラミングが勉強できる上に、これからの学習の相談をプロにすることができるのでプログラミング学習の近道でもあります。

ちょっとでも気になるかたは受けてみて損することはないと思います。
ここから一歩を踏み出しましょう!

オンラインスクールならテックアカデミー

無料で有料級の体験を!