カテゴリ一覧から記事を探す

【学生向け】勉強で使えるテクニックはこれ!【裏技なんてない】

【学生向け】勉強で使えるテクニックはこれ!【裏技なんてない】

すぐに英単語が覚えられたらいいのに。すぐに歴史上の人物が覚えられたらいいのに。楽しく勉強できればいいのに・・・。

そう思った人は必ずいると思います。私も高校生の時はずっと思っていました。もし完全記憶能力があれば、悩みは国語と数学と物理と一部の化学と生物くらいになりますからね。

今回の記事では、勉強に関するテクニックについてのあれこれを紹介していきます。

1.勉強に裏技はあるのか?

結論から言いますと、勉強に裏技なんてありません。

一応、「瞬間記憶能力」や「速読(信じられないスピードで文章を読む)」はあるのですが、習得に時間がかかってしまうし、習得も地道な努力が必要で困難です。

そんな時間があるのなら自分のやり方で勉強をした方がいい気がします。ということで「裏技はない」と思っています。

質だけを高めてもうまくいきません。上の記事でそんな体験をしました。

しかし、テクニックは存在します。私は受験生だというのにそのような裏技があるのか模索し、多くの時間を失いました(笑)みなさんにはそうなってほしくありません。

勉強に裏技がないとすれば、一部の天才と呼ばれる人たちはなぜあんなに頭がいいのでしょうか?

確かに幼少期の体験が由来の天才はまねできるものではありませんが、テクニックによってある程度近づくことはできます。

天才は何の天才なのか

天才には色々な天才がいます。「努力の天才」「物覚えの天才」「数学的センスの天才」タイプによって様々ですが、間違いなく努力の天才は考え方が根本的に違います。

大きな理由や野心がないと努力の天才にはなれません。高校生のとき、努力の天才がいましたが「勉強が好きだ。仕事をせずに勉強だけしていたい。」と言っていました。

「数学的センスの天才」は、幼少期の環境に大きく関係があるのではないかと思っています。高校生の時の数学の天才は幼い時に数学の本を読み、興味を持っていたそうです。

簡単に興味を持つことができれば点数なんてすぐに上がります。

でも、興味を持つことは難しい。なんの役に立つんだ?と思いながらやるのは苦痛ですし頭に入りません。ちなみに、何の役に立つかと言われれば「教養」になるのだと私は思っています。

いわゆる、知的な人というのは無意味に思える科目でもある程度の知識を持っていて、会話の時にその知識を使っています。全体的な知性は1教科だけでは補えません。

話を戻します。簡単に興味を持つこともできないし、センスもないし、努力もしたくない。ないない揃いのあなたでも、ちょっとだけ効率的にできる部分があります。

それは「物覚えをよくするテクニックを使うこと」です。

2.物覚えをよくするには

なにかを覚えるスピードは確実に個人差がありますが、ある程度脳科学によって「覚えやすい手法」というものが分かってきています。ひとつづつ紹介していきます。

  • 何度も見直す
    人間は忘れる生き物です。忘却曲線に従ってどんどん忘れていきます。それを食い止める手段は、何度も見直す/思い返すことしかありません。一つの参考書を8周する勉強法もあるくらいで、その手法で東大に合格した方もおられます。
    また、英語も何度もやって慣れるのが一番上達すると言われています。
  • 覚えることをまとめる
    教科書やノートに書いてある「覚えるべき点」は分散されていて、かつ覚えなくても良い、いわゆるノイズが混じっています。
    覚えるべき点だけをまとめた暗記ノートを作ると無駄な情報がなくなるので、覚えやすくなります。
  • 夜に覚えようとしてから寝る
    寝ているときに頭の整理をすることで記憶するため、暗記したいものは寝る前に覚えるようにしましょう。ちなみに、朝は計算系がはかどります。
    朝早起きしてみたいという方はこちらの記事も参考にしてみてください
    朝活にはメリットしかない!?続けられる秘訣も紹介
  • 感情と共に覚える
    へぇ~そうなんだ!といった感情と共に覚えていくと記憶に残りやすいことが研究で分かっています。意識するのは難しいですが、やってみる価値はあります。
  • 覚えるテクニックを使う
    脳は「ミスを修正するときにより強く記憶する」という特性があるため、その力を利用します。
    例えば、ノートに穴埋め問題を作っておき、赤シートで解答を隠します。そのとき、分からなくても適当に答えを出します。答えは「徳川家康」なのに「織田信長」を当てはめてみる。といったことをします。ここで答えを見ると、脳は「あ~違った!間違ったこと覚えているから修正しないと」と騙されます。そうすることで強く記憶に残すことができます。

3.まとめ

これ以外にも覚えるための手法は沢山ありますし、効果もある程度個人差があるかと思いますが、強く伝えたいのは「テクニックはあるけど裏技なんてないから、それを調べる暇があるなら勉強しなさい。」です。

勉強は、時間×質です。どちらかが欠けると、思うような結果は出てきません。

勉強時間が足りていない人のほうが確実に多いと思うので、質だけではなく、勉強時間をいかに増やすかについても考えてみてはいかがでしょうか。