【随時更新中】おすすめプログラミングスクール7選

DMM WEBCAMPで転職失敗する原因はこれ【数字に騙されないこと】

DMM WEBCAMPで転職失敗する原因はこれ【数字に騙されないこと】

DMM WEBCAMPで転職に失敗することはある?
転職で失敗してしまった場合はどうしたらいいのかな?

こんな疑問に答えます。

本記事の信頼性

この記事を書いている私は、Web系のエンジニアとしてフルリモートで働いている会社員です。
DMM WEBCAMPの卒業生にインタビューした内容を元に記事を書いていきます。

DMM WEBCAMPは転職成功率98%で、卒業生のその後の離職率は1%という低さからも転職者に人気のスクール。

でも、その数値には裏があるんじゃないの?と思ってしまう人もいるはず。

本記事では、DMM WEBCAMPを受講しても失敗してしまう人の理由と失敗した場合の対策についても解説します。

DMM WEBCAMPで転職に失敗する原因

DMM WEBCAMPで転職に失敗する主な要因は以下の2つ。

  • 思ったより学習が厳しかった
  • 希望した企業に入れなかった

それぞれ解説していきます!

DMM WEBCAMPで転職に失敗する原因1:思ったより学習が厳しかった

プログラミングスクールはどこも基本的に自学自習スタイルが多いです。

DMM WEBCAMPでも、自学自習のスタイル。

じゃぁスクールは何をするの?というと、質問対応や進捗確認、モチベーションアップのための手助けが主になります。

『スクールに入れば手取り足取り教えてくれるから大丈夫!』と勘違いしている人はもれなく挫折します。

例えるなら、『料理のレシピと材料は渡すから、実際に作ってみて。途中で分からなければ聞いて』という感じ。
決して『隣で先生も作るから、一緒に作ってみよう』というような形式ではないので注意です。

転職を目的としたスクールならば、どこのスクールを選ぼうがカリキュラムは難しいです。

それを頭に置いたうえで受講を決定しましょう。

数字に騙されないこと

『難しいから途中であきらめた』という人は転職成功率98%の内訳にカウントされていません。

そのため、実際に難易度などが原因で挫折した人を含めると転職成功率は60%~80%くらいに下がるんじゃないかなと思います。

最後までカリキュラムをやり遂げた人でないと転職成功率98%の数字の中にそもそもカウントされていないので注意が必要です。

まずは独学で基礎中の基礎だけ学習するのがオススメ

DMM WEBCAMPでの学習内容が難しいのは確実なので、まずは独学で学習できる部分だけ学習すべきです。

多少お金はかかってしまいますが、1,000円程度。

それで挫折が防げるのであれば、出すしかないでしょう!

まずは以下の記事を参考に、基礎中の基礎くらいはザッと学習してから受講を決定するのがオススメです。

関連記事
【使い倒せ】無料で練習できるプログラミング学習サイトでかなり学べる件 【使い倒せ】無料で練習できるプログラミング学習サイトでかなり学べる件 無料か月1,000円くらいでプログラミングを学べるサイトってない?実は結構あって、無料・格安のプログラミング学習サイトについてまとめました。格安でも、基礎学習にはもってこいなのでまずはここからスタートするのがいいですね。

maipyon

もしこの時点でなんか違うなと思ったらそもそもエンジニアへの道をあきらめた方がいいですね。
それを知るためにも基礎学習はやっておくべきかと思います!

DMM WEBCAMPで転職に失敗する原因2:希望した企業に入れなかった

エンジニア業界には、

  • 自社開発
  • 受託開発
  • SES

という業務形態があります。

3種類の違いについて
  • 自社開発:自社ですでにサービスを持っている会社。いわゆる花形。
    クラウドワークスなんかが分かりやすい例ですが、就職難易度は高いです。
  • 受託開発:他の企業や個人から「こういうものを開発してほしい!」と依頼されて開発する会社。
  • SES:自社のエンジニアの労働力を提供する会社。
    ブラック企業が多いとよく聞く形態でもありますが、内情は色々です。

自社開発企業が一番人気なのですが、DMM WEBCAMPの受講生の中でも上位に入らなければ厳しいです。

以下は2021年のDMM WEBCAMPの転職先の内訳ですが、上位30%に入る必要がありそうという事が分かります。

DMM WEB CAMPの進路割合

希望した企業に入れないから途中でやめてしまうという人も多いです。

また、『ここに転職したら年収が下がってしまうから、今の仕事を続けた方がいいな・・・』となって辞めたパターンも当然あります。

この場合、自分で辞退した(転職の意思がなくなった)ということになるので、転職成功率の内訳にはカウントされません。

つまり、転職成功率98%の残りの2%については最後までカリキュラムをやり通し、一定期間転職活動をしたが1社も内定をもらえなかった人のみが該当します。

DMM WEBCAMPで紹介される企業はどこもホワイト企業ばかりとはいえ、実際の転職成功率は低いという事が分かったのではないかと思います。

DMM WEBCAMPでは転職に失敗した場合のリスクは低め。飛び込んだ方がいい!

