サイトマップを見に行く

【GTMいらず】GA4で特定ボタンのクリック数・内部リンククリック数を取得する方法

【GTMいらず】GA4で特定ボタンのクリック数・内部リンククリック数を取得する方法

読者の悩み

  • Google Analytics4でイベント計測をしたい
  • 特定のボタンのクリック数を取得したい
  • 内部リンクのクリック数も取得したい
  • Google Tag Managerとかよくわからないので、そういうのはなしでお願いします!!

最近ブログを始めた方や、Google Analyticsのバージョンをアップされた方がいると思いますが・・・

まぁ、ブログ向きではないですよね・・・。

PVがイベントに置き換わっていたり、直帰率も無くなってます。

maipyon

GA4のメリットはなんだ・・・?バージョンダウンしたほうがいいのか・・・?

と思っちゃいましたが、カスタマイズして、以下の計測が新しくできるように。

GA4で計測できるようになったもの
  • 特定ボタンのクリック数
  • 内部リンクのクリック数
  • 直帰率(本当の直帰率ではないが、ほぼ同等の数値)

今回の記事では、GA4で上記の数値を取得できるようにカスタマイズする方法を紹介します。

1.GA4は全てイベントにまとめられている

まずは基礎知識から。

GA4は全てイベントにまとめられているんですよね。

初期設定では以下のイベントが計測できます。

  • ページビュー
  • スクロール
  • クリック
  • その他(firstvisitやsession_start。あんまり使わない)

実は、イベントの計測と共に色々な数値も同時に測定しているんですよね。

例えばクリックなら、「どのページでクリックしたか」「どこへ向けてクリックしたか(外部サイトへのクリックのみ計測)」など。

ページビューなら、「どのページを見たか」「2ページ目の閲覧の場合どのページから来たか」など。

maipyon

上記のような同時計測している値を使って、特定ボタンのクリックなどを取得するわけですね

イベントは自分で作成可能

イベントは初期設定されているもの以外にも、自分で作成できます。

イベントの作成方法

「アフィリエイト案件名 クリック」みたいなイベント名があるのでぼかしましたが、上記画像のイベント作成から作れます。

ここに新しく、「〇〇(ボタン名)クリック」などのイベントを作るわけです。

2.GA4のイベントで特定ボタンのクリック数などを計測する方法

では実際に特定のボタンのクリック数を計測する方法を紹介します。

前準備として、カスタムディメンションの設定が必要です。

カスタムディメンションの作成

カスタム定義 > カスタムディメンションを作成で、以下のように打ち込みます。

  • ディメンション名
    link_domain
  • 範囲(スコープ)
    イベント
  • 説明
    なんでもOKですが、link_domainにします。
  • イベントパラメーター
    link_domain(入力します。選択肢から出てこないと思うので)

画像の通りに、「link_domain」と「link_url」を追加してみてください。

このカスタムディメンションを追加することで、

  • link_domain:リンク先のドメインを計測
  • link_url:リンク先のURLを計測

できるようになるわけですね。初期状態では上記2つは取得できないっぽい?ので必須です。

GA4で特定ボタンクリックの計測をするイベントを追加する

それでは最後に、イベントを追加して終わりです。

イベントを作成から、以下のようにイベントを作成します。

イベント作成例

タイトル:自分が分かるように
条件1:event_name 等しい click
条件2:link_domain 含む ボタンをクリックしたときの飛び先のドメイン

例えば、ASPでA8.netを使ってるよーって人は、「link_domain 含む px.a8.net」という感じ。

設定したら、A8のアフィリエイトをクリックされたら計測されます。

特定ボタンをクリックした場合の計測方法は?というと、以下のような感じ。

特定ボタンクリックのイベント作成例

タイトル:自分が分かるように
条件1:event_name 等しい click
条件2:link_url 含む ASPのURL(アフィリエイトリンクごとに貼られている文字列)

