プログラミング初心者向けの記事も更新中!

自動開閉ゴミ箱ZitA(ジータ)をレビュー!生ごみの臭い対策はできる?

自動開閉ゴミ箱ZitA(ジータ)をレビュー!実際に使ってよかったことや口コミを紹介

自動開閉ゴミ箱ZitA(ジータ)。

インスタなどで『ひらけ、ゴミ箱』のキャッチフレーズで見たことがあるという人もいるかもしれません。

私も最初インスタの広告でZitA(ジータ)を見かけたのですが、ビビッと来ました。

maipyon

横開きだから臭い対策・コバエ対策にもなるってコト!?

という事でゴミ箱を買う予定もあったのでZitA(ジータ)を購入。

今回の記事では、実際にZitA(ジータ)を使ってよかったことや口コミを紹介していきたいと思います!

1年使ったので、夏場の臭いについても言及しています!

ZitA(ジータ)のスペックや特徴

最大容量 ZitA:58リットル
ZitA mini:40リットル
対応ごみ袋 ZitA:40リットル
ZitA mini:30リットル
カラー ホワイト、シルバー、ブラック
重量 ZitA:3.08kg
ZitA mini:2.53kg
サイズ ZitAのサイズ

ひと回り小さいサイズとしてZitA mini(ジータミニ)があるのですが、私が購入したのはミニサイズの方。

素材もステンレスでできているため高級感があり、長く使用できそうです。

結構大きいゴミ箱なので、『もうごみが一杯になってしまった。。』という事がほとんど起きない反面、置き場所はそこそこスペースが必要です。

ZitA(ジータ)の特徴

ZitA(ジータ)の特徴

ZitA(ジータ)はセンサー上0~30cmが感知範囲となっていて、ここに手やごみをかざすと開く仕組みです。

感知範囲のセンサーは0~30cmで調節可能。

そのため、キッチン棚の下などのスペースにも置くことができます!

フタには電池を入れる場所があり、電池で動く仕組みなのでコンセントいらず。

なお、単二電池で約10カ月動くため、ランニングコストは年間124円ほど。滅茶苦茶安い。

ゴミ箱のフタが開くとこのような感じになり、左右スペースも特に必要ないのが嬉しいポイントです。

ZitAのフタの開閉画像

maipyon

基本的に普通のごみ箱と同じ感覚で設置・使用すれば問題ないですよ!

ZitA(ジータ)を実際に使って分かったメリット

ZitA(ジータ)を実際に使ってよかったポイントは以下の3つ。

ZitA(ジータ)のメリット
  • ごみを入れるのが本当に楽
  • ゴミ袋の設置が楽
  • 生ごみの臭い対策もできた

maipyon

1つずつ詳細を紹介していきます!

ZitA(ジータ)はゴミを入れるのが本当に楽

センサーの感度が良く、捨てたいと思ってゴミを持ってセンサー上に手を持っていくとすぐに反応してくれます。

maipyon

ゴミ箱を開ける動作がないので時間の無駄がなくなる・・・というのがZitA(ジータ)の売りでもあります。
ですが、そのメリット以上にとにかくゴミを捨てるのが楽になったのが嬉しい!

私はキッチンに設置しているのですが、料理中は手が離せないときがかなり多いんですよね。

だからと言って、足で開閉するタイプだとちょっと移動する必要があります。

包丁を持っているときとか、食材を箸で混ぜているときとか・・・移動が億劫な場面は料理中に良くあります。

ですが、片手に包丁を持ったままでも、もう片方の手でゴミをセンサーに近づけるだけでその場でゴミ捨てができるんですよね。

ZitA(ジータ)はゴミを入れるのが本当に楽

料理中はちょっとしたことでゴミが出るので、それをさっと捨てて料理に戻れるため、料理が一段と楽になりました。

ZitA(ジータ)はゴミ袋の設置が楽

週に1~2回は必ず発生するごみ袋のつけはずし。

ZitA(ジータ)の場合、今まで使ってきたゴミ箱の中で一番ストレスがなくて楽でした。

リングが付いており、ゴミ袋を挟めるのが特徴になっています。

ZitA(ジータ)はゴミ袋の設置が楽

これのおかげできれいに袋を設置することもできますし、一回り大きな袋を雑にかぶせてササッと設置するのもアリ。

よくある

袋がうまく設置できてなくてゴミがゴミ袋とゴミ箱の間に入りそう・・・。

みたいなこともなくなりました。

ちなみに左がきれいにゴミ袋を設置した見た目で、右が適当にゴミ袋を設置した時の見た目。
適当な人は右の見た目になるけど、設置がめっちゃ楽です。

ZitAの袋を設置したところ

maipyon

我が家の場合、30LのZitA mini(ジータミニ)に対して45Lの袋を設置して、ゴミ捨ての時に他のゴミもその袋にまとめて1袋だけ捨てています。
毎回1袋でゴミ出しが終わるのが本当に楽!

