カテゴリ一覧から記事を探す

【PV爆上げしました】WordPressの有料テーマおすすめ5つを比較

【PV爆上げしました】WordPressの有料テーマおすすめ5つを比較

読者の悩み

  • WordPressの有料テーマって効果あるのかな
  • 有料テーマは何がおすすめ?
  • 有料テーマで選ぶべきポイントが分からない

こんな人に向けて、WordPressのおすすめ有料テーマ5つを比較しつつ紹介します。

この記事の信頼性

この記事を書いている私はブログ歴3年ほど。ブログデザインをカスタマイズしつつ、色々なサイトのテーマを試してきました。
本業でもWordPressのテーマについて色々試しています。

結論からいうと、WordPressの有料テーマに乗り換えてから急にPVが上がり始め、月間1万PVを達成することができました。

それではWordPressのおすすめ有料テーマについてみていきましょう。

1.WordPressの有料テーマ5つを比較

表で一気に比較してみました。
各項目ごとに5点満点で点数をつけてみました。

テーマ名 値段デザイン初心者向けカスタマイ
総合評価
AFFINGER54
1.4万
5555
THE THOR(ザ・トール)4
1.4万
4554.5
SWALLOW5
1万
5454
STORK195
1.1万
4533
SANGO5
1.1万
534.54

ブログ初心者が収益化も考えたうえで有料テーマを選ぶのであればAFFINGER5ではないかと思います!

次点でTHE THOR(ザ・トール)になります。こちらも高機能で使いやすいテーマだと感じました。

2.WordPressのオススメ有料テーマについて紹介

1つずつ有料テーマをサクッと解説していきます。

AFFINGER5

初心者におすすめの有料テーマはAFFINGER5

まずAFFINGER5ですが、以下の特徴があります。

  • デザインのバリエーションが多い
  • カスタマイズなしで装飾できる種類がとても多い
  • 購入者用のマニュアルがしっかりしている
  • デザインが多すぎて迷いがち

デザインのバリエーションは特に驚きで、同じテーマを使っているとは思えないくらいの違いを出すことができます。

AFFINGER5のデザインバリエーション

しかもこれが専門の知識なしでクリックだけでできるからオススメです。

記事内の装飾数は多すぎて困るほどありますので問題ないです。

また、購入者マニュアルには、

購入者マニュアルに書かれていること

  • デザイン設定方法
  • カスタマイズ方法
  • ショートコード一覧
  • トラブルシューティング
  • 導入ガイド
  • 速度改善テクニック(上級者向け)

で、マニュアル付きのWordPressテーマはなかなかないので、初心者にも安心です。

そんなAFFINGER5は『収益化』にも焦点を当てていまして、ここが他のテーマとは違う重要ポイントです。

maipyon

見た目を重視するだけでなく、見た目が収益に繋がるように考えて作られているところがオススメポイント!

まずはデモページから見てみてください!

THE THOR(ザ・トール)

THE THOR

THE THOR(ザ・トール)を見ていただけると分かると思いますが、特徴はAFFINGER5と大きく変わらないです(笑)

ただ、初期設定でデザインをいじるのが時間がかかってしまう点と、どの機能がどこにあるかが分かりづらいという点で、次点でオススメということにしています。

同様に収益化ポイントを作りやすく、カスタマイズなしで装飾できる種類も豊富ですので、デザインを見て決めるのも良いでしょう!

こちらもまずはデモページから見てください!

SWALLOW(スワロー)

SWALLOW

シンプルデザインでおしゃれなサイトをサクッと作りたい!というのであれば、SWALLOWがオススメです。

ホームページにて具体的なカスタマイズ方法が動画で解説されているので、初心者でも使いやすいです!