A8.netとかだと分かりやすいのですが、アフィリエイトリンクごとに英数字が決められています。

例ですが、「AHGY3-HA5GA-UHF8B-9G3HF」みたいな感じ。

記事中のURLやASPでURLをコピーする画面で固有の番号を取得しましょう。

例として、私の管理している別サイトで設定しているイベントを貼っておきます。

GA4のイベントの作成例

ちなみに、この状態だと「どのページでクリックされたか?」は分かりません。

maipyon

成果が発生したらURL見れることもあるしいいかなーと。考え方次第ですね。

イベントの条件3に、

page_location 含む ページのURL

を追加してあげると、特定ページで〇〇をクリックしたら計測!みたいなこともできます。

3.GA4のイベントで内部リンクのクリック数を計測する方法

次に、内部クリックのクリック数を計測する方法を紹介します。

GA4では直帰率が取れないので、内部リンクのクリック数くらいはとりたい・・・という人はどうぞ。

maipyon

直帰率が無くなった原因は、「最近はアプリでの計測が多いけど、アプリの直帰率は低いから特に利用価値なくない?(意訳)という感じらしい。
ブロガーにとっては困る。

クリックイベントで同じようにできる・・・と思いきや

クリックイベントを計測するのは、外部のサイトへのクリックの場合のみ

なんですね。自分のサイト→自分のサイトへのクリックは計測されないと。

ということで、内部リンククリックは以下のようにイベント設定します。

内部リンククリックのイベント作成例

タイトル:自分が分かるように
条件1:event_name 等しい page_view
条件2:page_referrer 含む 自分のサイトのURL(このサイトならmaipyon.net)

上記の条件で、「PVが発生したときに、1つ前のURLが自分のサイトだったら計測してね」という形になります。

つまり、内部リンクをクリックしたときに計測されます。

カテゴリページへの移動とか、そういうのも含めて全て計測されます。

GA4でも直帰率に似た値の算出は可能

先ほど紹介した内部リンククリック数を利用すれば、直帰率に似た値を算出することも可能になります。

直帰率の算出方法は、

直帰率 = 1ページのみで離脱された数 ÷ ページのセッション

ですが、上記を言い換えて(この部分で「似た値」にしかできない)

直帰率 = 1ページのみで離脱したユーザー数 ÷ ページを見たユーザー数

とすれば、計算可能です。

例えばpage_viewイベントが計測されたユーザー数が100

内部リンククリックイベントが計測されたユーザー数が10とすると・・・

直帰率 = ( 100 – 10 ) ÷ 100 = 0.9

となり、直帰率90%が算出できますね。

maipyon

イベント計測された「件数」ではなく「ユーザー数」を見る必要があるので注意!

実際の直帰率と何が違うの?

実際の直帰率は、セッションで計算してます。しかし、上記はユーザー数を元に計算。

その部分で微妙な差が出てきますが、PVが増えたら大体同じような数値になると予想してます。

4.GA4はカスタマイズしたらかなり便利かも

GA4使いにくい、デメリットしかねぇ・・・

と思ってましたが、カスタマイズしてイベント計測できるようになればかなり便利かもという話でした。

本来はGTM(Google Tag Manager)を使用する必要があるなど、めんどくさい+敷居が高いのですが、この方法を使えばGoogle Analyticsで完結。

この記事を参考にして、イベントをカスタマイズしていけばもっといい感じの分析ができるかと思いますので、やってみてください。

maipyon

これで正確なアフィリエイトボタンクリック数が取得できそう・・・!

私が使っているブログツール集

【月間2万PV達成】私がWordPressブログで使っている便利ツールまとめ 【月間2万PV達成】私がWordPressブログで使っている便利ツールまとめ ブログ歴2年の私が、取捨選択しながら現在WordPressブログで使っているツールについてまとめました。使用しているツールに変更点があれば、その随時この記事を更新したいと思います!