カテゴリ一覧から記事を探す

必ず身につく読書法!【1冊15万円のリターンを得る方法】

必ず身につく読書法!今までの読み方は間違ってるかも

いきなりですが、質問です。

あなたは最近どんな本を買いましたか?それはどんな内容でしたか?

ためになりそうな本を買い、読み切ったけど結局頭に入っていない・・・。

そんな経験は皆さんも一度はあると思います。

私も読書が好きで、今まで結構な数の本を読んできましたが、その中でも強く心に残っているものは残念ながら一握りという状況です。

これではせっかく時間をかけて読書をしたのにあまり意味がなくなってしまいますし、段々と読書の意義を見いだせなくなってしまいます。

もし、本に書いてある内容を完璧に身につけることができれば、1冊につき15万円分のメリットはあると思ってもいいです。

今回の記事では、必ず内容を覚えることができて、さらに本に書いてあったことが身につく読み方について書いていきます!

1.この読書法をオススメしたい人

そもそも皆さんは何のために読書をしているのでしょうか?調べ物程度で読書をする人は、調べたいところだけを目次などで見つけ、その部分だけ読めば済むと思います。

しかし私はこだわりが強く、本を全部読まないと気が済まない性格です。

「目次を見て、その中で読みたいところだけを読みなさい」と紹介されている方法もあります。

しかし私は、目次を見てもどこも読みたいと思ってしまいますし、全部読まないと大切な部分が抜け落ちているかも!と思ってしまいます。そして何よりお金の無駄に感じてしまいます。

自分の知りたい部分だけを選んで読む!という人はこの方法はあまり参考にならないと思います。

私のように全部読んで、重要なポイントをしっかり覚えておきたいという人はきっといると思いますので、そういう方向けの方法を紹介していきます。

2.この読書法をとるメリット

一冊全ての重要なポイントを吸収した場合にどれくらいのリターンがあるでしょうか?2倍?3倍?

私が今回の記事を書くにあたり参考にした本である、「レバレッジ・リーディング」には一冊につき15万円のリターンがあると思って良い。と書かれていました。

本は1冊につき大体1500円ですから・・・驚きの約10倍!
つまりなによりも最高の投資法であると言えます。

私はこの考え方のおかげで色々な本を、例えちょっと金欠でも買おうという気になれています。

この方法を使って一冊の本の価値を最大限まで引き出しましょう。

レバレッジをかける読書法

「レバレッジ」は「てこ」の意味で、少ない資金で大きな金額を取引する投資の世界でよく用いられる単語です。

そんなレバレッジをかけるための手法なのですが、本を読みながら大切だと思った部分をどこか別の場所にまとめておくという手法です。

本にためになることが書いてあった!・・・けど、翌日には忘れてしまった。
はい、これでは意味がありません。

そこで、実践したい内容をまとめあげる。つまり、自分だけの究極の本を作り上げることが最重要です。その中で本当に良い本は繰り返し読むといいでしょう。

本の内容のまとめかた

色々な手法を試してきたのですが、本を読みながらメモを取るというのは、電子書籍ならば楽にできると思います。

Kindleにはハイライト機能もあるので簡単

ですが、紙の本ではなかなかストレスなく書き込むことができません。

いちいちしおりを挟むのは面倒ですし、個人的には本に線は引っ張りたくありません。
(レバレッジ・リーディングではガンガン線を引きなさいと書かれていました。)

どのようにすればスラスラと読みつつメモを取ることができるか考えた結果、本を読みながら、音声入力でメモを取っていくことが一番という結論に至りました。

結論:紙の本なら音声入力しながら読むのが一番楽

最後に、その音声入力の方法を説明します。GoogleからGoogleドキュメントを開いてツールボタンを押し音声入力を出します。

すると音声入力のためのボタンが出てくるので、クリックしてから喋ることで、自動で文字が入力されます。

 私自身驚いたのですが、精度もなかなか良く、読み終わった後に見やすく修正すると重要ポイントのまとめはすぐに完成させることができます。

さらに修正中に見直しが加わるので、読んだ本をもう一度重要ポイントだけ読み返すことができるので頭に残りやすいです。

3.まとめ

本は何冊も何冊も読めば良いというわけではありません。
理解を限界まで高めるように読むことで、本の価値は何倍にも何十倍にもなるはずです!

何百冊読んだ感想として「実践しないと意味がないですね」という感想を出している人をよく見かけます。

この方法を試してより意義のある読書ライフを送りましょう!

私のおすすめの書籍も以下の記事で紹介しています。