プロブロガーの八木仁平さんが使っているテーマで、個人的にはあの人に憧れてブログを始める一歩を踏み出せた経緯があります。

SWALLOWは正直いってなにもいじらなくても大丈夫なくらい洗練されたデザインで、デザイン重視で初心者向けなものがいいな!という方にはピッタリです。

そんなデザインはデモページから見ることができますので、是非見てみてください。

STORK19

STORK19

STORK19はとにかくスマホでの見やすさや機能にこだわって作られたテーマです。

  • レスポンシブの美しいデザイン
  • スマホでもサイトスピードが速い
  • カスタマイズでの直感的な操作
  • 豊富なショートコード

など、多くのメリットがあるテーマになっています。

しかし、今回紹介しているテーマはどれも上記を満たしているものが多いです・・・。

他のテーマより優れた点はスマホでの見やすさになります。

スマホではサイトスピードが落ちがちなのですが、スマホでもかなり速いです。

そのため、「とにかくシンプルな機能でサクサク使いたい!」や「スマホユーザーに特化したサイト作りをしたい!」と考えるのであれば、STORK19がオススメです。

SANGO

SANGO

SANGOは私も使っている有料テーマで、以下の特徴があります。

  • 今どきなデザインにできる
  • 見やすさにとことんこだわられている
  • 収益化ポイントを作りにくい
  • カスタマイズが初心者には難しい部分もある
  • 正直PORIPUという子テーマありで使いたい
  • 他サイトと差別化しにくい(デザインが似る)

デザインに惚れて選んだ人もいるかとは思いますが、読みやすさにとことん追求して作られているテーマだと感じます。

子テーマであるPORIPUありで使うとさらに高性能にでき、ランキングなども使えて収益化も捗るのですが、

  • SANGOにプラスして5000円ほどかかる(計1.6万になる)
  • 子テーマありになると、導入もカスタマイズも理解が難しくなる

ということから、WordPressの扱いに慣れている人であればオススメできるのですが、初心者向けとなるとちょっと難しいかなという印象です。

ただ、「とにかくこのデザインがいい!」という人にとっては唯一無二のテーマであることは間違いないです!

3.WordPressの有料テーマはどこを見て選べばいい?

WordPressの有料テーマはどこを見て選べばいい?

結論は、値段とデザイン、あとは初心者向けかどうかです。

サイトの速度やSEOに強いかどうかも合わせるべきという意見もあります。

しかし、ここで紹介している有料テーマについてはどれも合格で、目に見えて分かるだけの差はありません。

そのため、重要になるのは値段とデザイン、初心者向けかどうかになります。

特に重要なポイントについてそれぞれ見ていきましょう。

有料テーマの値段について

有料テーマの値段は9000円~15000円くらいがオススメです。

5000円台など、もっと安いものもありますが、安かろう悪かろうで機能性がイマイチだったり、あまりおしゃれじゃなかったりします。

逆に30000円台のテーマもありますが・・・正直9000円~15000円くらいの価格設定のもので十分な機能があります。

今回紹介している有料テーマはどれもこの価格帯なのでおすすめです。

有料テーマのデザイン性

デザインについてはテーマごとに大きく変わるため、正解はありません。

個人の好みで決めてくれ・・・という感じではあるのですが、ポイントを少し解説しておきます。

デザイン性をみるよりも、カスタマイズ性を見るようにしましょう。

カスタマイズ性があり、なおかつカスタマイズが簡単なものがオススメです。

なぜなら、他の人も同じテーマを使っているため、カスタマイズをしなければどうしても自分らしいサイトにするのが難しくなってくるからです。

カスタマイズは必須になってくるため、デザインの好み+カスタマイズ性についてもよく見るようにしましょう!

maipyon

購入前には分かりづらいですが、ワンクリックで色を変えられるなど、配色パターンが既に用意されているものだとOKではないでしょうか!

有料テーマが初心者向けかどうか

カスタマイズが簡単かどうかも初心者には大事になってきます。

カスタマイズが自由といっても、時間をかけて調べないとやり方が分からない・知識がないとカスタマイズするのが難しいテーマもあり、そういうテーマは避けるべきです。

やはり初心者のうちは「いかに記事を書く時間をとれるか」で成長具合が決まってきます。

いくら有料テーマで時短になるとはいえ、カスタマイズにあまり時間は取りたくないです。

maipyon

個人的にはSWALLOWがカスタマイズが簡単でした。

有料テーマへの途中切り替えがネックな人へ

もうすでに無料テーマで何記事も書いてしまったしな・・・という方もいると思いますが、乗り換えは簡単です。

現に私は110記事書いてから乗り換えましたが、表示崩れはありませんでした。

以下の画像のように、テーマを選択するときに「ライブプレビュー」というボタンがあり、それを使うことで表示崩れを防ぐことが可能です。

有効化前にクリックすると、そのテーマに乗り換えるとどんな状態になるかプレビューすることが可能。

ライブプレビュー

この状態で色などの大部分はカスタマイズできますし、追加CSSだって入れることが可能です。

画像のように表示され、記事をクリックすると記事内容も見ることができます。

「記事の中身でデザイン崩れがないか?」を見ながら追加CSSを入れることができますので、大きな問題はありません。

ライブプレビューでできること

一通り問題ないところまでカスタマイズした状態で、「有効化して公開」を押すことで、デザインが崩れることなく有料テーマへの乗り換えも完了します。

有料テーマの比較表【ポイントを元に比較しよう】

テーマ名 値段デザイン初心者向けカスタマイ
総合評価
AFFINGER54
1.4万
5555
THE THOR(ザ・トール)4
1.4万
4554.5
SWALLOW5
1万
5454
STORK195
1.1万
4533
SANGO5
1.1万
534.54

