>>【随時更新】これで選べる!プログラミングスクールランキングをチェックする

未経験エンジニアが増えすぎ!今から目指して競合に勝てる?

本サイトのコンテンツには、プロモーションが含まれている場合があります。

未経験エンジニアが増えすぎ!今から目指して競合に勝てる?

未経験でエンジニア転職を目指す人が増えすぎているらしい。自分は転職できるかな?

未経験の転職者・副業ワーカーが増えても将来性は問題ない?

こういった部分が気になっている人は多いと思います。

今からエンジニアを目指して、果たして競合に打ち勝って目標達成できるのか?という事ですね。

結論ですが、IT業界はまだまだ人手不足なので問題ありません。

しかし、転職・副業するにあたって求められる技術力は年々増加しているように感じます。

本記事では、未経験エンジニアのキャリアに関することについて解説していきます。

maipyon
maipyon

筆者は現役のエンジニアです。
受託開発の会社にて勤務中で、プログラミング歴は5年です。

未経験エンジニアは増えすぎ?

まず、未経験からITエンジニアになっている人の数は間違いなく増えています。

正直「プログラミングは稼げる」ので、それを大体的に広めたインフルエンサーの影響も大きいと感じます。

IT転職希望者のみを募っているプログラミングスクールは以下のように多く、それに従って当然エンジニアになる人も増えていることが分かります。

転職を目指す人向けのスクール一覧

テックアカデミー、テックキャンプ、CodeCamp、TechBoost、ポテパンキャンプRUNTEQ、DMM WEBCAMP、侍エンジニア、Raise Tech…

受講者数の多いテックアカデミーは30,000名を超える方が受講しています。

以前はプログラミング=そもそもPCやネットに詳しい人がするものだったのですが、最近では本当に誰でもできるような環境が整ってきました。

関連プログラミングスクールの10社比較ランキング【転職、副業、就職の3つの目的別】

未経験でのエンジニア転職は難しくなっているのか?

未経験でのエンジニア転職は難しくなっているのか?

未経験でのエンジニア転職は難しくなっているのかについて、様々なデータを元に考えてみます。

  • ITは求人倍率が高い
  • 経験が多少不足していてもポテンシャル採用の動きも強い
  • 異業種からの転職も多くなってきている

上記のようなデータがあったので、1つずつポイントを見ていきます。

ITは求人倍率が高い

IT系の求人倍率は依然として高いため、エンジニア転職は難しくなってきてはいません。

2022年6月時点で、dodaのデータではITが5.43倍となっており、1人当たり5つ以上の求人が来ている状態になっています。(参考)

経験が多少不足していてもポテンシャル採用する動きも強くなっている

30歳以下の登録者数は全体の59%と、若年層の登録が半数以上を占めている。若年層においては、経験が多少不足していてもポテンシャルを重視した採用を行う事例も多く見られ、引き合いは非常に強い。

ITエンジニア中途採用マーケットレポート(2022年6月発行)

上記は業務系SE/PGについての記載ですが、最近はSESだけでなく大手SIerも未経験採用やポテンシャル採用を積極的に行っています。

結局スキルが一番伸びるのは現場なので、多少スキルがなくても1から育てていく・・・という姿勢も強くなっているみたいです。

異業種からの未経験IT転職も多くなってきている

アウトソーシングテクノロジーはIT未経験者にウェブ開発やネットワーク構築の手法などを教育して顧客企業へ送り出している。スーパーの従業員や幼稚園の教諭などの異業種から転職を目指す人が増え、4月から3000人規模で未経験者を採用している。

運転手からエンジニアに、DXで人材移動

トラック運転手や小売店の販売員など異業種からIT企業へ転職する人も多くなってきています。

中でも多いのがSES(派遣の業務形態)への転職になっていまして、もし受託開発や自社開発企業に進みたいのであればプログラミングスクールなどを活用しスキルレベルを高める必要が出てきそうです。

>>プログラミングスクールランキングをチェックする

IT系企業の平均年収は高いため、「食いっぱぐれないスキルを身につけたい」「高い給料で働きたい」「在宅ワークをしたい」など、働き方の面でも人気が出ています。

IT業界の年収はチームリーダーで726.1万円、中堅レベルは576万円、新人レベルでも437.8万円となっています。日本国内全体の平均年収は408万円ですので、IT業界は他の業界と比較すると年収は高めだと言えるでしょう。

IT業界って年収はどれくらい?職種ごとの年収と年収アップの方法

競合はプログラミングスクール卒業生と考える

転職において競合はプログラミングスクールの卒業生になってきます。

プログラミングスクールを受講したとしても、同じスクールからの卒業生が競合になってきます。

スクール卒業生のレベルも年々高くなってきているので、それを踏まえた行動をしていくのがオススメです。

スクールを利用してIT転職を目指す人は間違いなく半年近くみっちり学習しているわけで、そこを上回る付加価値がつけられなければ転職は難しいでしょう。

maipyon
maipyon

これを独学となると相当厳しいので、当サイトでは転職希望者はプログラミングスクールの活用を強くオススメしています。

プログラミングスクールの10社比較ランキング【転職、副業、就職の3つの目的別】 プログラミングスクールの10社比較ランキング【転職、副業、就職の3つの目的別】 プログラミングスクールを目的別にランキングを作成・比較しました。転職向け(社会人向け)、就職向け(大学生向け)、副業向けプログラミングスクールに分けてコスパの良いスクールを比較しています。

