GA4をスプレッドシートで一気見できるツールを開発しました!

コピペでOK!WordPressで定型文を挿入する方法【一括管理で楽々執筆】

コピペでOK!WordPressで定型文を挿入する方法【一括管理で楽々執筆】

読者の悩み

  • 毎回定型文を書くのがめんどくさすぎる
  • 定型文が変更になる可能性があるけど、管理難しいなぁ

ブログをやっていて、記事数が増えてくると誰でもそう感じると思います。

『定型文』と聞くと頑張って書こうかなと思う人が大半でしょうが、例えば以下のようなケース。

  • 特化ブログを運営
  • 特定のサービスを複数記事で比較・紹介している

こんな時に、サービスの値段変更があった場合はどうしますか?

maipyon

1記事ずつ全部直すのってめっちゃ面倒ですよね。
というか、書くたびに値段を調べるのがそもそも面倒!

私はここで悩みまして、値段やサービスに関わる細かい数字は全て定型文として登録することにしました。

今回の記事では、そんな定型文の作り方や挿入方法を解説していきます!

WordPressで定型文を挿入する完成品

まずは完成イメージから。

WordPressで定型文を挿入する完成品

上記のように入力すると、『service_fee』に登録した文章が出てくるという仕組み。

maipyon

例えば『1,280円(税込み)』とかって変換されるというイメージですね!

いわゆるショートコードとして使えるようにします。

文章はいくらでも増やすことができるので、その点は安心してください。

WordPressで定型文を挿入する方法

作り方ですが、functions.phpに以下のコードをコピペするだけ。

functions.phpを編集する際は自己責任でお願いします。

functions.php
/* config設定 */
function config_func( $atts ) {
  //初期値
  $atts = shortcode_atts(
    array(
    'data' => '',
  ), $atts, 'data' );

  switch( $atts['data'] ){
    case 'conoha_3'://conoha3ヵ月料金
      return '1,210円';
      break;
    case 'conoha_6'://conoha6ヵ月料金
      return '1,100円';
      break;
    case 'conoha_1year'://conoha1年料金
      return '931円';
      break;
    case 'conoha_2year'://conoha2年料金
      return '879円';
      break;
    case 'conoha_3year'://conoha3年料金
      return '828円';
      break;
    case 'conoha_tensou'://conoha転送量
      return '27.0TB/月(約900GB/日)';
      break;
    default:
      return '●●●●●●●●●●形式が不明です。修正してください●●●●●●●●●●';
  }
}
add_shortcode( 'config', 'config_func' );
/* config設定ここまで */

例として、ConoHa WINGの料金を挿入するように書いてみました。(時間が経つと数値が違ってくるのでそのまま使わないようにしてね)

WordPressで定型文を挿入する完成品

上記のservice_feeの部分をconoha_3とかに書き換えれば、それに応じた値段が出てくるという事ですね。

つまり、料金が変わってもfunctions.phpを修正すれば全記事で値段の修正が自動的にできるということ!

これは作業効率もアップしますね!

データを追加する場合

データを追加する場合は、もうお分かりだとは思いますが、以下のようなコードの塊を追加すればいいだけ。

functions.php
case 'service_name'://サービス名など
  return '1,210円';//値段など、出力するものを入力
  break;

結構簡単に追加・編集できるので楽かなと思います!

maipyon

以前『絶対に税込み料金であることが分かるようにする』となったときに滅茶苦茶めんどくさかったです。
でもこの管理方法だと大助かり!

特にサービス料金なんかは1年に1回くらいは変わるものですから、こういった管理をすると楽でいいですよ。

例えば以下のような記事↓で使っていますね。

WordPressのおすすめレンタルサーバー比較!【最適解がわかる診断付】 WordPressのおすすめレンタルサーバー比較!【最適解がわかる診断付】 2021年最新!WordPressブログを始める際のレンタルサーバーについて比較をしました。サーバーの診断付き。サーバーに求める条件を考えつつ、ブログの始め方の記事も一緒に紹介しているので参考にしてください。

設定していないデータを入力した場合

設定していないデータを入力してしまった場合は、掲載したコードの一番下にある

『●●●●●●●●●●形式が不明です。修正してください●●●●●●●●●●』

が出力されるようになります。

プレビューで「なんか黒い・・・」となるのでわかりやすいかなと思います。

気づかなかったら滅茶苦茶ダサいので気を付けましょう。

WordPressで定型文を挿入する方法の弱点

最後に、注意書きを。

この方法には弱点がありまして、ショートコード内に掲載できないということ。

有料テーマには色々なショートコードがあるのですが、例えば以下のような使い方をすると・・・

[★say]テストです!★はテストとしてつけています。[★config data=”conoha_3″][/say]

吹き出しの中に『テストです!★はテストとしてつけています。Conoha WING3ヵ月料金』となってほしいのですが、実際にやると

maipyon

テストです!★はテストとしてつけています。[config data="conoha_3"]

上記のように、料金部分が変換されない状態になってしまいます。

これが弱点ですね。気を付けましょう。

逆に、表の中に料金を挿入することは多々あると思うのですが、そういうときは大助かりです!

WordPressで定型文を挿入する方法のまとめ

ということで、WordPressで定型文を挿入する方法について解説しました。

主に詳細スペックとか、値段の記載が多数の記事に渡るといった部分で使えます。

あとは『ブログでの最高月収は〇万です。』みたいな今後変わるであろう数値でも使えますね。

最近はスマホや回線関係の特化サイトも増えてきたと思うのですが、細かいスペックが重要視される場面で使ってみてください。

maipyon

個人的な感想ですが、サーバー関係の記事を書く人も割と料金とかスペックが変わるからこの方法をとるべき。

当サイトでは他にも様々なカスタマイズ記事を掲載しています。

【コピペでOK】WordPressのカスタマイズ集20選【ほぼ必須のカスタマイズあり】 【コピペでOK】WordPressのカスタマイズ集20選【ほぼ必須のカスタマイズあり】 今までにやってきたブログカスタマイズをまとめた記事になっています。必須レベルのカスタマイズも紹介。綺麗なブログに近づけたい人に向けて、コピペでカスタマイズできるようなものを集めました。

他にも役立つ記事があるはずなので、是非読んでみてください。