カテゴリ一覧から記事を探す

マインドマップを使ってブログ構成を考えるコツ【分かりやすい記事がすぐ書けます】

マインドマップを使ってブログ構成を考えるコツ【分かりやすい記事がすぐ書けます】

最近はブログを書くときに、「マインドマップ」を使用して書くようにしています。

やり方を説明する記事が多いこともあり、できるだけわかりやすい構成にするために欠かせないツールになっています。

同じように、
「短期間でブログを書きたい」
「書いている途中で何が言いたかったかわからなくなる」
「もっと上手に伝えることができる構成にしたい」

と思っている人は、必見です!

この記事ではマインドマップを使用してブログを簡単に書く方法を伝えていきます。

1.マインドマップってそもそもなに?

マインドマップはそもそも、アイデアを出す際によく使用されています。

連想ゲームの形で、関連する事柄をどんどん出していき、あとで整理することで頭の中が整理されて分かりやすい!伝えやすい!というメリットが出てきます。

これ、ブログとの相性抜群なんですよね。なぜならブログも頭の中で同じようなことをして書く必要があるので。

ブログで読まれる記事構成は決まっている

読まれるブログは、記事構成がバッチリ決まっています。

読まれる記事構成

この構成を大枠として、マインドマップを使ってより詳しく書いていけば簡単に書けるようになるってことです。

マインドマップを使うメリット

マインドマップを使うメリットは4つあります。(もっとあるでしょうが)

  • 書きたいことが整理されるので書くスピードが上がる
  • 読者の悩みに沿った、論点にずれのない記事がかける
    →検索上位に上がりやすくなる
  • スマホで考えることもできるので、移動中に記事を考えることができる
  • 記事構成だけでなく、キーワード整理・サイトの設計・ネタ探しにも使える

使わない手はない!って感じですね。

2.オススメのツールはXmindかSimpleMind

マインドマップを書く際に、紙でやってたら時間がかかりすぎますし、手直しも面倒です。

なので、デジタルでのツールを絶対に使いましょう。

有名なツールは二つ。XmindSimpleMindです。
使い方は特に大差ないので省きますが、自分に合った方を選んでみればOKです。

Xmindについて

XMindはアプリ版(iOS、Android)とPC(Windows、Mac)版があります。
(まぁ、全部揃ってます。)

スマホとPC間でデータを共有可能という優れものになっています。

Simple Mindについて

こちらも同じようにアプリ版もPC版もあるのですが・・・

スマホ・PC間で共有するには有料になります。
私はこちらを利用しているのですが、PCでは使っていません。

お好きな方を選べばOKです!

4.具体的な方法:マインドマップを使って記事構成を練る

ようやく本題。
マインドマップを使って記事構成を練るにはどうするか、具体的な方法を書いていきます。

とりあえず、完成品を見せておきます。

マインドマップの記事構成
まんま、この記事の構成です。
ボリュームも増やしやすく、あっという間に文字数が数千に達することもできる優れもの。

 記事を書いている間にも考え直しているので、マインドマップの見出し文章と実際の記事の見出し文章が完全に一致していませんが、書きたい内容は同じです。

どのようにマインドマップを作っていくか解説

作り方は簡単で、一番左にタイトル、右にh2、それより右にh3(もしくは説明)、それ以下に補足説明になるような感じで配置していきます。

マインドマップの詳細

拡大したもの。
私はh2見出しとh3見出しが分かって、何を書きたいかが後で見てわかるくらいに書ければよしとしています。

厳密なやり方はない―あなたのやり方でOK

使い方は人それぞれで、例えばこんな使い方をする人もいます。

  • 見出しの下に、思いつく限り要素を入れまくる→あとで削除・添削して濃い記事になるようにする。</;li>
  • 直接ブログの文章も書いてしまう。マインドマップですべてを完結させる。
  • 大きなテーマを決め、関連キーワードを取得→関連キーワードごとに大まかな記事内容をマインドマップで決めていく。

使い方は色々で、人それぞれなのが分かると思います。
この記事も参考にしつつ、自分なりのやり方で書いていきましょう!

5.マインドマップを使うコツ

マインドマップを使うには、もちろん慣れもですが、コツも必要になります。

そこでコツを二つ、紹介します。

思い付くまま書き進めていく

ブログと違って、マインドマップは思い付くまま書き進めていってOKです。

悩んでなかなか進まないよりも、膨大なボリュームの内容を考えて後から削除していった方が濃い記事が書けます。

後から書き直す・削除するのも簡単なので、あまり深く考えなくても大丈夫。

最後にきちんとマインドマップを見直す

完成したマインドマップはあとからきちんと見直すようにしましょう。

ドラッグで要素の並び替えも簡単にできます。
私はよく「ここの順番は変えたほうが分かりやすいのでは・・・?」と考えつつ、順番を変えることも。

また、タイトルは最後につけることをオススメします。
書きたいことを絞り切った後の方がタイトルは書きやすく、さらに一番避けなければならないタイトルと記事内容の乖離を防ぐためにも絶対に見直しはしましょう。

6.まとめ

マインドマップを使って書くと、驚くべきスピードで筆が進むものです。

この記事もマインドマップを使って書いてみました!

濃い記事が素早く、さらに分かりやすく書けるようになる魔法のツール・・・は言い過ぎかもしれませんが、アプリインストールで済むことなので、まずは試しにやってみましょう!

マインドマップについてもっと学びたい方はこの本をチェック!