エンジニア不要論や人口が増えすぎたなどは気にしなくて良い

エンジニア不要論や人口が増えすぎたなどは気にしなくて良い

よくエンジニア転職に関しては以下のように厳しい意見を見かけます。

  • 35歳定年説
  • 技術力の低い未経験エンジニアが増えすぎた
  • エンジニアを目指す人が増えたので今更遅い

上記の話はいずれも働いている最中に感じたことは全くありません。

社内でも話題にも上がらないですし、40歳でもバリバリ開発している人は多くいます。

技術力の低い未経験エンジニアが増えすぎたという話も良く聞きますが、そもそも技術力は現場で育つものだと思っていて、これを改善するためには転職者ではなく、ある程度会社側が改善すべきかなと。

もちろん一定の技術力は身につける必要がありますが、そこまで深く気にしなくても良いでしょう。

エンジニアを目指す人が増えたのも確かですが、データにあるようにまだまだ人材不足が続きます。

IT人材に関する調査
引用:IT人材供給に関する調査

2022年でのIT人材不足人数:約32万人

2030年でのIT人材不足人数:約45万人

数か月の学習で対応できるような案件については競合が増えているものの、それ以上の難易度の案件については案件の数が減ったとか、単価が減ったということはありません。

そのためこれらの情報はエンジニア転職を目指す上であまり気にすることはないのではないかと思います。

未経験からのエンジニアを目指す際に知らないとやばい3つのこと

未経験からのエンジニアを目指す際に知らないとやばい3つのこと

順当に学習を進めて無事にエンジニアになれたとしても、いくつか気を付けるべき罠があります。

未経験エンジニアが知らないとやばいこと
  1. 未経験歓迎の企業には要注意
  2. 理想とは違う仕事になる可能性もある
  3. 働き方は転職前に要確認

主に転職したい人向けですが、それぞれ解説していきます。

未経験歓迎の企業には要注意

「未経験歓迎」「文系歓迎」などのうたい文句には注意しましょう。

もちろん、採用後に研修などで一人前のエンジニアに育て上げる企業もあります。

しかし、実態は「希望していた仕事とは違う仕事しかさせてもらえない」「エンジニアとはとても言い張れない仕事内容」などの企業もあります。

maipyon
maipyon

それを防ぐには、やはり実力をつけて多少経験がないと入れない企業へ入社する努力をすることです!

理想とは違う仕事になる可能性もある

エンジニアとして採用なのに、事務作業しかしていない・・・という事例もあるにはあります。

本当にコードを書くような仕事ができるのか?について、企業の実態を深く調べておいた方がいいでしょう。

個人的には、プログラミングスクールにて優秀なキャリアカウンセリングを受けて理想の企業を目指すのが失敗が少ないのではと考えています。

例えば、DMM WEBCAMPなんかはキャリアカウンセラーが優秀なので、未経験からのIT転職者が大半であるにも関わらず、転職後の離職率もかなり低くなっています。

>>転職におすすめのスクールランキングはこちら

働き方は転職前に要確認

エンジニアの仕事は期限があるものが多く、そのせいで残業が多くなることもあります。

特に、未経験エンジニアは他人のコードを見て解析するだけでも時間がかかるので、より時間がかかってしまう可能性が高いです。

最近は改善傾向にありますが、面接時に残業の有無をしっかり聞いておいた方がいいでしょう。

これらの罠は事前確認や安心して任せられるスクールを選ぶなどで回避することが出来ますので、注意しつつ行動しましょう!

未経験からのエンジニアは増えているが問題ない!

未経験からのエンジニアはドンドン増えてきていますが、それでも「全然転職できない」ということはありません。

もちろん正しい方法で学習して市場価値の高い人材を目指す必要は出てきますが、それさえ出来れば問題なく転職は可能です。

今では様々なプログラミングスクールがありますが、転職成功率はどこも95%を上回っていることからも「学習すれば転職可能」ということは分かると思います。

maipyon
maipyon

もちろん最後までカリキュラムをこなせた人が母数だから高い数字にはなっているけれど、プログラミングスクールからの転職を達成している人がいかに多いか分かります。

将来性も高いので、本記事を読んでエンジニアに興味を持ってもらえると嬉しいです。

関連記事 IT未経験の転職で失敗した事例。失敗を避ける転職方法を徹底解説 IT未経験の転職で失敗した事例。失敗を避ける転職方法を徹底解説 IT未経験の転職で失敗した声を集めました。失敗理由はどれも共通していて、その内容を踏まえて未経験からでもIT企業に転職する一番オススメな方法を現役エンジニアが紹介します。転職失敗する可能性はグンと減ります。

関連記事 プログラミングスクールの10社比較ランキング【転職、副業、就職の3つの目的別】 プログラミングスクールの10社比較ランキング【転職、副業、就職の3つの目的別】 プログラミングスクールを目的別にランキングを作成・比較しました。転職向け(社会人向け)、就職向け(大学生向け)、副業向けプログラミングスクールに分けてコスパの良いスクールを比較しています。