カテゴリ一覧から記事を探す

【1人暮らしの節約術】大切なのは仕組みづくり!誰でも簡単に貯金できる方法は?

【1人暮らしの節約術】大切なのは仕組みづくり!誰でも簡単に貯金できる方法は?

今月使えるお金がもうない・・・。

毎月どうしても買いたいものを買ってしまう。

そもそも貯金ってどうやったらできるのかわからない。

そんなあなたの癖や疑問を解決できる記事になっています。

現に私はストレスなく貯金を崩さずに生活できています。

記事の前半では、貯金のための仕組みづくりの重要性を紹介し、記事の後半では、節約に役立つ手法をいくつか紹介します。

1.1人暮らしの節約は、仕組みづくりが大切

基本的にあなたの手元に残るお金は収入ー支出です。

収入を増やすことはすぐには難しくても、支出を減らすことは可能です。

どうしても我慢できずに買ってしまったり、貯金しようと思っていたのに貯金できるだけのお金がない。
という方は、結論から言えば仕組みづくりがうまくいっていません。

そもそも貯金は余ったお金でやってはいけない

そもそも、貯金=その月に使わなかったお金全部と考えている時点でNGです。

人間誘惑にはなかなか勝てません。

今月は3万円自由に使える!と思ったら、大抵3万円使ってしまいます。

そのため、貯金額は収入があった時点で決めることが大事です。

オススメは、何パーセントは貯金に回すと決めておくことです。

そのようにすれば、余ったお金でやりくりせざるを得なくなるので自然と貯金ができます。

持っているモノを少なくすると物欲は減る

意外なことですが、持っているものを少なくすると物欲は減ります。
効果てきめんなのは部屋の掃除です。

自分の所有物をきちんと確認しておくことで同じものを買ってしまうということも避けられますし、まだ使えるものが見つかる可能性もあります。

また、質のいいものを長く使った方がコスパがよくなります。
服はその最たる例です。
いい服を着ていれば満足できるので他の服が欲しいという気持ちも少なくなりますし、長持ちするので、トータルで見ればいいことづくめです。

2.支出を削れそうな部分は意外なところにある

支出を削れそうな部分は意外なところにある

支出を削れそうなところは意外な部分にあります。

効果が大きい順に紹介していきます。

固定費の節約

絶対に支払わなければならないもの。家賃や電気代、ガス代などです。

保険の見直しなどもあげられます。

これは、一度見直すだけで毎月決まった額だけ節約が可能になりますので、効果が大きいです。
例えば、電気代やガス代というのは契約を変更するだけで安く抑えることも可能です。
電気ですと、契約アンペアを小さくすることで安くなる代わりにブレーカーが落ちやすくなる・・・といった具合です。

また、ここで節約できた金額というのは、毎日のランチ代を安く済ませることに比べ大きいものになるでしょう。

例えば、毎日50円我慢する=1500円ですが、これは固定費を見直せば簡単に節約できる額と考えられるでしょう。

無駄遣いの節約

どうしても買ってしまうお菓子だとか、一度しか着ない服などがあげられます。

衝動買いもこの中に含まれます。

セールだから買ってしまった。おなかが空いていてつい欲張った・・・。ということをしていると、せっかくの節約も意味がなくなってしまいます。

セールの商品や、スーパーでおなかが空いている状態でも常に「これは無駄遣いか?」を深く考えるようにしましょう。

変動費の節約

食費や日用品、交際費、美容費や被服費、レジャー費、趣味娯楽費などが含まれます。

「やりくり費」ともいい、少し我慢することですぐに節約効果が出やすい項目が多いため、節約する際に手を付けやすいカテゴリです。

ですが、前述した通り、効果は薄いしストレスもたまります。
食費を削りすぎて病気になって医療費がかかった・・・。なんてことにもなりかねません。

効果の高い節約術ではないということを覚えて生活しましょう。

そんな中、オススメしたいのはクレジットカード支払いです。
クレジットカードを使うことで還元をすることで、実質数パーセント引きということは可能です。

以下の記事ではLinePayの使い方を紹介しています。期間限定のキャンペーンもあるので、数パーセントとかではなく、10数パーセント引きまで可能になることもあります。

3.正しい節約術を身につけて生活していこう

節約するためには、お金について学ぶのが一番の近道だと考えています。

お金の使い道は大きく分けて消費、浪費、投資の3通りがありますが、正しい知識を持っていれば賢いお金の使い方・・・お金を使ってお金を稼ぐような使い方も可能です。

また、お金について勉強すると、税金の観点でも節約が可能になる部分があります。

以下の記事でお金について学ぶための意義と方法を紹介しています。

4.節約術は、数字に対して強くなるだけでもOK

例えば、「購入者100人のうち1人は無料!」といったキャンペーンがあるとします。

いいキャンペーンだと思った人がいるかもしれません。
ですが、よく考えてみると、これは1%引きでしかないのです。

もっと詳しく言います。
ありえませんが、このキャンペーンでその商品をあなたが100回購入したとします。その商品は1つ100円。
100×100=10000円になって、確率的には1回がタダ。9900円です。1%引きと同じですね。

「購入者全員1%引き!」のキャンペーンでは見向きもしないのに、不思議です。
このように、数字に対して色々な角度から見ることができるようになるだけで節約に繋がる場面もあります。

そんな面白いお金に関する話が多く掲載されていた本です。

5.まとめ

今回は節約術について記事を書きました。

日々の変動費をストレスをかけて我慢するのではなく、他の部分を見直して節約するというのをきちんと覚えておきましょう。

お金はツールということを念頭において、正しい付き合いをしていけたらいいですね。