【キャンペーン中!】月額たった3,278円で独学離れができるプログラミング学習サービス

大学生がプログラミング副業で稼ぐためのスキルと難易度を現役エンジニアが解説

大学生がプログラミング副業で稼ぐためのスキルと難易度を現役エンジニアが解説

大学生だけどプログラミング副業で月10万円くらい稼ぎたい!
でも、どれくらいの難易度なんだろう?

大学生でも副業でガンガン稼ぎたい!と考えたことがある人ばかりでしょう。

ただ、思うだけで、「夢物語だな」とあきらめてしまうんですよね。

プログラミングの副業であれば、自宅でも稼げるのでいいなと思っている人は多いのではないでしょうか。

正直月10万円を目指すのであれば、大学生の内から可能です。

maipyon

自分は大学生の時バイトで消耗していまして、滅茶苦茶しんどいのに時給800円・・・みたいな感じでした。
プログラミングで稼げるようになってから、好きなことで時給2000円という状況になりました。

この記事では、実際に大学生の時にプログラミングを始めて月15万円を達成した私が、大学生がプログラミングで稼ぐために必要なスキルと難易度について解説します!

そもそも大学生がプログラミング副業するのはどうなのか?

「そもそも大学生がプログラミングで稼ぐ選択はどうなのか」についてですが、結論から言えば

再現性が高く、かつ学習が達成できた時のリターンが大きい

ですね。

大学生がプログラミング副業をするメリット

プログラミングで副業をするメリットは以下の通りです。

プログラミングで副業をするメリット

  • 今後もIT分野は需要が伸びる
  • 自宅で完結する場合が多い
  • 個人で稼ぐ経験ができる
  • 再現性が高い

特に個人で稼ぐ経験ができるというのが重要です。

今後日本では、残念なことに

  • 終身雇用の崩壊
  • 年金制度の破綻
  • 伸びていく定年
  • 伸びない年収
  • 会社でも段々と実力主義方針に

というようになってきていまして、会社に頼らず稼げるだけのスキルを身につけることが重要になっています。

大学生がプログラミング副業をするデメリット

逆にデメリットは1つ。

プログラミング学習には時間がかかり、稼ぐまでに最低3ヵ月は必要になる。

一定のスキルが必要になってくるので、そうなるまでは辛抱する必要が出てきます。

ただ、プログラミングと同条件で稼げるような「ブログ・アフィリエイト・Youtube・SNS運用」などと違って再現性が高いです。

プログラミングは再現性が高い

結局プログラミングは努力すれば身に付くので、目標までの達成率や必要な時間も分かります。

maipyon

ブログやYoutubeなど、積み上げ型のものはどれも「これをすれば絶対に稼げる」ということがありません。
そもそも専門的に発信できる情報がない大学生にとっては再現性が低いんですよね・・・。

関連記事プログラミングとブログはどっちがおすすめ?【両方やった体験談から解説】

プログラミングはスキルが身に付くと時給が爆伸びする

プログラミングは仕事は多くあり、かつ高単価なものが多いので時給がガンガン伸びます。

例えば私(会社員)は時給3000円くらいです。
大学生の時には既に時給2000円を達成しており、バイト感覚ではなくなってきます。

ちなみにですが、フリーランスエンジニアだと月80万円程度で、時給換算すると5000円くらいになってきます。

逆に月20万円もらっている会社員は、自給1600円ほど。

それを考えるとプログラミングを学習したときの自給の高さがわかるかと思います。

プログラミングスキルは成果報酬型。学習すればできるようになるので、再現性も高いです。

大学生がプログラミング副業で稼ぐために必要な手順

大学生がプログラミング副業で稼ぐために必要な手順は以下の通り。

大学生がプログラミング副業で稼ぐ手順
  1. プログラミングの基礎を学習
  2. プログラミングの応用を学習
  3. 案件獲得のための学習
  4. 案件をとるために行動
  5. 案件をこなす

最初に言っておきますが、プログラミングで稼げている大学生はゴロゴロいます。

maipyon

先ほど私の大学生の時の時給が2000円だったと書きましたが、余裕でそれを超えて社会人よりも稼いでいる大学生が沢山いるくらいです・・・。

これじゃ具体例が分からないので、ここから具体例を解説していきます!

WordPressでの副業がおすすめ

目標として、WordPressでの案件獲得を目指すのがおすすめです。

WordPressは日本でほぼ大半が使っていると言っても過言ではないサイト運営用のサービスです。

企業サイト・ブログなど、Webページの多くがWordPressを使って運用されています。(このサイトもです)

WordPressは日本中で使われているから案件数が多いのも特徴です。

加えて、学習内容も「1からWebサービスを作れるようになる」とかよりは断然少ないんですよね。

このWordPress副業を目指すステップを、『【目標月5万】大学生がプログラミングで稼ぐ全手順【バイト以外で稼ぐ】』の記事で詳しく解説しています。

こちらでやるべきことが見えてくるので、さっそく行動したい方は読んでみてください!

