カテゴリ一覧から記事を探す

格安クロスバイクを買うならこれ!Graphisのクロスバイクを徹底レビュー!

格安クロスバイクを買うならこれ!Graphisのクロスバイクを徹底レビュー!

通勤や通学に、もっとスピードの出る自転車が欲しい・・・けど、クロスバイクやロードバイクは高いものばかり。
激安の自転車は売っているけれど、本当にそれでいいのかを知りたい。
激安ではあるけど、付属品まで含めると結局いくらになるの?

そんなあなたの悩みを、私が実際に買ったGraphisのクロスバイクのレビューを通して解消していけたらと思います!

結論からいうと、今までのママチャリよりもスピードが増し、楽にこぐことができるようになりました。
なぜ楽なのか?逆にどんなデメリットがあるのか?について、詳しく書いていけたらと思います。

1.Graphisのクロスバイクについて

楽天での、クロスバイクカテゴリで毎年1位を取っているGraphisのクロスバイク。

クロスバイクの中でも格安です。
普通、クロスバイクといえば予算が4万や5万円かかるものです。

しかし、このGraphisの自転車は2万円を切ります。

今ならクーポンもついてくる、超お得なクロスバイクです!

こちらは26インチですが、24インチのものもあり、色も11色とおしゃれなものが見つかります。

クリックして値段を確認してほしい勢いです・・・こんなクロスバイクは他にはないです。

でも、安すぎてちょっと怖い・・・という方へ、メリットやデメリットを書いていきます!

2.Graphisのクロスバイクのメリット

メリットは大きく分けて5つあります。

Graphisのメリット

  1. 紹介した通り、格安
  2. 車体が軽い
  3. 従来の空気入れでOK
  4. ギアが6段で、スピードも出る
  5. 見た目もOK

この中でも特に2番、車体の軽さについてですね。
ママチャリに比べると軽いのなんの。

そのおかげもあってスピードも出ますし、特にうれしいのが、自転車置き場から車体を出すときです。

自転車自体を持ち上げなければ出し入れできないことが多々ありますが、車体が軽いのでかなり楽です。

ですので、ギアが6段ついていますが、ほとんど使うことがありません。
坂でも車体が軽くなった分、楽に登ることができます。

また、車体が軽い分、あまり減速しません。
ママチャリとかだと、ペダルをこぎ続けないと速度を保つことができませんが、このクロスバイクなら、一度速度を出せば長時間そのスピードで走ることができます。

3番に書いた「従来の空気入れでOK」というのは、クロスバイクは普通、空気圧を高めてもいい細めのタイヤが使用されていおり、専用の空気入れが必要です。
それに対し、Graphisのクロスバイクはママチャリと変わりないタイヤを使用しています。

つまり、専用の空気入れでなくともママチャリと全く同じ方法で空気入れができるということです。

3.Graphisのクロスバイクのデメリット

やはり、安いのには理由があります。
といっても、普段使いをする分には気にならないデメリットですので、安心してください!

Graphisのデメリット

  1. 自分で組み立てなければならない
  2. 防犯登録を自転車屋に持っていってしなければならない
  3. 高級なクロスバイクよりもトップスピードが出ない

1つめは、最初に困るだけです。説明書に組み立て方が詳細に書かれているので問題は特にありません。
私は賃貸アパートなのですが、家の中で組み立てることも可能でした。

2つめの防犯登録の際には、通販で買った自転車すべてにおいて言えることなのですが、自分自身で自転車屋に持って行って防犯登録をする必要があります。

防犯登録用の紙が説明書の一番最後についており、それに記入して、車体と一緒に持っていきましょう。

注意しなければならないのは、自転車屋によっては断られることもあるということです。
「うちの自転車屋で買ったものしか防犯登録はしないようにしているんだ!」と一件言われてしまいました。

転売や、盗んだものかどうか判別がつきにくい以上、仕方のないことです。
こればっかりは色々な自転車屋に寄って聞いてみるしかありません。
ちなみに、私は2軒目でOKでしたので、そこまで心配することはないでしょう。

最後に、やはり高級なクロスバイクにはスピードは負けます。
競技用じゃないので仕方ありませんね。

ママチャリに比べるとずっと楽なので、サイクリングを趣味にするわけでもない、普段使いをしたい人にとっては十分なスピードがでますのでご安心を。

4.買うならこれがオススメ!自転車のパーツ

クロスバイクは、必ずパーツを買う必要が出てきます。
中でも「鍵」と「ライト」は必須です。

実際に私が購入したものを載せていきます。

クロスバイク用の鍵

鍵は、重さや切られにくさで選ぶものです。この太さなら大丈夫でしょう。

もっと高級なウン十万するクロスバイクならもっと値段の高いものを買うべきですが、今回の場合はこれでも十分でしょう。

クロスバイクのライト

電池が長持ちしますし、光量も抜群、スマホとおなじ要領で充電もできるので、使い勝手が本当に良いです。

設置も簡単ですし、大人気の商品なのでこれ一択でしょう。

他にも、ディフェンダーという泥はね防止のものや、車体に取り付けるボトルホルダーなど、パーツは様々ありますが、以上のものを買えば最低限揃います。

5.まとめ

普段使いの自転車が速くなり、労力が少なくなることを考えると最強のコスパになるアイテムなのではないかと思っています。

ママチャリからクロスバイクにしたいけど、お金が・・・と思っている方は、この記事を参考に購入してみてはいかがでしょうか?