4.有料テーマに変更するメリット【すべて経験済み】

有料テーマにすべきかどうか迷っている人に向けて、実際に経験した有料テーマのメリットを紹介していきます。

無料テーマと有料テーマの違いってデザイン以外に何があるんだろう?という人は必見です。

有料テーマに変更するメリットは大きく分けて以下の5つ。

有料テーマに変更するメリット

  • PVが上昇する
  • 時短に繋がる
  • ブログが読まれるようになる
  • カスタマイズが楽
  • サポートを受けられる

全て経験済みのメリットで、「有料テーマにしてよかった」と思えました。

その5つの中でも特に重要な

  • PVが上昇する
  • 時短に繋がる
  • ブログが読まれるようになる

について具体例を出しつつ紹介していきますね。

有料テーマに変えてPVが上昇した

有料テーマに変更してから、PVが急上昇し始めて、6000~7000PV/月だったのが1万PV/月を達成できました。

画像の赤ライン部分で有料テーマに乗り換え、右肩上がりで月間1万PVを達成しました。

有料テーマでPV上昇

有料テーマはSEOが強く、サイトがいい方向に評価されるようになったためですね。

私は110記事書いてから乗り換えたのですが、多くの記事を書いているがPVが上がらないという人は騙されたと思って試して欲しいです。

時短に繋がる

ブログは書いてナンボの世界なので、最初に数万円出して時短をすることは超重要です。

私は無料テーマの時にデザインをカスタマイズし続けて、何十時間も使ってしまいました。

その時間を全て記事を書くことに当てたら、もう10記事ほどは書けていたはず。
その時間働けば、余裕で有料テーマ代金は稼げていました。

ブログを始めたての方は、デザインは有料テーマを買うことで終わらせて、記事を書くことに専念すべき。

有料テーマで時短をして、とにかく記事を書くようにしなければ成功するものも成功しません。

ブログが読まれるようになる

有料テーマに変えることでブログが読まれるようになります。

ブログ経験者であれば「デザインは後回し」と言う人がほとんどだと思いますが、個人的には「デザインは最優先」です。

読まれなければ、収益は出ません。

無料テーマと有料テーマで、ほぼ同じ内容で書いた以下のgif画像を見てもらえると、良く分かると思います。

▼無料テーマ
無料テーマの記事

▼有料テーマ
有料テーマの記事

色だけでなく、行間などにもこだわっている有料テーマのほうが読みやすかったのではないかと思います。

ブログは「コンテンツ内容×見た目(読まれやすさ)」で決まってきます。

見た目の部分については、どんなにすごいブロガーであっても、使っているものは有料テーマ。

同じ土俵に立つためにも、まずは「見た目を重視」する。

見た目だけ同じレベルにできれば、あとはコンテンツで勝負するだけになりますからね。

そのためには、有料テーマで見た目だけはしっかりと整えることが重要です。

5.初心者におすすめの有料テーマはAFFINGER5

初心者におすすめの有料テーマはAFFINGER5

色々な有料テーマを紹介してきましたが、初心者におすすめなのはAFFINGER5です。

初心者が一番最初に有料テーマを買うと考えると、値段・カスタマイズ性・カスタマイズの簡単さなどなど、一番総合点が高いですね。

繰り返しになりますが、ブログは「コンテンツ内容×見た目(読まれやすさ)」で決まってきます。

有名なブロガーさんは誰しも有料テーマを使っており、同じ土俵に立つためにもまずは見た目の部分だけでも近づけましょう。

ブログで最優先させるべきは、まずは見た目です。

有料テーマを使えばたった1万円でどんなにすごいブロガーであっても見た目だけは同じレベルにできます。

最後に、おすすめの有料テーマをもう一度紹介して終わりにします。

初心者ブロガーであれば、AFFINGER5が総合評価が高くオススメです。

まずはどんなテーマなのか、AFFINGER5のデモページを見るところから始めてみてください!(デモページは無料で見れます)