インターンでIT企業で働くのも月10万円目指せる【時給がバグってます】

インターン生としてIT企業に入り、バイトとして活躍する方法ですね。

こちらの方が個人で稼いでいくよりハードルが低く、こちらを目標にするのもアリです。

採用してもらえるレベルですが・・・プログラミングを一通り学習するのは必須です。

インターン先・バイト先を探すのであれば「Wantedly」がオススメでして、登録してプロフィールを良い感じに固めればベンチャー企業とかから声がかかりやすいです。

バイトとはいえ、できることが増えてくれば実案件に関わらせてもらえるので、そうなれば時給が2000円とか普通に超えてきます。

maipyon

私はインターンで時給2000円を達成したのですが、最初は時給1000円スタートでした。

大学生がプログラミング副業で稼ぐ難易度【ぶっちゃけ高い】

大学生がプログラミング副業で稼ぐ難易度【ぶっちゃけ高い】

ここで悲報ですが・・・大学生がプログラミングで稼ぐ難易度はぶっちゃけ高いです。

もし難易度が低かったら、みんなやってますよね。
でも、最初の段階で大半の人が挫折する。

例えば、「大学生のうちからプログラミング始めて、数万円稼げるようになったら社会人になっても続けられるしな~!」

的な甘い考えだと、100%挫折します。

関連記事大学生がプログラミングを始めても稼げない確率は高い【逆にチャンスあり】

プログラミング学習を3ヵ月~半年学習し続けるのは本当にしんどいです。

しかし、そこを乗り越えられれば大きく稼げるようになる人がほとんどですね。

そもそも独学でもプログラミング学習の挫折率は90%を超えると言われていまして、なかなか継続できる人が少ないです。

maipyon

ただ、これは忠告であって、やる気や目標がある人は大抵普通に乗り越えてるんですよね。

目先の利益は狙えないが、将来大きなリターンを得ることができる

最初は学習ばかりで全く稼げませんが、将来のリターンは滅茶苦茶大きいです。

なんなら就活に役立てることも可能です。

案件を請け負って数万稼いでました!なんていうと、企業からすれば「即戦力」ですよね。

大学生がプログラミングをするメリットは他にもありまして、『【実体験】大学生がプログラミングを学ぶメリット5つ【学んでよかった】』にて書いています。

正直、プログラミングで得たメリットのおかげで大学生活はイージーモードという感じでした。

プログラミング副業と言われると難しく思ってしまいますが、インターンやバイトでも全然月10万円を狙えます。

私も大学生の時はプログラミングで月15万円くらいを稼いでいました。

大学生が未経験からプログラミング副業を目指して学習する方法

結論ですが、独学で一旦学習→無理そうならプログラミングスクール

上記の手順がおすすめです。

これならリスクも低く、挫折する可能性もかなり低いですね。

独学は難しいので、「全然できない、自分には向いていない」と思わず、「教えてくれればできるかも・・・?」くらいの気持ちでいくのが大事です。

独学の場合、なにから始めるかについてですが、以下の記事で紹介している学習サイトを使うのがオススメです。

関連記事【使い倒せ】無料で練習できるプログラミング学習サイトでかなり学べる件

最初からスクールに行くのももちろんアリ

学習できれば、スクール代金を余裕で回収可能だからですね。

スクールは10万円を超えるかなり高額なものですが・・・

スクールの価値
  • 挫折率を9割→2割くらいに減らせる
  • 短期間での学習が可能
  • モチベーションに繋がる
  • 現役エンジニアの講師に質問し放題

と、十分それだけの価値はありますね。

逆に、スクールに行かない選択をすると

  • エラーが直せず同じ場所で3日足止め
  • なにから学んでいけばいいか分からない
  • いつまでたっても稼げるだけのスキルにたどり着けない

など、かなり修羅の道です。

特に大学生であればあわよくば就職にも役立てたいという人が多いと思いますが、そういう人はなおさら良質な学習環境を自分で用意した方がいいでしょう。

スクールについては、大学生におすすめのスクールを厳選してみましたので、以下の記事を参考にしてみてください!

人気記事【学割アリ】大学生におすすめのプログラミングスクール5選【安くて高品質】

【朗報】サブスク型スクールの選択肢も

最近は、侍テラコヤなどの月額料金が安いサブスク型のスクールも出てきました。
これなら大学生でも無理なく受講可能ですし、稼げるレベルまで到達することも可能です。
>>サブスク型スクールのオススメを見てみる

失敗してもOK!大学生がプログラミング副業に挑戦するなら今すぐがいい

失敗してもOK!大学生がプログラミング副業に挑戦するなら今すぐがいい

大学生がプログラミング副業に挑戦するなら今すぐがおすすめです。

私がプログラミングを始めたのがもう少し早かったら、もっと色々な道が広がっていました。

学習できた時には就活の時期・・・となると、将来の視野が狭まります。

特にバイトで消耗しているのであれば、挑戦すべきですね。

maipyon

私は大学時代がプログラミングのおかげで激変し、現在の仕事(Web系のエンジニア)にも繋がっています。

始める前からマインドブロックをしないことが重要

ここまで読んできてプログラミングの魅力は伝わったと思いますが、大抵の人は

「いや・・・でも・・・」

とか、

「難しそうだし、他の方法かなぁ」

という理由で、自分でやらない理由を作っています。

自分で自分の行動を止めてしまうのは本当にもったいないことなので、ちょっとでもいいから始めてみることが大切です。

関連記事【目標月5万】大学生がプログラミングで稼ぐ全手順【バイト以外で稼ぐ】

関連記事【学割アリ】大学生におすすめのプログラミングスクール5選【安くて高品質】

関連記事サブスク型プログラミングスクール4選【現役エンジニアの視点から厳選】