45Lの袋であれば、2人暮らしでも週2回捨てるペースなら余裕という感じです。

週1~2回のゴミ捨ては結構な頻度だと思うのですが、そこからストレスがちょっとでもなくなったのは良かったですね。

ZitA(ジータ)を使うことで生ごみの臭い対策ができた

個人的に感じた最大のメリットはここで、ZitA(ジータ)はゴミ箱内の臭いが漏れにくいです。

ZitA(ジータ)は横開き式なので、以前使っていた縦開きタイプと比較しても、フタが開く風圧で臭いが漏れていきません。

ZitAは臭い漏れが少ない

さすがに夏はもわっと来るときもありますが、比較するとかなりまし。

元々「コバエを頻繁に見かける・・・。いいゴミ箱ないかなぁ」と思って購入した商品でしたが、コバエを見かける頻度も少なくなりました。

maipyon

特にゴミ箱に侵入したコバエを見かけることがなくなったので、臭いが漏れていない証拠だなと思います。

横開きだとピッタリ閉まらずにどうしても数ミリ空くから、そこから臭いが漏れそう・・・と購入前は思っていましたが、そんなこともありませんでした。

自動開閉目当てではなく、生ごみの臭い対策として購入するのもオススメです。

ZitA(ジータ)のデメリット

もちろんZitA(ジータ)にはデメリットもあり、以下の二つ。

ZitA(ジータ)のデメリット
  • 時々フタが開き切らない・閉じ切らないときがある
  • 電池が別売りなので別途購入の必要アリ

ZitA(ジータ)のフタが時々開き切らない・閉じ切らない【対策アリ】

本当に時々ですが、フタの開閉がつっかえるときがあります。

そういう時は手で押して開け閉めしてあげる必要があるのでちょっと面倒。

フタの開け閉めの時に発生する摩擦のせいで途中で止まってしまっている感じです。

maipyon

細かいゴミがフタがスライドする部分に入ったのかな?

頻繁に起きてしまった時があるのですが、潤滑スプレーをフタの裏から開閉羽に向かってかけてあげれば解決しました。

maipyon

とはいえ、こんなことはめったに起きないので深く気にする必要はなさそうです!

なんならフタだけでも購入可能で、フタだけだと3,840円と安めなので、いざ壊れても安心できます。

ZitA(ジータ)は電池が別売りなので別途買う必要アリ

電池が付属していないので、購入する必要があります。

ZitA(ジータ)は単二電池が2本必要。(画像はフタ部分の裏側)

ZitAのフタ

単二電池が家庭にすでにあるという人は少ないのではないでしょうか。

maipyon

公式サイトで購入した場合、電池サイズ交換パーツを無料で入手できるので、その場合は単三電池でもOK!

単二電池だと、一度購入すれば約10カ月も持ちますし、こちらは大きなデメリットというよりも注意点くらいかなと思います。

ZitA(ジータ)の口コミや評判

ZitA(ジータ)は口コミ数も多く、以下のような感じ。

各サイトでの評価
Amazon(1,015件)
(4.5)
楽天市場(2,160件)
(4.5)
Yahoo!ショッピング(569件)
(4.5)

どのサイトでも素晴らしい評価で、レビュー数も他の商品では見かけないくらいの数があります。

maipyon

『買って後悔している』という人は少なそうです!