DMM WEBCAMPでは転職に失敗した場合のリスクは低め。飛び込んだ方がいい!

ここまで記事を読んできて、『それならDMM WEBCAMPは辞めた方がいいんじゃないか?』と思ってしまう人もいると思います。

しかし、競合他社と比べてもDMM WEBCAMPで転職に失敗した場合のリスクは低めと言えます。

>>テックキャンプとの比較記事はコチラ

実際に挫折率も低いですし、転職後の離職率が1%でさらに値段も安めと、転職した後のリスクも低いことが数値で出ています。

転職を考えている方がスクールを選ぶのであれば、一番リスクが低いのはDMM WEBCAMPなのではないかなと思います。

詳細なスクールレビューはこちら

DMM WEB CAMP(ウェブキャンプ)の評判・口コミは?【長期目線で考えると最高】 DMM WEB CAMP(ウェブキャンプ)の評判・口コミは?【長期目線で考えると最高】 DMM WEB CAMPの口コミ・評判を受講生からインタビューしつつ現役エンジニアが書いていきます。離職率の低さが素晴らしく、転職するならホワイト企業がいい!という人はDMM WEB CAMP COMMITで決まり!

DMM WEBCAMPでは全額返金保証もある

DMM WEBCAMP COMMITの短期集中コースのみですが、全額返金保証があります。

転職する気で進めていたが、結局内定を1社からももらえなかった場合、全額返金となります。

返金条件

  • DMM WEBCAMP COMMIT 短期集中コースを受講
  • 30歳未満の方(30歳以上は要相談)
  • スクールのカリキュラムを完了して転職活動をしたのに内定が出ない

個人的には全額返金保証は『もしものための安心材料』ではありますが、そこにかまけると厳しいかなと思います。

エンジニアになりたいという気持ちは転職活動の際にも出てくるので、返金保証なんかに頼らない!という気持ちで挑むべきでしょう。

DMM WEBCAMPで転職に失敗した場合は自分で転職活動を続けるのがオススメ

カリキュラムを最後まで終えた人限定ですが、期待する企業に内定をもらえなかったり、諦めきれなかったりする人は自分で転職活動を続けるのがオススメ。

学習したスキルは残り続けるので、対策をすればエンジニアになれます。

  • 作成したポートフォリオをより改良する
  • 転職エージェントを頼る

上記2つが主な対策になりますが、自分で転職活動を進めるだけのスキルは得られます。

まとめ:転職を考えるならDMM WEBCAMPはリスクが低い

繰り返しになりますが、転職保障や転職後の離職率の低さ、紹介される企業の質からも転職を考えている人にとってDMM WEBCAMPはリスクが低いと言えます。

それでもまだ迷っている方は多いと思います。

学習内容が難しくて挫折しそうだな・・・と思っている人は、最初の20日間は全額返金保証があります。

maipyon

こちらに厳しい条件はなく、『最初の20日間はお試し期間』という感覚でも問題ありません!

エンジニアに転職して在宅ワークなど自由な働き方を手に入れたい!という人は飛び込むべきですね。

無料カウンセリングで詳細を聞くところから始まって、最初の20日間なら辞めることもできますから、軽い気持ちで飛び込んじゃっていいんじゃないかなと思います。

むしろ悩みまくって動けないのがかなり勿体ないです。

どんな働き方が可能か?といったことや、スクールについてもっと知りたい!という人は、無料カウンセリングを利用して質問してみましょう!

理想のキャリアを進むための第一歩

※カウンセリングは完全無料です
※強い勧誘もありません

DMM WEB CAMP(ウェブキャンプ)の評判・口コミは?【長期目線で考えると最高】 DMM WEB CAMP(ウェブキャンプ)の評判・口コミは?【長期目線で考えると最高】 DMM WEB CAMPの口コミ・評判を受講生からインタビューしつつ現役エンジニアが書いていきます。離職率の低さが素晴らしく、転職するならホワイト企業がいい!という人はDMM WEB CAMP COMMITで決まり!