ZitA(ジータ)の良い口コミ

今までたくさんのゴミ箱を探して購入…。納得のいかないものばかりでした。ふた付きの物を買っても結局蓋をいちいち開けるのがめんどくさい。
見た目が全然おしゃれじゃない…。

そして、ゴミがそれなりに入るもの。45リットルのゴミ袋をセットできるもの…ふた付きのもの…私自身もいろいろと譲れない部分もあって購入しては納得いかず、捨てる…人にあげる…。
その繰り返しでしたが、もうほんっとにこんないいものあったのか!やっとゴミ箱難民から脱出できました。ふたが上に開くものではなく、横にスライドで開くので、上に棚があっても邪魔じゃないですし、何よりおしゃれ!結構大きめなのですが、不思議とおいても邪魔じゃない。大きさを感じない!うちの母もすごく気に入って、一つ追加で注文しようと思っています!これ使ったらはっきり言って、他に戻れません(笑)ちなみに、私はプラゴミを入れてますが、匂いも全然しません!
Amazonでのレビュー

市販の45Lのゴミ袋が効率良く使える点や、センサーの感知範囲を調整出来る点も気に入りました。何より、自動で蓋が横に開くギミックは一度使うと癖になり、ゴミを捨てるのが楽しくなります。(笑)敢えて難点を探すと、蓋が開く際の作動音が大きい事、他のセンサー式の商品より値段が若干高い事等が挙げられますが、商品紹介で謳っている耐久性や、ランニングコストの事を考えれば、費用対効果は高く、良い買い物をしたとの思いでいます。
Amazonでのレビュー

料理中、作業がスムーズにはかどり、うたい文句通り、もう他には戻れないです笑‼︎
ゴミ袋をリングと蓋でしっかりはさみセットするので、ゴミを入れると自然とゴミの重みで圧縮されカサが減ったように感じ、燃えるゴミは1袋分で済み、収集日までの一時保管場所もいらないし、捨てに行くのも楽になりました。
家族全員お気に入りで、今はもう慣れましたが、購入してすぐの時は子供達はハイテクゴミ箱にウキウキワクワクで、自動でパッカンを味わいたいがためにゴミを率先して捨てにいくほど笑。
機能もデザインも大満足!
全ての方にオススメします‼︎
Amazonでのレビュー

ZitA(ジータ)の批判的な口コミ

蓋がたった一ヶ月でバカになりまして、ピッタリと閉まらず隙間ができます。
これでは消臭問題もそうですが、虫の侵入が気がかりです。
蓋が自動で閉まった後に手動で隙間分を閉めています。逆に手間です。
Amazonでのレビュー

maipyon

フタが途中で止まる現象が起きている人はちょいちょいいるみたい。全くそんなことないという人もいるようでした。
いざというときは潤滑スプレーで解決できます。

お値段を考えると、思っていたより軽く、少し安っぽく感じました。開け閉めの音が改善されたと書いていましたが、まだ少し気になります。コスパは良くないですが、お洒落な投稿を見て欲しかったので使ってみようと思います。
Amazonでのレビュー

様々な意見がありましたが、批判的な口コミをしている人も星3つを付けている人が多いイメージでした。

なんにせよ、肯定的な意見が大半を占めているのがすごいところ。

ZitA(ジータ)を購入するなら公式サイトが一番オススメ

ZitA(ジータ)を購入するなら、公式サイトで購入するのがオススメです。

価格帯はどのサイトでもZitA(ジータ)が15,530円、ZitA mini(ジータミニ)が13,530円とすべて同じ。

しかし、公式サイトでの購入は以下のメリットがあります。

ZitAは公式サイトでの購入がオススメ
  • 30日間の返金、返品保証
  • 電池サイズ交換パーツ付
  • 2年間の製品保証付き(無料で交換または修理)
  • 1~2営業日以内発送

特に電池サイズ交換パーツや、公式サイトでの保証などの安心感を考えると公式サイトが一番オススメとなります。

ZitA(ジータ)を購入したらストレスが減った【まとめ】

ゴミ箱にこだわりを持っている人は少ないと思います。

それにもかかわらず、ゴミ箱関係で日々ストレスを感じる場面は結構ありますよね。

ZitA(ジータ)なら、

  • ゴミ箱自体が大きくてどれだけでも入るという安心感
  • 料理中のちょっと手が離せないときにいつでも捨てれる安心感
  • そして臭い漏れがないという清潔感

を一気に得ることができるため、ストレスが減ります。

意外と私生活で不便を感じにくい部分ではあるのですが、一度ZitA(ジータ)を手にすると本当に楽でこれ以外の選択肢がなくなります。

少しでもストレスフリーな生活へ近づけたい人は是非!